2015年09月28日

9月最終週 デカケタオス週報

珍しく出たり入ったり人と会ったりする週。

の前に

申し込みました海外マンガフェスタ。

マメギョAACも含めて、白レジン方向じゃないやりたい事もあるんで、
畑違いを知りつつもエントリーしてみたわけですが・・・まだいろいろ未定です。

で、基本的にアホサンダーなんか知らない方々を相手なわけですが
申し込みに必要なのがWFでのPRカードのような告知画像。

自己紹介的な何かをと思って改めて自分の画像をほじくってみたら
ふんどしおじさんの比率の高さにガックリ。立体好き相手だと全然気にならなかたけど
カタギの、しかも2次元のよく知らない人にご紹介しようと思ったら
配れる手札がずいぶんとふんどし寄りに偏ってるじゃねえか、泣けるぜ。

しかし自業自得ということで、どうにか画像をこしらえて申し込んでおきました。

159280.jpg

ふんどしはともかく、新作やってやんぞー!です。


で、お出かけ話ですが人と会って喋った話は書けない話ばっかなので、
無害な展覧会の話。


太田記念美術館の「線と色の超絶技巧展」へ行ってきましたぜ。

159281.jpg

これは浮世絵の技法を解説する展示でしたが、話を聞いて、手法を理解し、
拡大写真を見てから実物を見ても、さっぱり理解できないレベルの精緻さ。
どうなってんだ馬鹿竹(彫り師)。
現代に生きる者として、フンドシの紐を締め直しました(またか)。

159282.jpg

159283.jpg


なんつーか、仕事でもなんでもですが、一手目で決まる。一手目が大きい。

要は地図を広げてどこに穴を掘るか決める、選択と決定、読みと覚悟が
仕事の大筋を決めるわけで、こう言っちゃなんですが、動き出したなら穴は誰でも掘れる。
他人の力が必要としても機械でも人でもとにかく掘ればいい。

こういう事言うと、すぐ「掘るにも技術がある」「掘る人も大切だ」とか
言い出す脳シワ2本の知恵足らずなご意見が出てきますが、
テメエそういう事言ってんじゃねえんだよ。
論点がわかんねえなら黙っとけ、脳がバカなんだから。とあしらうぜ。


穴がどこにあるかが問題であり、その穴でどうしたかったのかこそが問題なわけです。

こうであれ、こうであって欲しいと願う理想や希望、最初に見上げた目の高さで
仕事の本質は決まるんだ、っつー話です。

良い穴、優れた穴を掘る為の修練や技術の革新は当然不可欠ですが
到達する地点をイメージし、目の前の壁を突破しようという無茶な理想が
技術を革新させる原動力となりえる。

理想ってのがさ、必要だぜ。それがねえんじゃ話にならねえ、って話です。



で、他に近々で絶対行きたいというか行かねばならない展はこれ。

159284.jpg


最近手に入れたオモチャというと、これ。

159285.JPG

は、どうでもいいとして、話は理想に戻りますが、これは矜持と言い換えることも出来る。

きょうじ【矜持・矜恃】自分の能力を信じていだく誇り。プライド。

安っぽい無根拠な自尊心ではないですぜ。

どっちかつーと意気地に近い。自信を根拠の気構え、意地。見損なうな、という気概。

なくたって別に悪くはないす。能力や技術だけでも十分素晴らしい。

たださ、魅力に欠けるんだよ、意地や誇り、理想のないのは。

うすっぺれーなとしか思えない。安い刺激求めてごくろうさん、としか思えない。

先日見終えたドラマのフラッシュは、
「スウェットスーツでも変なコードネームでもない、彼はフラッシュになる」
という製作側の確固たる信念と矜持が結実した、実に見事なドラマ化でした。
いろいろ苦労はあったと思います。それでも最初に掲げた理想を投げ出さなかった。

159286.jpg

そういう必死な信念や理想に触れた時、俺らも誇らしいし、元気が出てくる。

創作とはそうあるべきだし、それこそが価値だと思っております。

世界はどうあれ、俺はそうあるべきと信じているわけです。

だからますます他人の顔色は伺わないで、カッコいいの作りたい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする