2016年09月19日

9月第4週 カーテン週報 

まず、先週大騒ぎした、椅子問題。
若干改善されましたが、その功労者は無印良品の低反発シート。

以前近所にニトリがあって、低反発ってどんななの?と思って選んだものの
さすがお値段以下ニトリ。悪気はなく安かろう悪かろうでまったく無意味。
・・・だったので低反発?無駄だろと思ってたんですが、無印のを教えてもらって
買いに行ったら、全然触り心地が違う。値段も違う。
これならいけるかもと使ってみたら・・・いける!
2晩使ったけど全然いける。

問題はサイズが小さいのでいちいち位置調整が必要ですが
能力はまったく他の低反発とは違いますね。というかこれが
普通の低反発なのかな。よくわからんすがまずはこれで
しばらく作業してみようと思ってます。
尻、気にならないで作業できるってのは改めてすごく重要。


そして次にワンステップさんより、シガーマンのテストショットが
上がってきましてパッケのシールやら取説やらをやっております。
俺が販売したのより、若干豪華になるかもです。箱入りになるんで。
こちらは後程改めて告知します。


さて、ここから

肉のカーテン製作記。

えー、今回は書かなくていいかなと思ったんですが、先日漫勉を見て
やっぱり創作現場を覗けるのは俺にとってすごく面白いから、
情報出せる立場にいるならちょっと出しておくか、と心変わりしましたので
軽く書きます。途中経過写真はほとんどないので、文字ばっかですが。



今回の肉のカーテン。造形的には今までと一番違うのは
キャラではなく「技」を表現するという事になりますね。
これ同じようで全然違います。ポーズの立体化ではなく、技の立体化。

技となると「決め絵」だけでなく、技が始まる前や、技が決まる瞬間、
決まった後まで含めて技のイメージはできてます。
それを表現できなかったら、ただのポーズ人形になっちゃうわけです。

ある意味「動き」を立体化するってことなのかもですが
動きってのがいわゆる「躍動感」かっつーと、それまたちょっと違う。
ジャンプしてピョーン、派手ー!ってんじゃ、なんつーか、ねえ。
そういう意味での「技」は前後の流れを感じさせるもので
ポーズというよりはシーンの立体化に近いかもしれません。


肉のカーテンはあまりに有名な、それでいてシンプル極まりなく、
誰でも作れそうなポーズでもあります。どころか、たぶん誰でも出来る。

設定上でも、修練が必要な高度な技ではなく、真弓がこうだと見せたものを、
一目見てこうか!と(血族的本能のサポートがあったとしても)
真似できた単純なもの。小学生も真似できるものなわけです。

しかし、

例えば素人がファイティングポーズとったところで、一目見て
これはダメだとすぐわかるのと同じように、同じ格好だとしても
小学生のポーズじゃダメなわけです。
本物の超人のポーズ(技)と小学生のポーズ(真似)の違いを
一見して感じさせられるようなのが、理想。

と頭ではわかってますけどね、動かせるパートはわずかしかない。
曲げた前腕ガードと背筋、立ち方・・・くらい?

簡単だけど、簡単ゆえに説得力を持たすのは難しい。

しかしそれゆえに挑み甲斐もある。
ということで、シンプル技相手のゴングはなったわけです。


まず第1のハードルは初期ゆで絵の落とし込みです。
これが出来てないと、技もくそもない。
しかし毎度のことながら難しいわけです。

例えば肩。原画では丸く印象的。ですけど、リアルを追及すると
その形状にはならない。

リアルに寄せるのは簡単です。
正しい人体にそのポーズをとらせればいいし、人体をトレスすればいい。

でもそれではキン肉マンにはならないんすね。ただの人体が出来上がる。
なので正しい人体を作ることはハッキリ言えば不正解です。短絡的。
俺がCCPの造形に興味が出なかった理由の一つがそこにあります。
美しいしカッコいいけど、キン肉マンじゃねえだろ、マンガの立体化じゃねえだろっつー。

でもリアルさを真っ向からキン肉フィギュアに落とし込んだのも
CCPの英断であり、そうして蓄積したものは、まさしく功績であり
敬意を払うに足る要素でもあります。
こうだ!という解釈を真正面からたたきつけるという方法は
本来商品に不可欠な要素であり、本当なら形はできて当たり前なので
「その独自の解釈、姿勢にこそ金を払う価値がある」ってもんです。

だから買った人が今回の肉のカーテン買っても「ほらCCPすげーだろ」と
人に自慢できるような仕上がりじゃなきゃ、これまた失敗。


というわけで、頭部のバランスや表情の情報。
CCPが積み上げたものの上に乗せつつ、積み上げたものを破壊する。

そうしてフォルムが完成したら、いざポーズをつけて技に昇華させます。

169191.JPG


169192.JPG


169193.JPG

というわけで、だいたいのポーズをつけたところから
悩む時間が始まります。

先ほど書いた本物の超人のポーズ(技)と小学生のポーズ(真似)の違いを
一見して感じさせられるような表現のハードルを、いかにして超えるか。
いかにして単純なポーズに説得力を持たせるかのハードル。高い・・・。


で、


そこを超えるべく出した結論というか方法論は

「俺が肉のカーテンを攻略する」


この辺は、稲坂君に説明した時も一瞬で理解されなかったんすが
要は、3日間攻撃を耐えられたこのポーズ。

169194.JPG

(スグルが脇腹を即ドボっとやられたのはご愛敬として)基本的にまず
攻略不可能な鉄壁の防御でなければ肉のカーテンではない。

ので、ポーズつけた原型に対し、ヘラでひたすらペチペチと
いろんな角度から攻撃を加えながらスキを探し続けるという造形方法を
編み出しました。

まさかの人間VS粘土。直撃格闘造形により正解を模索したわけです。

そうすると、少し顎を引く、少し脇を締める、でも敵の動きを
見ないわけにはいかないからガードは閉じすぎない、
でも最初の絵はヒジを締めてるな。てことは可動する腕で
カバーできるのはどこまで?前からの攻撃の勢いをどういうスタンスで止め、
どこで下半身に力を入れる?横からの揺れには、半歩開かないと。
腹筋にこう力を入れないと、前攻撃は耐えられないけど
そうすると背中はこう丸くなる。でもただ丸めただけじゃなく
力が入ってないといかん。肩甲骨は前に出るけど、隙間が出来たら
弱点になるから筋肉を固めたまま前に動かすと、アレこの部分も力が入るな

などと見えてくるので、粘土相手にひたすらヘラで攻撃を加え、
ガードポジションや足の開きを説得力あるところまで調整したわけです。

169195.JPG

しかし理論武装は頭デッカチになって本質を見失う事も多い。
基本、どんだけいじっても原画に立ち返って、そのイメージを
補完する形で進める。
イメージとしては真弓に教わったばかりのスグルそのもので
こうか!こうか?あれこうかな?いやこうかーっ!とひたすら。

おかげで最終的にスキは埋まって、俺には攻略できない
鉄壁のガード感がやっと出た気が。

169196.jpg

169197.jpg



さらにこっから造形説明というより個人的な感想ですが

作ってる最中、これはただのポーズフィギュアじゃねえ
キン肉マンの魂が宿るものにならなきゃいけないと考えてまして。
これが誰かの枕元にあれば不幸や逆境も吹き飛ばす
勇気を思い出させてくれるあの少年漫画の熱意や、
奇跡の逆転ファイターと信じさせる可能性が宿るものに
ならなきゃいけない、絶対!と真剣に考えてました。

他の超人の場合、ここまで考える必要はないんですが
やっぱり主人公ですからね。造形側としては一歩たりとも
退くわけにはいかんと。

俺らオモチャ業界は、世の中に不可欠なわけではない職業であります。
環境汚して、資源消費して、他人様に迷惑をかけて仕事してるなと
思う事は多々あります。
でも人間が生きていく場合、娯楽は不可欠でもあるわけです。
心の救いや癒しであったり、勇気や元気の源であったり。
過酷な現実に立ち向かう、ちょっとした燃料になるわけです。

他人様に迷惑かけてる分、わざわざやる限りは、よくやった!と
思われたい。
無責任な消費に加担するんじゃなく、やる意味があった!と
思われる仕事を目指すべきだし、キャラを預かる限りは
作者の思いを引き継げなければスタート位置に立つ資格もない。

何度も言ってますが、数ある少年漫画の中で俺が次の世代に
読ませたい、読ませるべき内容を備えた漫画の一つが
キン肉マンだと思ってます。現行の新章を読めばその意味は
言わずもがなでしょう。

そう思わせる作品の主人公の不屈さと闘志を立体にするわけですから
そりゃ力も入るっつー話です。

結果、170円握りしめて本屋に走った少年の時の俺の目を
輝かせるに足る、10歳児が、すげえ!カッコいい!って
思ってくれるような人形が出来たんじゃねーかな、と思います。

たぶん肉のカーテンを作るのは一生に一度と思いますが
この真剣さと本気が、俺がキン肉マンから学んだ物でもあり
ゆでたまご先生への恩返しとも思って、マジメにやりましたぜ。
大人はちょっと元気のない子供に、このカーテンスグルを
プレゼントしてやって欲しいす。こんな顔だけど、ここから
耐えて逆転するんだぜ、なんて教えてあげてくんねーかな。
歯を食いしばって耐えているこの時は、防御だけじゃなく
攻撃でもあるんだぜ、という事を教えてあげてくんねーかなと。


つーわけで入れ込みの甲斐あってか、俺の手ごたえとしては
誰でも出来るポーズフィギュアじゃなく、ちゃんとした
肉のカーテンの立体化として成立したんじゃないかと思います。
ケチ臭い小細工造形ではなく、俺が望む「備えた造形」と「伝える造形」に
どうにか届いたんではないかなー、と。

今月中の予約らしいすから、ぜひ買ってねコノヤロウ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

9月第3週 チャンスイ週報

今週は人と会う週で珍しく外出が続く。

という話の前に、だ。

椅子。イス問題発覚。

コノヤロウ。

ずいぶん前に背もたれがポッキリ折れた椅子に
無理やりミニ机をくくりつけ、どうにかしのいできたものの
ついに限界。
そして精査に精査を重ねたまさに選りすぐりの椅子を購入。

ほぼ600$。

これが買えますよ。

169121.jpg

それなりの散財だからもちろん自分でも試しに座ったし、
同じ椅子の使用者の話も聞いた。綿密なリサーチをしたつもりだった。

のに、だぜ!

忙しいのに予告なしでいきなりクソデケー荷物が届いて、しょーがねー
ヒーコラ2階に上げてエッチラ組み立てて、さあ作業すんぞと座ってみて
40分したら、


致命的欠点発覚。


早いぜ、早いったらねーぜ。


これは今後、作業椅子購入の検討をしている人の為に説明してやります。

若い原型師たちよ。俺の屍を越えていけ。


俺が買ったのはこれ。

169122.jpg

いろいろ多機能かつ、リーズナブルという点で選択しました。

だが、まったく見逃していた点がひとつ。(←偉そうだが基本、ザル)

それは




座面がメーーーッシュ。

169123.jpg

要は、金属枠に網張って、そこにお尻をのっけてるわけです。

一枚の網に座ってるわけ。

どういうことかと説明してやりますぜ。



そもそも空間というものは、だ


重力の影響をうけてゆがむわけです。


169124.jpg

アインシュタインも言ってるかんな。

創作意欲に燃える俺の熱いケツがそのメッシュの
座面中央に長時間居座る。

169125.jpg


すると、空間の歪みとも言える座面における「無理」が
尻縁を直撃してくるわけです。尻のふち。シリブチ。

金属枠近くの伸びないメッシュ部が、この月軌道上のラインで

169126.jpg

尻の外側に圧をかけてくる。真ん中が低くなれば当然圧も上がる。


本来高級、いや中級椅子であればフワッフワの良い革でカバーしたり

そうでないならこれくらい科学的根拠で俺のお尻を優しく包んでくれるはず。

169127.jpg


しかもオジサン原型師ときたら、自宅作業ですからゴテゴテのズボン履いて
作業するわけもなく、短パンイッチョで気軽に座るわけですから

現実問題として科学無縁の

これくらいの無防備さで


169128.jpg

ほぼムキダシの尻を椅子に預けてるわけです。信頼だ、信頼。



で、そのまま40分も座って集中してたら、可愛いマイオシリは


こんな状態に



169129.jpg


ディストリクト9のパワードスーツスタチューと同じ価格で

人体工学ウンヌンを抜かす椅子ですぜ?どうして俺を苦しめる?


人体ウンヌンならこれくらいのケツディフェンスがあって当然なところ

1691210.jpg

使用した俺の状態といえば



1691211.png


その結果、素晴らしい原型を作ろうという

創作意欲あふれる俺の40分後の姿は




1691212.JPG


マージーでー・・・

ふざけんな!!

イテーんだよメッシュコノヤロウ!テメーちゃんと座ったのか開発者!

ヘラヘラ2.3回座って、おおいいね!とか言ってただけじゃねーのか!

がっちり体重が真ん中に集中して、生地が伸びない
フチ周辺に乗ってる尻がイテーったらねーっつーの。

で、調べたらこの商品、評判悪いじゃねーか。メッシュ座面は嘲笑の対象。
かーーー、マジかよ。

しょうがねえ、だったらここはもう可愛い尻が痛くないくらいの
クッションを入れるしかない。


んだけど、座面に芯がないもんだから薄いクッションでは結局
真ん中にどんどん吸い込まれていく感じで、足りない&足りない。

1691213.jpg

にっくきブラックホールをふさぐべく、

どうにか痛くならない分までクッションを積み重ねてみたら・・・


1691214.jpg

座面がスーパー高くなっちゃったじゃねーかコノヤロー!
座布厚がすげーから、お呼ばれ感がすげーっつーの。
自分の作業場なのに。毎日が誕生日か。
ザブアツとか考えさせるんじゃねーよ。


そしたら今度は新たな弊害発覚。

机の作業位置が低くなっとる!かつての膝かってくらい!


1691215.jpg

そらそうだ、椅子だけ高くなっちゃってるかんね。

原型作りづらいったらねーでしょが。集中できねっつの。


ん・・・





169216.gif

あ”ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


仕方ないので、机の作業台を15cmほど高くする
作業テーブルを作るハメに。イス買って組み立てるだけでも
クソめんどくさかったのに、さらに余計な仕事が増えたじゃねーか。

169217.JPG

ちょっとフンパツした買い物くらいに思ってたけど
もう椅子は2万くらいのを、どんどん買い直すことにする。

つーか座面メッシュを選ばなきゃいいんだな。くそ、学んだぜ。

本当は今週、亀人形祭りをアップしようと思ってたのによー。

もういいぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

9月第2週 タトパ週報 

先週はこの夏最も期待していた、亀2を見に行く。

16951.jpg

前作は亀そのものがあまりに巨大化したショックで劇場で観損ねたものの
DVDで見たら全然面白かったので、2作目にスゲー期待してたんですが

劇場に入ってみると…

16952.JPG

どういうことだ。

東京でこんなことあんのか。

信じられん。


信じられんと言えば、このカワイイ未成年突然変異忍者亀
ツレアイは生理的に無理などと、ふざけた事をぬかす。

確かに、0課の女を見せた時嫌がったのは理解できた。

16953.jpg

拷問シーンとか酷かったしな。


宇宙猿人ゴリとラーに対する嫌悪感も理解できる。

16954.jpg

人間踏み潰して、頭を胴体にめり込ませたりするからな。



だが、亀を嫌うのはどういうことだ。まったく理解できん。


実際、映画冒頭で大スクリーンに映し出された
可愛い末っ子甘えんぼ亀、マイキーの顔は



こうだ。

16955.jpg



さらに、こうだった。

16956.jpg


いや、確かに亀はキモすぎたとしても、今回一気に寄せてきた
敵キャラはそんなでも・・・

16957.jpg



まあ、手下はキモくてもしょうがないとしても、ボスキャラなら・・・

16958.jpg


というわけで、生理的嫌悪感180%で構成されてる亀2でしたが

小さい頃は可愛かったんだぞ。

169511.jpg

という視覚的難点はさておき、映画としては500点。
もう、泣いて笑って拍手して、最後盛り上がり過ぎて俺の血、逆流。


俺の周りでもあんま、亀イエー!ってのはいないんで
静かに喜んでますが、いちおう大人の為に

こんなコスプレ商品もあるぜ。


16959.jpg


ハロウィンも近いしな。


169510.jpg

みんなでこれ着て、プラのバットで殴り合いしようぜー
posted by サンダーロードスタイル at 05:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

8月最終週 サマーメモリー週報

終わっちゃうっつーので、非常に気になってたこれに行ってくる。

168290.jpg

ガキの頃から何度も見てた絵を生で見られるかと思うと
結構密かに興奮。稲生物怪録見るの初めてなんすよね。

168291.jpg

稲生物怪録:お化けとの30日間サバイバル話。


初めて読んだ時、俺が平太郎(主人公)の立場になったら
お化けどれくらい怖がる大人になるのかなーなんて考えたもんですが
いまやお化けや霊など屁とも思わず、そんなんより満員電車で
おじさんの汗腕がくっつく方が全然怖い大人になってしまいました。

どうひいき目に見てもスーパーくだらない妖怪絵の微細なタッチは
やっぱり絵である限り本物を見ないと伝わらない部分ってのもあり
目の周りの赤いグラデとか全開怖がらせたがってるなー、と
昔のテクと気概にキュンキュンきましたぜ。

あれほど本で見た絵の上に、覗き込んでいる自分の影が落ちるのは
もう滅相もないって感じで影が落ちないよう身を引くくらいの
崇敬状態で見てる俺の隣に、ぶつかるように子供が飛び込んで来て
ノッペラボウ!と叫んでガラスをバンと叩いて次に行く。

おうおう、これはついに子供捕まえコラシメて生き胆抜いて食って
俺が鬼と化す日がきたんだな、よし一匹食おうと思ったら、怒りながら
追いかける親と共に疾風のように去り、残念ながら生き胆食い損ねる。
さすが夏休み。


展覧会のお土産に、タンバササヤマヘッコロ谷に棲むという
謎虫のアップリケなどを購入。どこに貼ろうかな。

168292.JPG


で、その後、せっかくなので花やしきでやっているという

期間限定、亀やしき(公式HP)に行く。

168292b.jpg



168293.JPG

おー!

168294.JPG

おー!

168295.JPG

こないだ買ったこち亀ジャンプ(500円)

168296.jpg

の後ろに

168297.JPG

この広告が出てたんですが、中にこち亀本を持参したら
タダだか割引だかと書いてあったので、けっこうクソ重い
この雑誌を片手に、ファン向け入口をくぐって
ニッコニコでこち亀ジャンプをお姉さんに見せる。

すると

「いえ、ジャンプでは入れません」





いやいやいや、勘違いさせちゃったかな。
これは、ただの週刊少年ジャンプじゃなく近所のコンビニで
軒並み売り切れて探すのに苦労した『こち亀ジャンプ』です。
これこそ我々こち亀好きに捧げられた特別号のこち亀ジャン…


「こち亀ジャンプでも入れません」


!???

あれ?確かこの雑誌の中に、こち亀本を持ってくると・・・


「コミックスじゃないと入れないんです」


ちょっと待ってくれお姉さん。
まずこのこち亀ジャンプという雑誌はこのイベント合わせの
タイミングで発売されたタイアップ雑誌みたいなもんで
言うなればご祝儀的なお遊び満載の、まさしくこち亀ファンの
パスポートにふさわしく、コミックスというのはあくまで
この各所で売り切れてたこち亀ジャンプを買えなかった
「出遅れた人々」への便宜的救済策であって、本来
優遇されるべきは…当然、ねえ?的な顔で見る俺に対し

「コミックスじゃないと入れないんです」とあっさり。

自慢げにただの雑誌ちらつかせて必死に食い下がってるけど
アタマおかしいんだわこのおじさん、早くあっち行って
きちんと料金払って入ってくれないかしら、的な目で
俺を見るなよ、お姉さんよ。泣くぞ!

とにかくしょうがねえので、一旦引いて、中身を確認してみると

168298.JPG

確かにこち亀JC(ジャンプコミックス)持参と書いてある。

そうだ思い出した。これを見た時、まったく迷わず
「こち亀J(UMP)持参で入場無料・・・なるほどこれは割引券も兼ねた
タイアップ雑誌だったのか!よしじゃあ行ってみるか」
なーんて思ったんだった。くそ、またゼレンカ現象か!


振り返れば、確かに看板に偽りなし。

168298b.JPG

亀やしきぬかりなし。


抜けてんのは・・・俺か!


168296b.JPG

別に割引がどうこうじゃねえんすよ。
ただもっとこうなんつーかせっかくの地元イベントで
「おお!買いましたねこち亀ジャンプ!」的なお祭り感というか
「おお!同志、来た!」的なウェルカム感で出迎えられるとばかり
思ってたのにあっさり事務的に門前払いされた、この祭りの前の

出鼻くじかれ感


そういや昔、SW帝国の逆襲の入場100円割引券を12枚集めて
タダで行けるって言って喜んでるタカギ君の手からそれをもぎ取って
バーカバーカ!行けるわけねーだろが!と校庭にバラまいたことが
あったが、今だから心の底から言える。タカギくんごめんなさい。
素直に割引を信じた君の心を俺は踏みにじった。
キミは帝国の逆襲公開に心躍ってただけだったんだね。
俺なんかあのとき死んでりゃよかったんだよな、マジで。

今回も一緒に行ったツレアイやツレアイの弟とかにサ
「この雑誌持ってりゃさー」とかタカギ君みたいに超自慢しちゃってサ
「いいからちょっと読みな」とか電車の中で読ませちゃったりしてサ
「俺らはこっちだな」とかエラそうに入口を選んだ結果の門前払いでサ
アカッパジのコキッパジでサ、いい年こいて遊園地の入口で。

なんつー入場騒ぎがあったものの、普通に入場料払って入って
問題なく亀やしきを堪能。

すぐに、ゴキブリを探すが、見つからず。
係の人に聞いたら、さっき門前払いを食らった入口の横にあるという。

またあそこに戻るのかよ!お姉さんに合わす顔がねえよ。
と思ったけど、戻る。

1682913.JPG

168299.JPG


一応電動でカサカサ動くゴキブリが

1682910.JPG

文字になる。

1682911.JPG

壁にはヨウコソ カメヤシキの文字も

1682912.JPG

中もいろいろ展示物に工夫がしてあり

1682914.JPG

細かいことは公式ページを見てもらうとして意外に堪能できました。

何年かぶりに乗ったジェットコースターはさらに
ネジのゆるみが増したような、クリアランス大きめに
ガタンがガッタンになったような気がして、スリル増。

なかなかどうして素晴らしい夏の思い出になりましたぜ。

ちなみに俺のこち亀好き度は、神様が出てくるあたりまでは
(たぶん60巻くらい)キッチリ読んでましたがアニメは
主役の声とかキモチ悪いので1度も見てません。
それくらいが普通だと思う。実際。
posted by サンダーロードスタイル at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

8月第4週 ネバー茶房週報

今週は相変わらず仕事に追い込まれつつも

甘酸っぱい尿が出てたら非常にまずい俺の股間が
セミに懐かれたり、

168221.jpg

ルノアールに頭悩ませたり

168222.jpg

キャスティングがまーひどい実写エイポを見たりしましたが、
映画そのものは、非常にいびつで破綻だらけながら
妙なところで爆発的にコミックファンの琴線に触れる
金バーグ脚本で、いろいろ相殺されて複雑な感じ。
コミック知ってる人は混乱しないけど、初見の人はどう?
てところがありすぎ。あとバトルの構成に興味なさすぎ。
ほぼバーナーの当て合いみたいなのを延々見せられるのは
まったくもって退屈でした。

でもカメラ目線のウェポンXで全部OKです。

168224.jpg

フルチン逃亡で全然よかったですけどね。

ちなみに理想のエイポ面はガマチン度の高いマーベルレジェンズ。

168223.jpg

これ出せっつーんだよ。あんな小さいヘビ人間みたいなのでOK出すんじゃねえ。


という先週でしたが、一番アタマの中をうろちょろしたのは実はルノアール。

1682213.jpg

これは造形におけるタッチ論とも共通すると思うんですが
俺は個人的に印象派が好きではありません。
ただ印象派が当時やろうとしてた事には好感もてます。

その中で、ルノアールが気付いた事はこれまた非常に共感できて
もうクッキーの缶のパッケ画家ルノアールではなく、
骨のある画家として認識するようになってます。

しかしこないだ横浜でルノ展やった時は、列がありすぎて断念。
今回は朝イチで行くしかねえ、と徹夜のままロッポンギへ。
そしたら30分前なのに、もう列。ぬうう。黙って列に並ぶ俺。ぬぐぐ。
こんなんで絵、見られんのかよ。

それから中でも並んで、どうにかギリギリ鑑賞できるくらいの
混雑で見られはしたんですが、感想は複雑。

と、

ここからスゲー絵画論を書き散らかしたんですが、

捨てました。

最近発生した原画トレス問題、魂問題ともからめていろいろ書いたんですが
結局このテの結論は俺らの場合、立体で出すしかねーですしね。
クチャクチャ小理屈コネてるヒマあったら粘土コネろい、です。

それにハッキシ言って俺の周囲にはルノアールうんたらの話よりも
ゴジラうんたらの話の方を聞きたがる人がほとんどであるのが現実で
俺も絵画方面は個人的に理解しさえすればいいと思うので
ゴジラについての話に切り替えますが、アニメやるらしいすね。

アニメのゴジラザシリーズ大好きの俺としては、だ

ついでの勢いで、このお蔵入りになったトレンドマスターのオモチャの復活を願う。

168225.jpg

168226.jpg

168227.jpg

イエティの試作だってあったんだからな。

168228.jpg

168229.jpg

1682210.jpg

メカっつーかサイボーグゴジラの試作もあったのに。

1682211.jpg

あーあ、このコモチガエルの沼怪獣、立体化してほしかったなー。

1682212.jpg

というわけで、ファインアートくそくらえ。

何がルノアールだぜ。

ちなみに初めて行った新国立美術館のミュージアムショップで買ったのは

1682214.JPG

どんぐり消しゴムだ。

楽しいぜミュージアムショップ。
posted by サンダーロードスタイル at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

浪花道中記+

大阪遠征3日目にワンステップさんを訪問した時、
矢竹さんと赤尾さんが来るってことで、いろいろ話が出来るのを楽しみにしてました。

YATA−LOGにてその時の様子

先日のWFでヤタケさんに聞けなかったのがマブタの処理。
もともと個性的な造形をするなと思ってたヤタケ造形のマブタ。
コスモスのマブタ処理がさらに特殊になったような気がして
意図を聞きたかったわけです。

168162.jpg

自分は色を塗らないので、商業においてもオリジナルにおいても
確信をもって彩色後のイメージしつつ造形する力が弱いと思ってます。

そこで命が決まる、という大事な部分でありながら商業では
主にタンポ打つからガイドすら造形しないで、という注文がほとんど。
当然タンポ目は俺にはウンコ以下にしか思えないので、可能な限り
原型段階で命が宿るようにしてますが、それが邪魔になる場合があるのも
わかります。さあどうしたもんだかな、と思ってる時、当代随一の
ペインターはグイグイ癖を発揮する。

マスプロ製品でないのに、ある種簡略化の方向を選択するのは
そのやり方が実はペイントを活かし結果原型も活かすと確信したからか?
塗りのイメージありきで攻め込む方法の一つの答えなのか?
それを聞いてみたかったわけです。

168161.jpg

そしたら返ってきた答えは意外や意外。
同じ造形してたら面白くないでしょ、でした。
正解は他にあるかもしれないけど少なくとも自分の造形に関しては
なんでそんなアプローチするの?と思われた方が面白いでしょ、と。

いやー、そうだったか。まんまと反応してたわけすね。


というわけで、WFで買い損ねてた「マイワイフ」を購入させて
いただきました。

168163.jpg

以前のヤタケ造形ホラー系「F」とウチのオッサンとの比較。

168164.JPG

全員死体じゃねーか。


で、常圧手流しだそうですが、髪の構成とか実にキモチいい。

168165.JPG


赤尾さんとはそんなディープな話は出来なかったんですが、今度
ヘラを片手にじっくりゆっくり話が出来ればと思ってます。
だいたいまだカエルデーモン買ってないし。

赤尾さんとはちょうど5年前の神戸で初めてご挨拶したんですよね。
お互い最近は会うと、デジタルどうします的な挨拶話が多いすかね。
タナベさんともそういう話になったりしましたが、基本的にみんな
ツールに関しては使い勝手がよけりゃなんでもいいという話で
特にデジタルもアナログも気にしてません。

素材や手法で良し悪しを語る原型師も多いすが、俺に言わせりゃ
泥だってカッコいいのを作れるのが原型師だよバカ、てなもんで
早く手法が一般化確立してくれれば道具が1個増えてラッキー、程度。
結局粘土いじってもヘタな奴はヘタだし、上手いヤツは何の材料だって
上手く作れるから心配してねーって感じで、もっと簡単に精度高く
安価で出力出来れば全然すぐ移行してもいいわけです。

デジタルの夜明けは近いんすが、気持ちよく朝を迎えるには
新品のはきやすいパンツと、もうちょいステキなモーニングセットが
欲しいとこすね。

その後皆さんはホライジングさんに行かれたらしいすが、
俺も行ってみたかった・・・


さてそういうわけで、他の大阪戦利品はというと



なんつっても見ごたえありすぎで失神しそうなほどの

168166.JPG

竹中大工道具館の常設展示図録と、神戸名古屋でしかやらなかった
近代建築ものづくりの挑戦展の図録。

資料としてもバッチリで、チョーいい物です。

そして国芳国貞展で回した、猫ガチャ

168167.JPG

アストロゾンビーズさんで買った、骨蜘蛛

168168.JPG

なんばグランド花月で買った


桑原和男、神経ない乳タオル

168169.JPG


冗談はここからや扇子

1681610.JPG

個人的に新喜劇でマジでスゲー感動したのがこの言葉。
あんだけ悪ふざけした後、まだここからふざけるという気概。

お楽しみはこれからだ、は和田誠の名著で俺らは偉大な先人の姿勢を見て
映画の見方を学んだもんですが、もとは映画のセリフです。
世界初のトーキー映画、ジャズシンガーでの「You ain't heard nothin' yet!」の
意訳に近いんですかね。
俺の造形も仕掛けもまだまだこれからで、ゾンビプラモにおいてさえ
やりたいことの5%もやってません。

当座の個人的な目標で言えば、皆さんにそれぞれゾンビプラモを作っていただき
こちらで用意したジオラマにそれを一斉に置いてもらって、一発で地獄ジオラマが
出現するというイベント。ゾンビは集まってナンボですからね。

打倒鉄道ジオラマ。

1681611.jpg

打倒シルバニアファミリー。

1681612.jpg

目指せ100体ゾンビ、参加者100人で頑張る所存です。

さあ、ゾンビ遊びはここからだ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

8月第3週 浪花道中記

分けようかと思ったけど面倒なんで一撃で終わらせます。
ナゲーですぜ。


先週は4日に渡る大阪遠征。

まず初日、到着と同時に目指したのは仁徳天皇陵古墳。

1.jpg

世界一デケーって話である程度は想像して身構えていたものの

実際に見えた光景は

2.JPG

想像の4倍はデカかったです。山じゃねーか。

ただそこはほら感動というよりも、俺は古墳の時代をヒジョーに
バカにしているもんで、バカにしている度も4倍にハネ上がった感じで、
なんつーかすいません。わざわざ観光客に説明してくれるボランティアの方も
いたんですがこれしかないと韓国語のパンフを見せられ、いやもう
ショッパナから何がなんだか。悪気はないんだろうけどいろいろスゲーな、と。

どっちにしてもここに限って言えば周囲への顕示欲や支配欲みたいなもんしか
感じられず、構造や発想に知性のチの字もなく、適当に時代ごとに利用されている
アタマワリー感の割には無駄に超デケーな、どんだけ迷惑かけてこしらえたんだよ、
という意味で面白かったです。
昔も今もケチ臭い価値観を求める連中は総じてダッセーす。完全イモ造形。

堺市博物館もほとんど見どころはなく内容希薄。

3.JPG

わざわざ見させられた10分くらいの映像は、催眠映像かっつーくらい
ノー内容のアホ映像。発注したヤツと許可したヤツ、死んでよし。
現代においても知性のチの字もないっつーのはどういうことか。類友か。
堺界隈は群を抜いて賢いと思っていただけに残念。

しょうがねーなとマスコット土産購入。大阪戦利品第1号。可愛くなさ100点。

4.JPG


一番面白かったのは真緑の汚い池で浮かんでは沈むカメくらい。
展示よりもカメ見ている時間の方が長かったんではないか、と。
こいつスゲー池底で暴れる割に浮いてくると、成仏すんのかっつーくらい
完全脱力で立て浮きのまま横にスーっと流れて行ったりと、チョー面白いヤツでした。

5.JPG

その後、なんばに戻って新喜劇を見たのはいいんですが
新喜劇以外の演芸パートがこれまたひどすぎる。
もう2度と見たくないと思わされる芸人もあり、とにかくキツイ。
最初に若手の縄跳び見せられたり、もうとにかくひどくてキツイ。
打率で言えば出演者の8割がハズレ。ウソでしょ?そんなことある?
なのに5000円も取る。ぬうう。

睡眠不足も含め、どうにもこうだんだんと不機嫌になってきたぞ。


そんな中

この人がすごかった。

6.jpg

こんな賢くて洒落がきいていながら平たい無理のない、
しかし高い笑いのレベルとは全然知りませんでした。自分の立場を
認識しつつも、一番とがってる若手でもこの攻め方はないんじゃないかっつー
モンティパイソンと坂田利夫が混ざったかのような恐るべき面白さで、
もう絶句。バチーンと目が覚めた。もうハネ起きるくらいに。
子供も大人も心底笑って劇場が一瞬うねるくらい面白かったですぜ。
TVではバカにされてるみたいな扱いだけど、こういう凄い人が
いるんだから素晴らしい。マジで天才かと思いました。
このショージ村上から関西のターンが始まります。

で、上がったテンションで新喜劇でしたがこちらももうバッチリ。
劇場でなければ味わえない感じも素晴らしく、ほんと満足でした。
TVだとトリミングされている、すち子のアメちゃんの下りも
観客の繰り出す手が、ドーンオブ並みにブワっとシルエットで伸びて圧巻。
一瞬のゾンビ感がありましたぜ。
そして前半の芸人枠と違って、きっちりと笑わせようという努力が常に満ち溢れてる
新喜劇に改めて惚れ直す感じ。職人すよね。



そして翌日、2日目は朝一番で神戸へ。

というのもまたこれを見たかったわけです。

7.jpg

いやー、素晴らしいとしか言いようなし。
展示作品もけっこう東京と入れ替えがあり、見たことない絵も多くフルパワーで
楽しめました。東京ではなかった展示方法も頑張ってたと思います。やる気出る出る。
やっぱこういうの好き。見に行ってない人は不幸ですよ。
日本の大衆文化の奥深さと確かさを知るべきです。
まだ間に合うからとっとと行って来い!

そして毎度何食ってもうまい神戸でメシ食ったあと

開館前から期待してた念願も念願、大念願の竹中大工道具館へ。

8.jpg

いやもう素晴らしい。ここだけで1日使いたい。

昨日の古墳じゃないですが、特定の宗教や政治に利用されている背景は
大嫌いなんですが、技術そのものは好き。

前にも書いたと思いますが、法隆寺の建造物の技術は素晴らしい。素晴らしすぎる。
でもその修理材料の為に樹齢2000年の木を切り倒すくらいなら、坊主全員死ね!です。
だから日本の寺が台湾の山ごと買い付けてその木を材料にするというアホ計画が崩れたのは
拍手喝采でした。お前らごとき出入りすんのはコンクリとペンキで十分だっつの。寺コノヤロウ。
腐れ妄想コスプレハゲ頭どもと、自生し途方もない年月を生き抜いてきた立派な古木の
どっちに価値があると思ってんだバカ。弱者だまして小銭集めてる分際で
石でも銅でもたいして変わらねーで適当にホイホイ拝む程度のオツムのくせに、
山ごと金で買うだぁ!?利益重視の悪徳企業程度の判断力しかないなら
自然に手を出すなこのクソ野郎ども、というのがその件に対する自分の意見。

でもそういう力持ってる人のアホ発注を受けつつも、材料である木を大事にして木を理解し、
敬意をはらってきちんと残そうと必死の努力をした人も昔からいるわけです。
同じ材料でも加工次第で、数百年は素材としての寿命が延びる。
千年残る木造建築であればその千年の間に木もちゃんと育てられる。
元来、そういう思想でお寺も宮大工もやってきたはずであって、その努力を怠ったから
他人の土地を金で買うという本来あるべき信仰と外れたクソタレどもはともかくとして、
俺が敬意を払っているのはそういうきちんとした人々の姿勢や努力や発想や技術になわけです。

縄文から連綿と受け継がれる日本の木材加工の歴史。
その根底にあるものは資源豊富な土地ながら、モノを大切にし愛でるアニミズムであって
感謝と尊敬に裏打ちされた思想体系なわけです。


それが!

たっぷり詰まっているのが竹中大工道具館。大工ラブ!

9.jpg

歴史、加工技術の発達、道具の変遷と進化、海外との比較や素材に対する説明から、
果ては道具を作る鍛冶職人の悪ふざけ俳句まで実に楽しく、かつ勉強できます。もうパラダイス。

規矩術の体験とか、知らない人がやったら凄く驚くんじゃないすかね。
いやほんと大工さん、スゲーんだから。

中でも継手という木材を組む技術があるんですが、どうしても理解できなかったのが
この四方鎌継。

10.JPG

曲げても押しても捻っても、どうやっても外れない。4面この状態。

表面構造的には外れるはずがないものの、組めてるんだからその判断は
間違いなわけですが、どうやっても外れない。理解不能。

係員の方に正解を尋ねると

11.JPG

うおー!そう来るか!完全にパズル!っつーか遊んでたのか!

聞けば実戦用の技術ではなく、技量を教え指し示すものだそうで、
四十程度ある基本技術だけでなく、面白さで追及した組み方としては
二百以上あるそうです。こういうとこ、いちいちすげーな。
和算の算額とかもそうですが、遊びとして練磨向上するマニアックさは
現代でも同じすよね。高い技術の面白半分の無駄遣い。最高。

ガラッガラに空いてましたけど、モノを作ることに興味がある方は
行くべきですぜ。人類の努力と進化が一発で体感できます。

その後大阪に戻って、0時過ぎまでの1大イベントをもって2日目終了。
実はここがメインの肝となるものだったんですが、書くに書けないので割愛。

肝心な3日目を前にしてもう疲労の極致。

で、3日は朝イチで 中央区糸屋町 Craft spot One−Stepさんへ。

12.JPG

13.JPG

映り込む俺も微笑ましいウィンドウにがっちりゾンビプラモも展示していただき、
すっかり地獄のゾンビ黙示録祭り状態。直射日光でパッケが退色してくれれば
さらに味わい深いビンテージ感が出るはず。頑張れ日光!

で、おじさん同士の撮影会があったり、店内は完全な古ソーセージ祭り。

14a.jpg

店長の小川さんとパチリ。

正直なところ、原型師の立場としてはあんまり複製や販売はしたくないってのが
あります。作るの楽しいけど、量産して売るのはスーパーめんどくせーな、と。
なので、まだお互いお試し段階ではありますが、One−Stepさんに
サンダーロードスタイルのキット販売のご協力をお願い出来ればという
ご相談もあり伺ったわけですが、まずはシガーマンをお願いできそうです。

この辺は進行次第、こちらで報告出来ると思います。
イベント含め、いろいろ提携出来ると楽しそうすね。
他の地方の工房なんかとも連携して、One−Stepさんを軸に
簡単にモノが手に入り、楽しく作って楽しく遊べるシステムが
構築できればと思ってます。

現在、WFでも展示したゾンビプラモの作例や第2弾の彩色見本を展示して
ありますので、お近くの方はぜひどうぞ。

15a.jpg


そしていよいよ、南堀江にあるPLUSWIN STUDIOに移動し、収録の準備開始。

17.JPG

18.JPG

かなりオープンな収録現場で、出番は30分程度ということなので
のんびり構えてたんですが、いざ始まると割と緊張するもんでして。

東京に戻ってきてから放送を見ましたが、声ちいちぇーなこのクソ野郎。
やー、少し大きい声出してるつもりだったんだけどなー。

19.jpg

後は常々自分は話が下手だと思ってたんすが、やっぱ下手だなーと。
マジメにやろうとすればするほど無理みたいな感じで、
グイグイ行くのか待つべきか逡巡しているうちに終了。早いな30分。
役に立たなくて自分にがっかりです。完全に借りてきた猫状態。

20.jpg

21.jpg

でも現場はとても元気いっぱいで、仲谷さんやKEN2さんや
スタッフさんにもゾンビプラモ自体はかなりの評価をいただいており
それだけで満足感がありましたぜ。あんましホメてくれるのを他人事のように
後ろからボーっと見てましたが、やっぱ胸張れるいい商品だなーと思ってました。

関係者の皆さんありがとうございました。特殊メイク絡みでもぜひまた
何かできればと思っております。今度は実力発揮できそうな裏方で。


で、あんまし見てもらいたくないのが正直なとこですが
俺以外の部分を見ていただくっつーことで今回のリンクを貼っておきます。

「 ARTisTV 」役立たずサンダー借り猫回のご視聴はこちら

哀れなハゲかけ原型師を鼻で笑ってやってください。

かくして一応ミッション終了。3日目も終了。



そしていよいよ最終日。荷物も送って帰り支度を整え
若手のやってる新喜劇を見にまたNGKに。

今度は前から2列目で、余計な演芸もなく新喜劇オンリー。
価格も適正、時間も無駄なく、文句なしにビシっと楽しめました。

26.jpg

関東だと芝居なんつーと、ちょっとキモいというか貧乏な自己陶酔の
頭おかしい表現の逃げ場所みたいな印象がありますが、新喜劇は
素直に面白いんだよなー。普通に笑わせよう!というが安心するのかな。
もし中学くらいでこういうのを見てたら、人生の選択肢に新喜劇が
あったかもしれないくらいに、満足出来ましたぜ。

で、ウソみたいにクソ暑いのに、肉吸いを食って汗だくになり
あれほどクソ暑かった外が涼しく思えるくらい。

それから前日教えてもらった、ゾンビプラモを扱っていただいているという
アストロゾンビーズさんに。

22.jpg

許可を得て写真を撮らせていただきました。

23.JPG

24.JPG

なんだかんだで東京はこういうGKまで扱ってるショップ少ないですもんね。
うおー、それあるんか!?というものがポコポコ見受けられましたが


迷わず手に取ってレジに出したのがこちら。

25.JPG

蜘蛛の骨って、この発想はなかった。素晴らしい。

で、そろそろ時間になったということで中古DVDを漁りつつ空港へ。

基本的に飛行機は乗ったら寝るクセがついてて、ドアツードアじゃないですが
離陸前に寝て、着陸後に目覚める事も多いわけです。あれ発進してない?みたいな。
でも今回は最初から最後まで起きて、窓の外見てたんすが、飛行機オモシレー!

フラップ可変をじっくり見学できる位置で、

27.JPG

上空からの大阪城に始まり、この変化を30分くらいで堪能。空最高。

28.JPG

UFOでも飛んでこねーかなとけっこうマジで観察。

無事帰還することが出来ました。

今回書けなかった人的体験部分が実は一番ウェイトがでかかったんですが
それを差し引いても非常に実りの多い遠征でした。

というわけでこれにて今回の道中記

29.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

8月第2週 ゾンビ特急浪花行き週報

まず告知ですが、

特殊メイクスタジオ、KID'S COMPANY代表の仲谷進さんがお送りしている

生放送のUSTREAM番組『ARTisTV』にて、

来たる 8月12日(金)18:00〜
ちょっとゾンビプラモの宣伝をさせていただくべく、恥ずかしながら出演する予定です。

30分くらい、なんか喋る予定なんですが、ちっとくらいは面白い事言えるよう頑張ります。



で、その出演にかこつけて、前乗りも前乗り、2日も前乗りして大阪入りし
37度予想の猛暑の中、古墳や博物館や新喜劇を見まくって、大阪を堪能したあげく
お世話になってる関西方面の方々にもご挨拶しようという今週。

10年は旅行してない、とツレアイが言うのでそうだそうだと
思ってたんすが、調べたら2011年に神戸に行ってました。
というわけで、実は5年ぶりの旅行。
前回はゴズミサイルを展示に行ったんだなー。


人生なんて何があるかわかんないので、あんま深くは考えませんが
いつも肝に銘じていることが1個だけ。

今がどうかはともかく、10年後の自分に対し恥ずかしくない今であれ、
と、考えてたりはします。

10年後の自分に、お前あん時甘えてたろとか、ひよったよなとか思われたくないっつーか
とにかく先が見えてなくても過去未来関係なく、胸を張って誇れる選択をする自分であれ、
ダッセー選択はゼッテーしねーかんな、というのをキモに銘じてますけども、
そういう意味ではなかなかどうして、この5年の俺の選択はいちいち
納得が行くもんだったと思うぜコノヤロウ。

好きなアメコミ、商品化実現した。造形王、他人の評価はともかくベストは尽くせた。
キン肉マン、実力で信頼関係を勝ち得た。ゾンビプラモ、望んでいたレベルの
カッコいい商品でスタートが切れた。負け戦も何度かありましたけど
その選択において、媚びずによく戦ったと。我ながらホメてやりたい。
よし、俺、もう椅子買ってよし!ってまだ買ってねーのか!


168083.JPG

(肘掛けにミニ机を縛り付けて背もたれにして急場をしのぎ中)



毎月毎月、来月入金ないと死ぬというのを繰り返す明日をも知れぬ浮草稼業の割には、
なかなか愉快な日々を送らせていただいてると思います。これもひとえに
支えてくれる関係者皆さまのおかげです。マジで感謝しております。


俺は結果的に特殊メイクから模型の方に人生がシフトしましたが
たぶんこの先、どっぷり模型を武器にいろいろ表現していくんだと
こうして人生振り返り気味に感じておりますが、そんな事を言ってる割に
13日に大阪でやってるアメージングフィギュアエキスポの開催を知りながら
そっちは行かずに、こちらを選択したというこの反模型的選択。


168084.png

その日その時、その場にいて全然行かないというその性根!不勉強!
自らの娯楽、快楽を優先するというクソのような姿勢
座長レベルのいない若手の成長を見たいというどうでもいい欲望!


裏切り者!

俺に模型を語る資格、一切なし。




あの野郎原型師としての自覚ねーのか!と疑われそうなので、オモチャ的話を最後に。

先日、久々に都心に出る機会があり、ガチャを回しまくったんですが
藤子F玉みたいな300円の顔面が出てくるヤツがスーパーいい商品で

168086.jpg

ついにパオパオに匹敵する整理されたラインのFアイテムの登場です。

168081.JPG

すげー良い。


俺のチンプイワールドも無駄に充実。

168082.JPG


と、ささやかなオモチャ話をしたところで、来週は大阪旅行記だと思います。


それでは、いってまいりましゅ!

168085.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 01:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

夏だ地獄だゾンビ祭りだ週報

先日のサンディエゴコミコン、WFと
地獄のゾンビ黙示録関係の展示がありましたのをまとめましたぜ。

まずは合衆国は讃港と書いてサンディエゴのコミコンでの展示。
7月の21日から24日まで4日間に渡っての長丁場。
Geccoの皆さん、赤尾さん、お疲れさまでした。
エリックソーサのはっちゃけ動画の連発で、まるでブースの中にいるかのような
臨場感で見てましたが、特筆すべきは

ゾンビプラモ第2弾彩色版の公開。



フリーウェイを脱出しヒロインが向かう先は、ダイナー!

そこで出会うのは・・・

168011.jpg

左から、バイカー、コック、ウェイトレス。
さあ、いよいよ噛まれた人が出てまいりました!ウェイトレスの手足の噛み跡が痛い!


第1弾に引き続き、アンドウケンジ氏の彩色です。

168012.jpg

168013.jpg

168014.jpg

ダイナーのロゴやバイカーのタトゥーも細かい。
パッケージが楽しみでしょーないす。

発売予定は11月ごろとなっておりますが、こちらも判明次第
ご報告させていただきますので、続報を静かに待て。


そして第1弾彩色版を2種展示。どちらもアンドウ彩色。

168017.jpg

並み居る巨大原型のひしめく中、すっかり小さいゾンビプラモですが
なかなかの好評だったそうです。細かい手原型という部分を
評価してくれる人が多いそうですが、それは当然として
コックの親爺のハゲっぷりの攻めっぷりをホメてもらいたい。
普通は選ばないからな、この親爺の方向性。
当然帽子も着脱可能だし、エプロンもとれる無駄なこだわり仕様。


そして時を同じくして24日、ニッポン国は房州幕張、
メッセのWF会場においても、展示されておりましたゾンビプラモ。


こちらでは商品化された第1弾を、作例としての展示です。
プラモはやっぱり自由に作ってナンボですかんね。

題して「地獄の作例黙示録」

ご協力いただいたデコマスラボのブース。

168015.JPG

168016.JPG

返す返すも、デコマスラボ塗りもこの台座の上で
並べて欲しかったなー。次回に期待しております!


で、知り合いやゾンビプラモにご興味もっていただいたモデラーさんに
事前にお声がけしていたわけですが、今回ご参加願いました方は6名。

168018.JPG

早速、展示した順に右から作品をご紹介します。
(皆さんのHPやTwitter、Facebookなどから厚かましくも作品写真をお借りしてます。
関係者一同、問題あったら言ってください。話せばわかる。)





長谷靖年さん(FB)

a長谷1.jpg

a長谷2.JPG

a長谷4.jpg

a長谷3.jpg

いまやクラシカルとも言える、正統派ロメロ風青黒肌アプローチ!



菅野貴司(たかちん)さん(HP)

b菅野1.jpg

b菅野2.JPG

b菅野3.jpg

b菅野4.jpg

人肌系事故感あり。運転手Tシャツの胸のワンポイントがいい!



香月りおさん(Blog)

c香月1.JPG

c香月2.jpg

c香月3.jpg

今回唯一の女性モデラーさん。気遣いが随所に。特に胸元!

c香月4.jpg

菅野さんと香月さんには3体を合作で仕上げていただいてます。
息のあったコンビネーション。さすが。


tanoくまさん(FB)

dたの1.JPG

dたの2.jpg

dたの3.jpg

dたの4.jpg

容赦ないリアル系のアプローチ、情報密度というか解像度が高い!



土門毅さん(FB)

e土門1.JPG

e土門2.jpg

e土門3.jpg

e土門4.JPG

パッケージごとまとめた斬新さ。しかもライトアップ機能あり!



緒方光太郎さん(FB)

f緒方1.jpg

f緒方2.jpg

f緒方4.JPG

f緒方3.jpg

まさかのイラスト風アプローチ。なのにこの成立ぶり!



と、こんな感じです。
なんというか、俺がいうのもなんですが非常に楽しそうすね。
第1弾なのにこのバリエーションぶり。

キリないんで寸評は超最小限に控えましたが、実物を見ていただければ
発見と刺激があると思います。
今後もいろんなところで展示させていただこうと思いますので
その際はじっくり見てください。

そして、次回WFではもっとたくさん派手に作例を展示してみたいですね。
その頃には第2弾も発売しているでしょうし。
そしてWFに限らず東京や大阪でもコンペみたいなものもやってみたい。
個人的に俺もやってみたい!という方は、サンダーに連絡だ!
確実なのはメールかツイッターで、FBのメッセージはまだ見逃すらしいぞ。
信用するな。


というわけで、この日米両イベントでのゾンビプラモ展示は以上のような
感じでした。

海外の作例画像もいろいろ見せてもらってますが、数が増えていくと
さらに楽しくなると思うんでシリーズ進行にご期待ください。

いやー、全然ふざけた事は書けなかったな。根がマジメ。俺。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

WF雑感その2

今回用事ルート上にあるディーラーなら寄れるということで、
前回買い損ねたMUSHIBUCHIさんのスズメバチを購入。

167251.JPG

167252.jpg

おー、早く組みたい。

そして、なんと

またしても手に入れてしまいました、トノオカヘッド

167253.JPG

上手い。楽しそう。
すっかり俺のトノオカコレクションも充実です。

167254.JPG

早く完成させてほしいのはアントンシガーだなー。

167255.jpg


あ、ちがった、こっちの方がよく性格を表してる



167256.jpg


で、他にもヤタケさんとことか行ったのに
その場にいた原田プリノスケさんと話し込んでしまい
肝心な造形質問をヤタケさんにするのをすっかり忘れた。

手持ちのお小遣いが足りなかった為、新作バストは痛恨の
見送りだったものの、すいません、次回買わせていただきます。


あとは、造形王でおなじみのウロタ君のブースで話してた時、
打倒山口さんですね、という話になりまして。
「そうだぜ、帽子を後ろ向きにかぶるようなバカに負けるわけにはいかないぜ」と。

一瞬、山口さんとはデコマスラボの前でも会いまして
本人にも言ってますが、まあこれは「あんたずっと帽子後ろ向きに
かぶってたでしょうが!」という俺へのツッコミ待ちのお遊びで
元ネタはビッグバンセオリーのペニーの父親のセリフ。

というお約束だったんで、デカイ声でヘラヘラ笑いながら
帽子を後ろ向きにかぶってるバカが、と喋ってると

急にウロタ君の顔が

167257.jpg

そしてこう

167258.jpg

なんかヘフヘフと演技を始めてる。

あ、そうか、ここで後ろに山口さんが来たなら、完璧なタイミングだなと
俺もオイシイチャンスにヘラヘラ振り返ると、
全然違う、帽子を後ろ向きに被った一般客がすぐそばに!
す、すいやせん!

話聞いてたウロタ君たちは

167259.jpg



そんな感じで他の人と話した中、印象的だったのが
中澤さんの「WFってこんな感じだったっけ?」

ぐるっと回ってきたけど洋物とか映画とかそういうものに対する
アプローチする人がプロもアマチュアも減ったなーという意味で。

確かに版権許諾の問題も年々増え、実写系アプローチなどは
古いものでも難しくなってるのかもしれません。
現行商品のクオリティの上がり具合もあるでしょう。
GK離れもあるのかも。

そこで特に不満はないんですがWFってのは、
個人の偏愛を具現化する場所、であり
それを受け入れる度量をもった世界、というのが
おそらくたいていの人の認識だったんじゃないすかね。

えー?それ作る?おーそこのシーン作ったんだ!みたいな。

変な趣味を、変な個性を受け入れてくれる、発表出来る場。
情熱をぶつけたい人と、それを受け止める度量のある人が出会える場。

ところが、今はただのつまんない大量生産状態で、
刺激を受けるような「視点」や「アプローチ」が激減してます。
アイテムは別になんでもいい。視点やアプローチ、個性の問題。
なくなったわけじゃないけど、出会う確率が激減した感がある。
激減って感じるのは相対的にということで、実際数は増えてる傾向に
あったとしても、パーセンテージでは落ちてるという事すかね。


時代っちゃ時代だし、それもまたいいんじゃないか、とも思うけど
そういう大量生産人が多く集まる場は、俺にとっては場違いなところでも
あるわけで、今は博物フェスタの方がよっぽど魅力的に見える始末。

と感じつつあるところで、今回の腐れイモ圧力問題が発生したもんで
こりゃあ俺もWF卒業のシオドキかな、と考えてました。

ここ10年参加して、ずいぶん知り合いも増えた、仕事にもつながった。
恩恵としては十分くらいの結果は出せた。人気売れっ子原型師には
なってないすが、おっさんや筋肉ばっか作って食えてる
数少ない掛け値なしの男原型師に育ったと思います。
俺の判断を信用して背中を預けてくれるメーカーとも出会えた。
こんな幸福な状況はないわけです。

単純なメーカー仕事を引き受けてるだけだったら、無駄な修正ばっかの
お抱え原型師で終わってると思います。年齢が上がれば発注しづらくなり、
とたんにポイされ若手に代わられる使い捨ての名無し要員。

そうなるわけにはいかない。俺じゃなきゃ出来ない事を確立すべく
俺じゃなきゃダメなんだとセンスと審美眼と実行力を評価してもらうべく
オリジナル活動を続けてきました。そのメインの場こそWFだったわけです。

でも、そこにケチがつくわ、周りは美少女ばっかだわ、じゃ
確かに燃えねんだよなあ。女の子は好きですよ。おっぱい最高。
吸わせてくれるんだったら、まあなんでも吸いますよねおっぱい。
じゃなくて生産性も個性もない同じ顔の美少女群れと、
それを喜ぶ人種が受け入れられないってだけ。

んじゃもう、冷静に考えてもWF出てもメリットほぼないじゃん。
通販とWEB展開だけで十分だろう。

なんてぼんやり思ってたとこ、寸前でまた腐れイモ圧力問題が再浮上。

正直サンダーロードスタイルはWF永久追放でもいいかなと思ってたけど
因果なことにそういう障害が発生すると・・・


燃えちゃうタチなんですなー。


よーし上等だぜ、てなもんで、諦観モードは終了。戦闘モードに突入です。

おかげさまで、やる気をもって今回臨む事ができました。

そして会場に出てみれば、喜んでくれる人がいる。
応援してくれる人もいる。こういう人たちを俺は軽くムゲにしようと
してたのかと思ったら、ちょっと正座で反省もんですよ。


というわけで、たぶん、次回も同じようにどういう形でかわかりませんが

どこかに必ず俺はいますぜ。

サンダーロードスタイルの旗が必ず上がってますんで、期待していただきたい。

いい造形、味のある造形、意志ある造形のあるところ、サンダーありだと理想。


俺の造形に期待されるものとまったく同じ生き方で、進むんで
絶対に媚びず、なびかず、折れることはないす。あるのは忘れ物だけ。
そして、常に、ふざけてバカにして面白がってヘラヘラしておりますんで
ご安心を。

あと、頭のテッペンから毛がなくなり始めているので、髪型だけは
カッパリーゼントに折れるかもしれません。しょうがねえんだ。
減ってきちゃってんだもん、毛。


というわけで今回のWFも無事楽しく終了。
次回はもっと楽しいといいね、ハム太郎、ヘ毛。
posted by サンダーロードスタイル at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする