2020年07月06日

7月第2週 シャイニングウィ週報

そうだ、買ったばっかの道具について書こうと思ったけど先週何書いたっけな?と思って調べたら先週買ったんかい!じゃ今週俺は何をやってたんだ?あれ?という軽いショックはともかく

何を買ったかというとこれ。


20761.jpg


超ラッキーなことにまったく知らなかったこの道具の存在を教えてもらっただけでなく、その場で試させてもらって使い心地や汎用性を聞いてこれはイケると思って買ったんですが俺の使う道具の中ではベラボーに高価。たかがハサミで1万3千円はちょっとと一瞬たじろいだものの使わせてもらった感覚では全然安い。気がする。

で、なんだかんだで落ち着いて実戦投入してみたら、いやもう素晴らしい。
この道具の説明は(気になる方は各自調べていただくとして)特にしませんけど問題は

切れ味。

その肝心の切れ味が素晴らしい。

いい切れ味の道具でスパっと、パツっと、サクっと、プツンと切った時の


テレ


20762.jpg


この感覚はなんなのか?

これの切れ味を説明する際に、あのテレ臭い感じがするレベルすか?って言ったけど共感はまったく得られなかった。おかしいな。テレねーのかよ。


だがウチで腰を落ち着けた状況で切ってみてやはり来た。


パツっ


20763.jpg


切断面や作用点の具合なんかを確認しながらまた切ってみる。

パツっ


20764.jpg


いやー、もうなんかテレる。

なんなんだコレ。

テヘとかウヘとか細かいニュアンスはともかく、切れ味がいいと気恥ずかしい感じが凄くする。なんだって気恥ずかしくなるのか?テレちゃうのか?共感されないってことは俺だけの異常反応なのか?


なので、冷静にこの感覚がなんなのか考えてみた。


そもそも刃物は予想通りの切れ味が普通。そこに感動はない。経験から予想される通常の切れ味は、そうあって然るべき状態であって感情が動かされる要素はない。

しかし切れ味が極端にいいと、驚きをもって迎えられる。これは「極端」に良くないといけない。アタマ3つは抜けてる必要がある。3つも抜けてればいくらなんでも驚かされるもん。


そんな経験からの予測を軽々と凌駕したその技術にまず感嘆する。道具としての素材の良さ、工夫。メーカー側のたゆまぬ努力の結果がまさしく手を通して伝わってくる。そのどれもがこちらの予想を超えた時、感心と感動が生まれてるのは間違いない。

でもそこに何の照れる要素がある?

本来、照れとは過分の賞賛や評価に対しての反応だと思う。


20765.jpg


もはやパブリックドメインと化したてれすけが照れてるのは低い自己評価に対して、偏見なく接してくれる可愛い白雪の優しさに過分な評価を感じて照れてるんだと思う。

過分と思ってなければ照れない。俺は造形で褒められる時全ッッ然、照れない。
金払って買ってもらうんだ、感心してもらってタリメーよ、としか思わないから、もし照れるとすれば明らかに自己評価と他者の評価にギャップがある時。予想以上に過分な評価を受け取ってしまった時、いやいやそんなでもねえよコノヤロウ、と照れるんじゃないだろうか。

とすれば、自分が買った普通の道具が予想に反して出来が良い時、支払った対価を超えて過剰なサービスとも言えるほどの能力が発揮され、それを受け取った時に発生したギャップに対しての反応が、照れなのではないか?

「あなたの買ったニッパーですが、ことのほか切れ味鋭く、楽しく精密模型ライフを楽しんでおられますモデラー様達だけでなく仕事に余裕なく毎日キリキリしてる原型師様にもお気に召していただけるよう調整、腐心して参りました。いくらかお仕事の支えになれば幸いに存じます。どうぞお納めくださいまし」的なすげーいい仕事してんのにへりくだってるとさえ思える価格に対して過分の効果、予想以上の結果が発揮された場合に起こるギャップ。 え?いいの?みたいな衝撃。に照れてる臭くないか?

これが価格相応の、こんだけ払ってんだから切れ味悪くちゃ話にならねえな、という状況であれば良く切れたところで、当然だバカヤロウと思うだけである。築地の寿司はまさにこれだった。舌曲がってんじゃねえのかと思う。可哀想だから言わないけど。


で、今回1万3千円もかけたカッターでプラバン切っても一人でテレまくったわけですが、本来であれば1万3千円もしてちゃんと切れなかったら承知しねえぞという意識がないはずが、ない。にもかかわらず、切れてテレるということは、予想を超える過分の結果を得ていることに他ならないと判断できる。

スジ彫りカッターで引いて切断面を整えたり、ゴミが出たりとかが一切ナシでパッツンと切れるこの衝撃。いやもう値段相応の、もしくは値段を超える結果が出ていると言えましょう。

俺のテレセンサーはなかなか庶民感覚を持ってて優秀だな、と思いましたという話。
posted by サンダーロードスタイル at 00:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

6月最終週 ハバラ週報

今日は7時に起きて10時から秋葉原めぐり。帰宅が20時。
普段は10時くらいに寝るのに無駄に早寝して早起きしなきゃいけない。今までだとグルリ起きたまま出かけて徹夜コースですが、そんな無理したら俺はもう死ぬのです。弱って。

だから週報はやめて早寝したわけですが本当はカピラリアの謎について書きたい。でも予測を立てると面白味がなくなっちゃうので、とにかくフリー、フルオープンな状態で神々との戦いを楽しみにしたいのでそれは書きません。現在製作中の超人の考察だけで手一杯でもありますしな。

というわけで、久々に秋葉原を歩き抜いてきたわけですが、仕事と無関係な自分ものもちょっと買いました。


206271.JPG


古エビ


206272.JPG


新エビ


206273.JPG


ベルエックスエビ

外国製かと思ったら思いっきりタミヤだった。

そして





206274.JPG


白黒スズメが仲間入り。

まだ新入りなのでカエルは乗せません。

ちなみに今回は試しに画像サイズをスマホ仕様サムネイルにしてみました。



で、話は全然変わりますが
やっぱり資料以外の本も読まねばいかん、と寺田寅彦の随筆を1日1トラヒコとして読み直してるんですがさすが、唸る文章ばっかし出てくる。100年近く前の文章なのになんの遜色もない。
先日アイアンマン一作目のCGを見て10年前のその出来に驚いたが、そんな感じ。時代性関係なく出来がいい。


その中でも造形的に気になった一文はというと

大正11年の「案内者」


「いわゆる案内記の無味乾燥なのに反して、すぐれた文学者の自由な紀行文やあるいは鋭い科学者のまとまらない観察記は、それがいかに狭い範囲の題材に限られていても、その中に躍動している生きた体験から流露するあるものは、直接に読者の胸にしみ込む。そしてたとえそれが間違っている場合でさえも、書いた人の真を求める魂だけは力強く読者に訴え、読者自身の胸裏にある同じようなものに火をつける。
そうして誌された内容とは無関係にそこに取り扱われている土地その物に対する興味と愛着を呼び起こす。」


ちょっと読みやすく句読点を加えましたが、そういうこと。

つまり通り一変の間違ってない事柄に終始するだけでは、個人の視点を備えた着眼と発想には遠く及ばないということ。
人の心に残るには、その人のフィルターあってこそのアウトプットにこそ効果がある、ということ。

続いて面白いのが昭和7年の「生ける人形」

文楽における人形の扱いに対して見事な女性の表現っぷりにこう分析

「もともと男は決して女にはなれない。それだから女形の男優は、女というものの特徴を若干だけ抽象し、そうしてそれだけを強調して表現する。無生の人形はさらにいっそう人間の女になれるはずがない。それだからさらにいっそうこれらの特徴を強調する。その不自然な強調によって「個々の女」は消失する代わりに「抽象された女それ自体」が出現するであろう。」

ここに至るまで、このテの分析が続くんですが、女性感を表現し得た理由をそう分析したわけです。

どっちにも共通するのは、送り手、作り手側のフィルターの必要性。
簡単に言うけど、これが創作における魅力のすべてだと言っていいと俺は思いますがその必要性を感じる人は少ないんじゃないでしょうか。

お前は一体何者だ?と問われたなら、俺とはこういう人間だ!と出せるのがオリジナル造形だと思います。

平気で借りパク物で終始する人もいれば、まったく理解できないくらい個性的な人もいる。流れを汲んで巧みに発展させる人もいれば、どの時代に生きてんだってくらい昔気質を守る人もいる。

どれでもいいんです。
借りパクはまあ視界に入らないから別として、そのフィルターの有無こそが魅力だと思う。この人が扱ったらこうなる!という魅力に変換できる能力がある人は生き残れると思う。生き残りには別の才能も必要だけど、まず最初のフルイにおいては確実に生き残れる。

ただ、ソツないだけの人は、代わりが効く。
個性のフィルター、個性の目を持たない人は結局残れない。

という俺の意見が正しいとは限らないわけです。
たまたま昔の文章の中に、自分の考えと同じものを発見し、もしくは過去に読んでそれに影響されて育った結果もとに戻っただけかもしれない。でも、しばらく人の作品を見るようになってもまだそう思うし、それをなんとかしなくちゃと思った結果俺はまだかろうじて生き残れてるわけで、あながち間違った感覚とも思えない。独自の視点、必要だと思うんですね。

世の中、どんどんソツない方向に、向いてます。キチガイが多すぎる。人生が貧乏なのはしょうがないけど、性根が乞食以下、というのが実に多い。それが創作にも出る。

だから俺は全然攻めるぜ!媚びるわけねーだろ!と思いながら今日、頑張って買い出ししてきたわけです。

これでもう半年は秋葉原に行かないぜ。
バカヤロウ突っ走ってやるぜと思いつつ風呂入ったらクッタクタなので今日は寝るか。ジジイだし。お布団の気持ちよさは創作の喜びに全然勝る。
毎回思うけど、死ぬときは孤独な戦いの荒野で風呂上りでタオル地にくるまれて死にたい。
posted by サンダーロードスタイル at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

6月第4週 モクチョー週報

206221.jpg


基本的にもう創作や彫刻に関する話ってのはあんまりしなくなりました。
以前は情報交換にそこそこ重要性を感じてましたが、今はそれよりもウェイトかけた方がいいんじゃねーの?ってことがあまりに多すぎて、造形は出来て当たり前、壁は乗り越えて当たり前、ヒット打てて当たり前になってしまい個人的にそっち方面の刺激を求めることが激減してるわけです。しかしかといって興味がないかっつーとそういうわけでは全然なく、メイキング本や技術に関する本なんかもちゃんと読んではいます。


最近読んでるのはこれ。


206222.jpg


高村光雲の詳細な覚書なんですが、これがべらぼうに面白い。
幕末から明治にかけて、江戸っ子としての生き様から仏師として修業して木彫で名を成すまでの様子が実にいきいきと書かれている。
「日本の面影」「武士の娘」「光雲懐古談」が俺の中で三大いきいき幕末明治生活描写作、ですかね。

で、俺もヤキが回ったもんでスマホというかキンドルで読んでるんですが


206223.jpg

このデリカシーのないフォント使い。おぞましい。
しかし99円。申し訳ないんで後でちゃんと本買います。

キンドルで読む場合、全然誰も言わなかった書籍をはるかに上回る利点を発見。

それは


206224.jpg

薄暗いバス停でも読める!だってオラは発光してるから!

これは紙にはない利点でマジで感心しました。夜遅く減便中のバス待ちでの威力は凄かった。文庫だったら読めてない暗さだった。ただページ戻るのは不便。直線以外は話にならんす。


この本の中で非常に面白かったのが「狆」を作る話。

そもそも仏師としてのっぺりした造形ばっかだった光雲は西洋の髪の表現とかに感心しそれを自らのものにしたいと思ってたそうで、


206225.jpg



そこで注文が来たのが狆(チン)。

犬種です。犬チン。チンイヌ。

当時は写真もそんなにないわけですから、そうそう簡単に見本が手に入るわけではない。


206226.jpg


ので本物探してモデルにしようと四苦八苦。

ようやくどうにかよさそうなのを見つけ、飼い主を説得し、すったもんだの末に借りてきた。そしてモデルにして観察ののちモックアップを作ったはいいが、知人に見せたら「もっと早くチン作ってるって言ってくれたらよかったのに、もっとスゲーのがいたんだ」と。

いやいや狆にスゲーもスゴクネーもあるのかよと思いつつ、案内されてそのスゴチンに会ってみたら全然違う生き物に見えるほど。もう怪物かっつーくらい立派な老犬の名チンだったそうで。それを借りて何がいいのか理解しようと二・三日見てたが(ここの観察描写が非常に面白く的確。必読)どう見ても今まで自分がいいと思ってた前の狆をはるかに上回り、歩くと足の毛がバサバサ鳴るこの狆こそがモデルにすべきマジチンだということがわかってきた、と。


206227.jpg


で、とりあえず前チンでこしらえたモックアップは飼い主にあげて、改めて老チンで製作開始した、と。

やがてようやく4チン作って納品し評判は上々。なんか賞までもらえるくらいに盛り上がったところで別の知人に感想を聞いたら「このモデル、老チンでしょ?もっと若くて凄い良いチンがいるんですがそれをモデルに彫ったらもっと凄いの出来たんじゃないすかね」なんて言われてしまう。

206228.jpg


光雲がっくんちょ。

なのに賞がもらえる話は進行中。その話を聞いて、いやいや今回自分は「狆」やりきってないから金賞は辞退します。自分はまだやれる。まだ狆で上を目指せるんです。だからせめて銀にしといて、と頼んだものの結果、容赦なく金。

確かに当時の自分は頑張ったとは思うが、「考え」は足らなかった。誰にでも到達できる程度の仕事にすぎなかった。
今見れば銅賞以下のシロモノである、とモチーフへの勉強の足らなさを痛感、反省するという話。



ここには見知らぬ観賞用の犬である狆をどう判断したものか、まず未知の素材へのアプローチからそれをどうとらえるかを克明に本人の葛藤含め詳細に書かれてるわけですが、これが非常に面白い。着眼点や観察の方法、作業への応用の判断など、色褪せることなどまったくない間違いなく「作ってる人」の現場の話が鮮烈に浮かび上がってくる。

そんなこんなで作った4チンのうちのひとつがこれだそうです。


206229.jpg




ちなみにこれがマジ若チン。

2062210.jpg


モチーフをどう捉えるかは今もって非常に考えさせられる問題です。


昔は老猿を実際に見た時、これはどうなんだろう?とちょっと疑問でした。解像度、ポイントの置き方、ちょっと判断しがたい要素が多くて素直にスゲーとはならなかった。
なんでこれをこのサイズでこのテンションで彫ったのか、感心より先に疑問の方が浮かんだくらいで。


2062211.jpg


しかしこの本を読むと、如何にここまで挑戦してたのか技術と思考の変遷がよくわかります。今、改めて老猿じっくりよく見たい。


人品卑しからず。
ではないですが、表面小手先の技術だけではなく人柄を知ってなお、その作品を見たくなるような作り手って尊敬しちゃうわけです。
特に途中で出てくる腕利きの牙彫り師(象牙彫刻、ゲボリ)石川光明との交流も面白く、そこでも技術以上に二人の人柄が魅力的。
隠すことなく、恐れることなく、屈託なく尊敬しあい技術の向上を促しあえる。素晴らしい関係。


2062212.JPG


この先、同じ稼業の原型師同士で話したりした時、おそらくやれ3Dプリンタの新型がどうだポリゴンの数だ消耗品のお得だなんだという話がメインになる。なるでしょう。
創作。創造における「情報」の意味合いが大きく変わってきている現代、このテの技術話は必要というか重要。とはいえ繰り返されるであろう味気ない技術話を予感するとゾっとするわけです。無論、俺もデジタルやるとなったら聞きまくるでしょうけどそんな技術話と同じくらい、いやそれ以上に「あれを見たが素晴らしかった」「あの音を彫刻で表現するにはこういう方法があると思う」みたいな話をして面白がりたいもんです。
あの部分は入れ込んでやったが足りなかった、とか。次はこうしたいとか。そういう情熱をもっての交流が理想だなーとつくづく。

つーわけで何があろうと創作心を貧しくしねーぞ俺は!というかモチーフと向き合うぞ!と強く思うキンドルの夏であります。
俺なりにモチーフと向き合った結果は割と早く発表される予定であります。

ちなみに全然どうでもいい事ですが、正月に鬼のように整理したDVDのおかげで2015年の日曜美術館の高村光雲回、一発で探し出しぞんぶんに鑑賞できたのであります。

すぐ出せない資料は資料じゃない、だ。

えっへん。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

6月第3週 ブロン子週報

さて、現在テリーマン2.0の早割予約期間で本日15日までですが、15日0時でシメだったのか、15日中23時59分までOKなのか、CCPの事なので15日過ぎたってしばらく締め忘れだったりも十分考えられますけどとりあえず早期予約はあくまでフライング予約みたいなもん。


206151.jpg


確実にお安くが安心と引き換えになってますから、安心を求める方は普通の予約まで待って普通に色見て買っていただくってことで。


206152.jpg

このままどういう形であれ、トイフェスへの動きがあると思うので当然そちら用の新作も動いております。なのでチャンスあればお安く買っといて浮いた分をそちらに流すのが吉だと個人的には思います。

テリー情報を補足しておくと、おそらく最大の疑問であろうことは、なんで「おかえりテリーマン」がないのか?でしょ。

実は真っ先に検討されたのが当然テリー最大の名シーンであるこれ。
でも、ヨタヨタした姿勢じゃないとだめ。だとすると他と一切コンパチが不可能。
ブーツも別、裸足も別が必要。だったらこれ抜きで成立させて、もしテリーが売れたら、徹底的にこのシーンを再現したヒストリアでやるべく
最後の可能性として残し、今回のラインナップから外すことに。中途半端にやりたくないシーンですからね。背景だって作りたいくらい。

バッファ腕はもちろん、腕消失も含めいろいろ検討はしましたが製品の中に落とし込める現実的な限界が、今回発表出来たすべてで・・・



いや



いまさらこれ以上混乱を広げてもしょうがないのでダイナマイトは知りませんが

実はこんなのも作ってました。




この幻の




206154.JPG



マスクは



206153.JPG




そう!


206155.JPG


って、CCPのオペレーションが煩雑になるのとマニアックすぎるのでボツ。

知らない人は知らなくて全然大丈夫。


そもそも毎度の事ながらですが、俺は前のテリーがまったく理解不能。
何がフリッカーだ、バカじゃねーの?くらいにしか思ってないんで今回はナックルパートポーズをちゃんと盛り込めてそれだけで十分満足です。

あとはもう楽しく選んでいただければ、ですね。それぞれのテリー像があると思います。

俺は提示した。時は来た。それだけだ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

6月第2週 太陽の石週報

結局発表するんだかしないんだかわからないCMCの新作はテリーでしたが、


206801.jpg


基本、仕事なんで最初に俺からCCPに原型の全情報を提出するわけです。


第1弾で商品化した後の展開も見越して、イベント用、カラバリ用、別シリーズ用など数年先の分までいろいろ考えて作ったものを一度に渡すわけですが、ダイナマイトはまったくこれを理解しない。その頭は別の頭だからつけちゃいけないって言ってるのに、おおーこんなのもあるんすか!と叫びグレート顔をドッキングで使っちゃったりして予約取ったりもする。

結果、途中で紛失する原型や、わざわざ作った組合せを間違えて生産したりもしょっちゅう。

文書として残しても平気で間違えるので、今回から画像に文字を入れてもう絶対間違わないようにしてから渡す!と何度も牽制し、スタッフがちゃんと発表するまで情報出すなって言ってたのにキッドだドリーだをペラペラしゃべってしまう。

いや、これはあくまでコアなファンがニヤリとしてくれればいいお遊び程度な要素でキッド単体では絶対に商品化の可能性がないからなんとしてもこの機会にネジ込もう!という仕掛けなのに、そうやって先に情報出したらフルパワーでキッド作ってると勘違いされるつーのにまったく何も考えずにダダ漏らしてサプライズを殺す。なんでかな。自分が発表するのが最初と思いたいんかな?それとも本当に盛り上がってついつい書いちゃったのかな。どっちにしても毎回ガックシ。


そもそもダイナマイトのリクエストはバリエーション不要コンパチいらない、でしたが人気投票で上位に入れないテリーをそう何度も作る機会はないわけです。残念ながら。俺はアシュラの次くらいからテリーやりたいと言ってましたが、却下却下の連続。シブチンを説得して今回製作に持ち込めたのは奇跡と言っていい。

だからコンパチなしでハイそうですか、と飲むわけにはいかない。
本当は下請けの分際で飲まねえもクソもあるか!なんですが、そこはほら俺ですからどこ吹く風でテリーヒストリーに持ち込みました。

というわけで原型見せるまでダイナマイトも全貌を知らず原作特別の2種しか写真を送ってなかったところ、現物をぶつけて強引に納得まで持ち込んだわけです。反応が悪かったら原型引き上げる覚悟で。

他のキャラならこんなことはしませんが、テリーはもっともキン肉マンに寄り添った超人であり、別格扱いされて然るべき。キン肉マンを語る上でテリーは絶対重要。人気ウンヌンじゃない。

毎回言ってますが、人気超人だけチョイかじりで出すのは他のメーカーがやればいい。俺らはチャンスがあるなら、やっぱり原作リスペクトで
定番を作るべきだし、本来なら幼稚なアレンジはたまのお遊びであってきちんと本編リスペクトでやるべきだ、と。

周到な計画、怒涛の作業量、決死の覚悟で打ち合わせに臨んだ俺に開口一番「2週間くらいでチャッチャと作って休んでたんでしょ」とデリカシーのないダイナマイトの一言目に「そう言ったその口がヒン曲がるから覚悟してもらうぜ」とぶつけたテリーヒストリー。

詳細はいましばらくお待ちください。コンパチなしって注文したのにアホ原型師が好き放題で何をしでかしたかはもうすぐ判明すると思います。



さて、話は変わりますがまたしても余ってました、単車。



206802.JPG

ライダーだっつってんだろ。単車ありきなんだよこのバカタレどもが。冗談にしたって余らせすぎだ。
またこの2種しか店頭にないけど、ビッチリ2種だけがコーナーに詰まってる。


つーわけで、組み立ててみましたが改めてジャングラーは狂気ですな。

206803.JPG

手の中とはいえ、デザイン優先の恐怖をありありと体感できます。


206804.JPG


以前、東映の撮影所の中を散歩してた時(不法侵入じゃなくスタジオ撮影中の休憩タイム)ライダーマシンがズラリ並んでてスゲー感動した覚えが。何の撮影の時だったか覚えてないですが今思うと貴重な経験だったなー。旧サイクロンも作らせてもらったし、けっこう贅沢させてもらってます。
posted by サンダーロードスタイル at 01:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

6月第1週 ズイヒチ週報

自分でも痛感しますが人間の認識能力というのは非常に限られている。
無限の翼を備えているはずの思考ですら視覚と同じように限られた波長(可視光線)の範囲内の像しか認識できない感じがある。

タイムラプスのように時間を組み替えて、こちらの知覚可能範囲内に落とし込むと稲妻の広がり方や植物の成長、地表の隆起などああそうなのね、と途端に理解できるようになる。時間調整されれば過去のデータにあたりをつけて参照し分類できるキッカケがつかめる。脳の中で処理できる「知覚可能範囲」におさめることでようやく理解できるっつーわけ。

206103.jpg

これって非常に興味深い。あまりに広大だったり普段の生活や通常の思考からかけ離れた事柄は約分というか、理解可能範囲内に変換しないと知覚すら出来ない。
しかしそれさえ認識できれば変換は不可能ではない。理解のきっかけを掴めないわけではない。けどそれには機械による変換など調整が不可欠。
ゆえにやっぱり通常の知覚範囲の限界というか存在を強く感じるわけです。ああ、俺認識すら出来てねーのか、と。

寺田寅彦は音に敏感で音に関する随筆も多い。
中でも印象深いのは事象、つまり毎月のデータを音に変換して聞き直したら何か異常があった時数値ではわかりづらい変化を敏感に察知できるかもしれないという話。

聴覚は異常を察知するのに有効。なんかよくわかんないけど、異音はすぐ察知できる。耳がいい悪いではなく、認識の範囲外の音がした場合、危険や異常として処理するのが早い。

理由を知る前に直観的処理が行われるのが聴覚。視覚はけっこう騙されてから認識するまで時間があったりすることを考えると、本能と直結してる原始的な器官なんだと思う。

人間がけっこう安全に暮らせるようになったのなんかせいぜいまだ2000年程度であって安心して退化するにはちと早いんでしょう。異物や変化を察知するにはなかなか信頼できるセンサーの一つです。

にしたってその聴覚の感度を知ったうえで、その本能と直結した察知能力を有効活用すべくデータを音に変換してみるのも面白かろう、という発想が生まれることが凄い。
せいぜいが昭和初期の情報量の中で、ですよ。

寺田寅彦は時代に関係なく、賢く思考するということがどういう事なのかを常に教えてくれますな。
俺はバカだからいい言葉が思い浮かびませんが、そうした知覚可能範囲への落とし込みや変換が人間にとって有効なのはよくわかります。

それで言えば文章もそうだと思う。

わかっちゃいる、だいたいわかっちゃいることだったんだけど
的確で心地よい言葉で整理して提示されると「おおー!なるほど」と途端に合点がいく。
これも知覚可能範囲への落とし込みと言えまいか。

とすればいわゆる可視化行為全体もそうだと思う。

特にここしばらく系統樹や図案化の可視化画像がたくさん上がってくる。
ヒマだから整理したくなるのか、不安を感じると対ストレス行為で行うのか、脳にバッファゾーンが大きく保持されて・・・それはヒマってことか。とにかく可視化することで別の理解を促す行為が世間に同時多発する、という状況が面白い。

たぶん猿が進化した時もこうしたテンションがかかる共通の状況で、脳や精神が圧迫されてる状態からなんらかの離脱を図ろうとした行為が引き金になったり。なんてのもあったんじゃないか。

ソシオゲノミクスとはちょっと違うのかもしれないけど、人類を集合体として捉えた場合の社会生物学的な進化、発展のきっかけはこういうテンションなのかもしれない。

戦争に匹敵するウィルス禍の中、状況を「知覚可能な範囲」に落とし込もうとすることで精神的にも行動的にも解放しよう、知覚の整理向上によってバランスをとろうという動きが同時多発的に発生するのは、自然の事なのかも。

混み合った社会で足が何度かコスれ合うことで、孤独相から群体相へのスイッチが入るバッタ同様割と軽めのスイッチが人間には仕込まれてるのかもしれない。戻れぬスイッチかもしれないし、進化へのスイッチかもしれないが俺は割と押しちゃっていいと思います。

一方でクアランティンマッドネスという単語も凄く上がってくる。

隔離されすぎ状態で発狂、という意味。

206101.jpg


最近みかけるそんな感じが知の限界を突破しようという種が生み出す果敢な行為なのか、ヒマすぎて全然バカになっちゃってるのか紙一重だなーなんて思ったっつー話。
posted by サンダーロードスタイル at 02:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

5月最終週 ノーポチ週報

物語を語る、つまり客に理解させる手法として映像など特にトリックの産物です。

たとえばモンタージュ。基本的な場面のつなぎ技法は同じ時間軸上に展開する場面をそれぞれ切り取ったものを構成しなおして、一つのシーンにする。人間の脳はそれを一連の流れと理解する。
これには、エイゼンシュタインモンタージュとグリフィスモンタージュがあり、今説明したのはグリフィスモンタージュ。


205251.jpg


今日たまたまライダーのクラゲダールの回を見てたけど、明らかにいままでと演出が違うと思ったら田口監督初登板回。
田口演出の特徴として知られているのは、病室でのバトル中、窓から飛び出すと河原や海岸に着地するという場面転換。
ライダーのでたらめといえばコレと言われるくらい特徴的な演出パターン。


205253.jpg


これ、整合性としては全然ダメだけど、勢いとしてまったくの大正解。バトルが途切れない。もともと東映のチャンバラは殺陣の最中でさえ衣装が変わるサービス精神の産物。真面目な東宝や大映と違って娯楽優先ならウソ上等のチープでしかし闊達なところが東映の魅力。

たとえ適当でもこうしてグイグイ引っ張ってくれれば全然いい。個人的には逆にこうしたハッタリでの風呂敷の広げ方こそが娯楽だと思います。基本、こっちはウソに乗りたいんであって、ハッタリかまされたいから見てるわけです。いつだって。

最初に提示される、「ど」ハッタリは掴みであり、作者のイメージそのものであり出来れば原石のまま保存しておきたい創造性の塊だと俺は思います。なのでハッタリの聞いた、勢いのあるモノは好き。

小説でそれを味わったのはジェイムズ・バイロン ハギンズが最後かな。あれはバカだった。素晴らしく。


205254.jpg

漫画で強烈に記憶しているのは、度胸星。

もともと好きな作家だった山田芳裕が宇宙モノを書くと知ったにも関わらず火星における知的生命体の描写は衝撃でした。

普通我々は地球的な生物進化を予想しつつ、宇宙人、つまり地球外の知的生命体をイメージします。なんだかんだで肉や骨があり、せいぜいスライムだとしてもコミュニケーションはとれる。そんなのをなんとなく設定するわけです。
でもちょっと宇宙の話をかじると、そんな狭い発想が通用する世界でないのがよくわかります。

そして山田芳裕が提示してきた知的生命は、同じ次元に存在しているかどうかも理解不能な、物体かエネルギーなのかも判別できない存在。接触と同時に人間を裏返すのが敵意なのか通常のコミュニケーションなのかさえわからない存在に対し、アプローチするという実に知的な挑戦。もちろんSF大好きな一部の人々にとっては受け入れられますが、ラーメン読みながらテキトーウンチクを知りたいくらいの一般読者には簡単に理解出来ないレベルの異物の提示でもあります。


205255.jpg


整合性を軸に置いた場合、どうしても発想そのものが小粒になる。どっかで見たようなアレになるわけです。
熱血主人公、ひとりぼっち、特殊能力、謎の組織、敵との共闘など、いやもうそれ全部ライダー時代に終わっちゃってんだよと思うものが恥ずかしげもなくまかり通る。考えさせず選択させるだけのバリューセットともいえる商業フォーマットがある。能力の低い編集が掲げるケチな目標レベルなのか、去年の売り上げより下げたくない経営陣の圧力なのか、ラーメン層に絞ってるのかわからないすが思考させることなく嗜好させる選択肢だけを提示する、創造性とはまったく逆の構築術が、パワハラよろしく横行している。
商売だぜといえばその通り。でもその姿勢が衰退を招くのも現実。結果的に今サボってることで後の人の食いシロを潰していることになりある意味今のテメーさえよければ後は知らないという環境破壊に近い行為とも言えます。コンテンポラリーとアバンギャルトなんて生易しい図式ではない気がします。無知=向上心のない無能による封殺に近い。

そう考えると山田芳裕のハッタリは心地よかった。
だが度胸星は打ち切られた。時流に乗れなかったしファンレターも少なかった(らしい)。ファンレターなんか気にしないで欲しいけど、しちゃうタイプだったのかなー。

しかしその後、望郷太郎で再び知的挑戦を仕掛けてきてくれて、非常に嬉しい。

媚びず仕掛けるその気概と、それを拾う編集には頭が下がります。こういうものに娯楽として俺は金を払いたいんだ。挑戦が娯楽そのものとなりうるレベルであって、そこに金を払いたいっつーどうでも話。いや、望郷太郎感心話。

あと


205252.jpg

ありがとうクラゲダール。また会おうぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

5月第4週 アップステア週報

秋のWFがなくなっちゃいましたね。

次回からディーラー復帰しようと思ってたんで若干寂しくありますが手を止めず粛々、着々と進んでおこうと(現段階では)殊勝に考えております。
しかしまあそうなると年内は仕事以外の人とはもう会わねえんじゃねえか。となると、もうよいお年を!と言ってしまっていいんじゃないかと思います。

だいたい時間が出来れば甘えるのが人間。どんだけ痛い思いをしても、時間的な余裕は油断を生みます。

そして幾度も体験した締め切り前の爆発的加速による大逆転劇を「成功体験」として記憶し2日あればなんとかなる、的な誤認を堂々と行う脳。

まさしく認知バイアス。細かく言えば「可用性ヒューリスティック」。認識、理解、決定の際に、思い出しやすい情報だけに基づいて都合よく判断するアホジャッジ。

絶対その時になったらあらかじめもっとやっときゃよかったと思うのに、何年も何十回も同じこと繰り返してなお、まだそうなる学習能力のなさ。

だから俺は難しい締め切りをちょいちょい設定すると混乱するので極めてシンプルにザクっと「明日死ぬとしたら、明日腕がもげちゃうとしたらそれでいいのか?」という設定で頑張ることにしてます。これが最後と思えばわりと素直に頑張れるんだから、そんな感じで十分。

おかげで日々の頑張りは減ってないはず。風呂も便所も重要な創作場所。

しかし恐ろしいのは階段を昇ると、次の段が見えてくるわけです。いままで見えてなかった必要性が理解できるようになっちゃう。

そうすっとまた別の時間がかかるんですな。

造型で手が遅くなるのはまさにそれだと思います。上達すると下手に耐えられない。
時間の都合でどうしても捨てなきゃいけない時もあるけど、その痛みがどんどん大きくなりついつい抵抗してしまう。
だから時間がかかるようになってしまうわけです。これは上達の弊害と言えましょう。

そして恐ろしいことに

新たなる階段の上には、新たなる楽しみが転がってたりする。

今まで知らなかった未知の楽しみ。

例えば

プラモデル。

そんなものを組み立てるなど、まさに時間の無駄。

しかし届いてしまった。

205183.JPG

1/72 アポロ・ソユーズテスト計画。

以前はまったく考えもしなかったこれを組み立てたくなっちゃうのは俺の腕が上がってマッスルドッキングなんて厄介なものをこしらえ、階段を一つ昇った結果、どーしてもその背景に立体物で準備したいという未知の欲望と出会ってしまったからでございます。
完全に俺は悪くない。サボリたいのではなく、必然の出会い。そしたらもう買うしかない。仕事ですよ。仕事。


ただね。

思うわけですよ。

宇宙開発は、宇宙を目指した人々は素晴らしかったな、と。
今でこそ軌道上でゴミを散らかしたり、夜空を横切る邪魔衛星を計画したりと私利私欲をぶつけるクソ劇場になったりしてるわけですが、このアポロソユーズドッキング計画なんかまでは非常に雄々しいきらめきがそこかしこに見られます。ゆえに模型でさえ感無量であります。

俺が好きな話は、アポロ11号の月面着陸時、ニクソンが米国の功績だと言わせたかったところアームストロングが人類の功績だと言い切った。月に何をもって行きたいかと問われ、予備の燃料だと答えた実務派アームストロングでしたが
実際には月に殉職した宇宙飛行士のメダルを置いてきたわけです。しかも米ソの。

社会的な圧力や力関係も理解できる。それがないと、ある意味利害関係があってこそ動く構造も理解できる。

でも当時、相当の軽量化を強いられるミッションでありながら、敵国人ともいえるガガーリンやアポロ1号の壮絶な事故で命を落とした親友らテストパイロットの記念品を置いてきたわけです。
ようやく到達できた月面において、志半ばにして散って行った友や先人への想いはいかほどのものだったか。そこあったのは国境や所属など関係なく宇宙開拓に命を捧げた人々への敬意であって、黎明期の宇宙開発者に見られる底なしの克己心と優しさに思えるわけです。

そしてこの両国の先人メダルを月に置いてきた姿勢があったからこそ、アポロ計画の最後、アポロソユーズテスト計画のドッキングまで至った。技術的に無駄とさえ揶揄されたドッキング計画ですが、後にシャトルミール計画、そしてISS国際宇宙ステーションへの技術の礎がここで築かれた。


205182.jpg


そして40年以上を経て我々は夜空を見上げてISSを見る。

そこに日本人宇宙飛行士もいる。ペンシルロケットからたたき上げた戦後、不屈の日本宇宙開発の光を俺らは見上げてるわけです。

やー、胸に来るったらないな。


その宇宙開発のマイルストーンであるドッキング計画のプラモデルですからね。


205184.JPG


しかも嬉しいステッカー付き。


205185.JPG

イエイ!

もちろんマッスルドッキングへのいろんな想いもありますが、やっぱし宇宙開発はね。まっすぐですよね。遠くへ。まっすぐ。その姿勢、一点を見据えてより前に、より高く進もうとした人々の姿は燦然と輝いております。

なんつー興奮も、改めてドッキングが我が人生に入ってきたからこそ進んだ階段にあったわけで避けては通れないというか組み立てずにはいられんのであります、実際問題。


しかしまあ、本当に組み立てるのはマッスルドッキングが製品化した後にしとこうか。2週間も泣きの締め切り延長を願い出ている分際で、マジで何がプラモデルだっつー話です。どの口がそんな事言えるんだっつー話。実際問題。
posted by サンダーロードスタイル at 00:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

5月第3週 テノメ週報

時々、ごくまれにですが

脳がカラッポになった!という感覚になることがあります。
思考が完全に停止するというか、頑張ってもどうにもならない感じになる。


彫刻をする時、普通は対象物にまっすぐ意識が伸びます。
ほぼ1本。ヒトスジ。他の事を考えずにそこだけ彫る。


204111.jpg


ヒトスジに集中するとラクだけど視点も思考も固定してしまうので熱中して彫った後、ふと違う角度から見た時にバランスの悪さに気づいたりする。

だからバランスを維持するには視点を固着させないよう常に複数の角度からの視点を意識しないといけない。これは感覚的には自分の頭からアンテナが何本も放射してるのを維持する感じ。

ヒトスジに熱中しすぎず、沢山の視点を冷静に同じ作業トーンで維持しないといけない。

でもこれが非常にパワーを使う。ヒトスジの数倍使う(そりゃそうだ)


204112.jpg

しかも例えばいくつもの頭の髪型を同時に造形となると、アンテナ数本出してる状態をさらに数セット切り替え続けねばならずなんかものすごくハード。すると俺の中の謎のゲージがみるみる減っていくわけです。

そしてリザーブタンクなしで「あー終わった!」というカラッポ状態が来る。突如ってこともないのかもですが、いちおう集中もしてるもんでその予兆にそこまで頭が回らず、うっすら予感しつつも基本的には割といきなり来る感じ。

思考というか放射するアンテナエネルギーがスッカラカンに枯渇しちゃう。それがカラッポ感。日常でこの感覚を味わうことはないですね。作ってる時だけの独特の感じ。


誰でも知ってるわかりやすい表現でたとえるなら・・・




204113.jpg

緑の時間制限みたいな感じ。
感覚ビンビン状態はぎりぎり限界手前で解除すればまだいけるけど、時間を過ぎちゃったらしばらく変身不可能みたいな。

なに?わかんない?バカヤロウ。それはさすがに不勉強だ。


で、いつもはそうならないよう作業がクルクル変わって飽きないよう工夫はしているんだけど工程上、彫刻オンリー、しかも同作業オンリーになったりしちゃうと、もうダメ。

このカラッポ感。眠いのとは別に、脳が思考というか意識できなくなる。こうなると何か面白映像を流しても音楽聞いてもダメ。
一度カラッポになっちゃったらアウト。フリーズに近い状態で再起動するしかない。

で再起動 = ヨガの眠り。


204114.jpg


つまり寝る以外回復手段はない。

よく、眠ると起床中に発生した膨大な無駄情報のキャッシュを整理するような状態になり捨てるようになるらしいすが、実際には睡眠時には脳内で循環システムが動き出し代謝によって生じた老廃物や水分をリンパにより排出して解毒するデトックス機能が働いているそうでくわしくはグリンパティックシステムで調べてください。とにかくたまった汚れを排出する。もう一度動きやすくなるようメンテナンスが行われるわけです。

複数放射でアンテナを伸ばしてフル稼働させるときは、副産物としてそうした汚れが大量に発生し、一定以上たまるとロックがかかるのかもしれません。知らねーけど。脳のフシギ。

それはそれとして

もしかしてこれは原型師あるあるなのかもしれないし、俺だけかもしれないけどこの複数放射が維持出来てる時は、いいモノに手が届く。事が多い。


絶好調の時はタコ足のようにこの意識が何本も出てるだけでなく自在に操れてしかも粘土の奥まで届く時がある。
それぞれのアンテナを思うままに操れる感じがする。
オメガビームみたいに。


204115.jpg


こういうときはもう、楽しいとしか言いようがない。

ミケランジェロが言った


204116.jpg



「あらゆる石の塊の中には内部に彫像を秘めている。彫刻家はそれを発見するのが仕事だ」
「大理石の中には天使が見える、その天使を自由にするために彫る」

という言葉と、漱石が劇中の運慶に言わせた

「眉や鼻を鑿で作るんじゃない。眉や鼻が木の中に埋まっているのを鑿と槌の力で掘り出すまでだ。
まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」

というのは非常に興味深い感覚です。

204119.jpg


もし漱石が自力でこの発想にたどり着いたのだとしたら驚愕ですが、おそらく彫刻物に対して一段へりくだったこの感覚というのは、何度か思考錯誤しないと到達できない自戒と理解を含めた領域だと思うので、普遍の発想でありつつ彫刻やってる人独特の感覚かもしれません。

要はその材料となる物体から、その形状を生み出す時は彫刻でも彫塑でも同じで「見える感」が重要。

それを見出すには前述のアンテナの精度が重要だと俺なんか思うわけです。
アンテナびんびんの時は当然見える感もびんびん。

ミケランジェロはこうも言ってます。


204118.jpg


「羅針盤は手の中にではなく、目の中に持つことが必要だ。何故なら手が実行し、目が判断するからだ。」


204117.jpg


つまり問題はアンテナですよ。ラシンバンです。


2041110.jpg


しかし。


2041111.jpg


何かにつけ、疲れてたりするとこういう感覚がなかなか維持できない。
だから彫刻に専念するときは絶対に5時間以上眠るようにしてます。
よっぽど忙しい場合を除けば、ですが。

意図的にそれを維持する場合、俺が有効だと思うことは「映像」を流すことです。
見て面白いのはともかくとして、意図しているのはクールダウン。
1本のアンテナだけヒートアップしないように、常に冷静さを維持させるためでもあります。

これが音楽だけだと、まだ脳に余裕があって、なんというかカビが生える。

音楽だけで作業してると、いろいろ考える余裕が生まれて逆に余計な考えを維持することに脳が割かれちゃう。
会話だけならいいのかな、と思ってラジオとか聞いたりしてもラジオは独特の
「間を恐れる人間のだらだらバカ喋り感」が凄くて耐えられない。

清志郎がトータスに言ったそうです。
「お前は沈黙が苦手なタイプなんだろ、俺は沈黙なんて全然怖くないんだよ」

最近出た清志郎名言本は酷かった。チョイスする人間の性根でここまで魅力が失せるか、と。こういうのを名言っつーんだよ。拾え。

という脱線はともかく、そういうわけで流す映像も、準備作業時、彫刻集中時、レジン時、切削研磨時と分けて脳というかアンテナ精度を出来る限りコントロールしようとしている、という話。

こないだウカツにもカラッポでダウンしてしまったので、自戒を込めて整理したっつー話。


2041112.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

5月第2週 マダケハアル週報

時事問題には触れないように心掛けてますが
なかなかの未曾有な事態。複雑な心境で日々を過ごしてます。

最近考えるのが、ハレとケ。

というよりハレとケガレ。

ハレとケとは柳田国男が提唱した民俗学的定義で、非日常と日常。
非日常であるハレの舞台では晴れ着でピン!として、日常であるケの状態とは
明確に区別するという日本人的振る舞い、文化的習慣のこと。
まあこれは学者によって定義が曖昧なんですが、問題はケガレ。

ケガレ、穢れ、とはなにか。


20541.jpg


Wikiによると
日常生活を営むためのケのエネルギーが枯渇した状態や
「浄」の偏りに対し「不浄」の発生について指したりするそうで。
ケガレの状態になると「ハレ」の祭事を通じて回復したり、
「清め・祓い・贖い」の儀式などで回復したりするらしいですが・・・

くっだらねえな。

モジモジ祈ってなんとかなりゃ世話ねーだろ。

と俺なんか思っちゃうわけですがそこは回復説や循環説のくだり。
対処法の話については確かにくだらない。詐欺師の付け入る隙であります。

しかし、そのくだらない対応を生み出す原因となるそもそもの「ケガレ」感。

何をもって人は「ケガレ」と感じるのか。穢れた!と思ってしまうのか。
アホみたいな行動を起こさねば納まらぬほど気持ちを駆り立てる「ケガレ」とはなんなのか。


昔なにかで読んだと思うんですが、ここにきれいな盃がある。


20542.jpg


誰かが(例えば大嫌いなヤツが)それに小便する。
きれいに洗えば当然小便は一切残らない。清潔で最初と同じ状態に戻せる。

しかし気持ち的にはどうか。

その盃で飲んだとしたら、もう気持ちよくは飲めないでしょう。
それがケガレということです、という話。

なるほど。穢れた感、ある。


ここで興味深いのは、じゃあ全然気にしねーぜ、という人に対してはケガレが存在しないということ。万人に通じる普遍の法則ではない。自然の摂理どころかご近所ですら通じないかもしれない主観。
テメーの気の持ちようだろうがよ!で終わってしまう。



とはいうものの

この感覚は多くの人に共通するものでもあるってのも実際です。
小便されたという事は不衛生を想像させ、不衛生状態を生物の本能は嫌う。
本能的には極めて正しい反応ともいえるでしょう。


20543.jpg


そして人類が人類たるゆえん、社会的動物として秩序を維持できる理由は想像力があるからです。これをやったら誰かが困る。これをしたら誰かが喜ぶ。そんな事を思いながら暗黙の了解の線引きをし、共通の想像力による認識の中、社会でルールを作ってるわけです。
信頼にしても共依存にしてもおそらく守られるであろうと想像したルールがあってこそ成立する。

人類の最大の武器は想像力。想像的思考。
何十万年も前に、手に入れた前頭前野の織りなす進化の炎。

その想像力を使って考えると、小便された盃渡されたら・・・まーいろいろ思い浮かびますわな。
俺だったらペロンと出されたおぞましい尿道の形状から昨日食ったモノまで考え、匂いと音までリアルに浮かんでオエーってなっちゃう。
なんなら放尿にまで至ったモメごとや確執、普段の食生活から入浴状況まで想像しちゃう。もうヤメレ。


でもですよ。
きちんと対処すれば現実的には、科学的にはそこに不潔、不衛生は存在しない。
潔癖症がばい菌の存在をいくら主張しても厳然と滅菌は可能。思い込みが通じない状態を作れます。

小便した話を知らない人なら、その盃を迷わず使うでしょう。見た目キレイだから。
前の出来事を知らなくても今汚れてないのが証明できればほとんどの人が使える。
穢れた証拠を提示したとしても、今が大丈夫なら大丈夫と言える人は多いでしょう。

だとしてどんなに洗浄しても、どんだけ消毒しても、いやな気持ちは変わらないかもしれない。
アイツが触れたと考えるだけでおぞましい、とかになっちゃったら理屈は通じない。

となると、ケガレの本質は本能に根差したとしても結局記憶や情報よりも主観、つまり気持ちの問題ということになる。

だったら心に己の太陽を抱き、無人の荒野に立ち向かう決意を備えた男には全く通じねえ話じゃねえか。ナメんなよ。



さて、ここまで書いていよいよ本題。
この未知のウィルス騒ぎを前に、冷静でいる自分の中であっても
不用意な行動をする動物並みの脳ミソしかないバカを見ると怒りがわきます。

怒りは危険を予測した際の正当な感情とも言えますが、ケガレに似た感情も湧いてくる。
こっちは危機予測とは違う、生理的な嫌悪に近い感情です。実に興味深い。

科学的な証拠に乏しい、俺の一方的な嫌悪感が沸き上がるのに対して
当然、それではいけない、きちんと主観を乗り越え正しい対応をせよ、と
俺の中の人間性は叫ぶわけです。


というわけで先日、スーパーで見かけた掌動駆の8。

こういうラインナップ。


20544.jpg


20545.jpg

しかしだ、何件回ってもカブトローのAとBしか残っておらず
場所によってはもう投げ売りされてる。

こないだのハリケーンもそうだった。


20546.jpg


まあV3はそんなに好きじゃないからいいとしよう。
しかしクルーザーはどこでも見かけなかった。
誰もが思うだろうがやはりクルーザーはカッコいい。


20547.jpg


さすが白い弾丸。



そしてカブトロー。

ライダーマシンとしてはイマイチな印象がありましょう。


20548.jpg


特にテールナシに至ってはほぼベース車。

20549.jpg


え?じゃねえ。

ベース車まんまのライダーマンマシンの悪夢再びです。


205410.jpg



前年アマゾンのジャングラーという、見てくれ重視で走行不可能という最強ハッタリマシンと比べるとほとんど装飾がなかった逆インパクトは確かに記憶にある。


千利休は言いました。

205411.jpg


作庭の場合「渡り六分に景四分」がイイヨネ。庭石の配置とか。
実用度6割と美の主張4割くらいがいい塩梅ネ、と。



これで言うとジャングラーは「渡り一厘に景九分九厘」。


205412.jpg


カーブでは曲がれないなど走行におけるデザインの邪魔が発覚し製作陣はアタマ抱えたそうです。

次のストロンガーにあたってこの番組は「仮面ライダー」だ。ライダーがマシンを操れなくてどうする。アマゾンでのアプローチはデザインが極端すぎた。もっとバイクを駆るカッコよさを出そう!と思ったか

正統、王道のバイクアクションをさせるべく、カブトローは「渡り八分に景二分」という実用性重視、アクション対応重視の質実剛健の男気マシンとして設計されました。(たぶん)

そして実際本編でのバイクアクションを見れば一目瞭然。
ぞんぶんにそのポテンシャルを引き出した城北ライダーズ、熊沢敏明氏のバイクスタントは猛烈にカッコいい。


205413.jpg


撮影中の事故による降板は実に痛ましいがそれくらいギリギリでバイクスタントに挑んでいた。
ベース車はX3からカブトローまでスズキのモトクロッサーTM250。ライダーはすべて熊沢さん。
ある意味この方の痛恨の引退により、ストロンガーが最終作だったというだけでなく仮面ライダーのカッコいいバイクアクションとして一つの区切りがあったと俺は思ってます。

205414.jpg



その!

記念すべきマシンが!!

店舗ごとに10セットも20セットも!!

ただただカブトローの山!!

205415.jpg

棚が4列奥までこの2品!どういうことだ!

クソが!クソどもが!

205416.jpg

目玉全部焼いたろか!

転売目的かなんか知らんが、ストロンガー買うならカブトローも買え!バカ!


俺は今普通にストロンガー本編見てるけど、お前らは今見てるのか!
俺の作業場ではさっき一つ目タイタンが海に落ちただけで死んだぞ!


敬意も愛情もない目先のみみっちい小銭稼ぎの腐れ乞食どもが!
後さき考えずに食い散らかしやがって!

ああ汚い!穢れたとしか思えないその惨状!
ここもあそこも薄汚い守銭奴どもが荒らした場所になってる!!


確かに、俺も一瞬、あれ?チャージアップねーの?とは思いました。
カブトローだけ買ってもジャングラーはプレバンだし、どうせ昭和マシン揃わないからカブトローもいっか・・・と瞬間思いました。

しかし、思い直したわけです。

だってカブトローでの撮影の苦労知ってるからな!
別にとりたてて好きだ嫌いだはないけど、このカブトローの山という惨状を前にハイそうですかと退くわけにはいかない。

だから、投げ売りコーナーではなく、ちゃんと定価で買ってきました。

205418.JPG

せめて、ここでは2種売れたことをカウントしてほしい。
ちゃんと受け取る人もいたんだぜ。

205419.JPG

俺はケガレにまみれた食玩コーナーに接し、敬意をもってちゃんと購(あがな)う、というささやかな「ハレ」の祭事を通じ、カブトローを清めその場の浄と不浄のバランス破壊に一矢報いてきました

っつー話。

205417.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする