2015年11月30日

11月第最終週 ダングリング週報

さて、先日、造形王パウリーゲットしましたぜ。

そりゃまあ俺も関係者のハシクレですから、どういう出来になるかっつーのは概ね聞いてました。
もうちょっとここはこうならんのですか?いやそこをなんとか的な会話も当然ありました。

大量生産なので、多少の劣化は覚悟の上でしたが、なかなかに今回は厳しい。
譲って譲って、妥協案を飲みに飲んだのに、現実とは厳しいもんでございます。

だが、聞け、夢に燃える若者達よ。燃えてないヤツは聞かなくてよろしい。

命を張った努力が全て形になって報われると思ってはいけない。
世の中とは得てしてこういうもの。だから運不運なんつー考え方も出てくるわけです。
善意や向上心が実を結ぶとは限らない。それが現実であり普通の事。

そういうのひっくるめてが「結果」です。

本来はそれらを見越して、発生するエラーや不備を予測した上での造型がベスト。
同じ時期の中澤さんの悟空なんか、造型のみならずそういう点の考慮も含めて完璧。

その点でのパウリーは最初っから崖っぷち勝負を挑んでいたので、文句を言う筋合いはございません。

俺はほら、サンハウス大好きですから
一本きりの綱渡り、ここは地の果て地獄の手前、危険承知の荒療治、命いらぬヤツはついてきな。
というノリでチャレンジを・・・・

するわけねーだろ!

危険を冒すのと同じくらい、危機予測と回避準備が大好きな理詰めの知性派なんだぞ俺は。

だから十分、確認と布石は打っておいたはずだったんですが面白いくらい崩れ去る理想。


これが

こうなって

1115301.jpg











こう

1115304.jpg


腰が抜けるほど驚いたが、まだ調整が効かないわけではないかもしれない。


俺もリペイントの技術はねーから、簡単に直せないけど

たぶん少しゴーグル下げて、

出来れば歯も引っ張りだして

あと眉はガっと下げて描き直して、目は逆にもう少し・・・






1115302.jpg

ま、正直、パッケの写真を見せられた時は、2日間ほど力が出ませんでした。

脱力としか言いようがない。これが名前の出ない仕事なら、まあしょうがないすよねで
済ませられるけど、名前出ちゃうと話がほら、変わってくるじゃないすか。
そう思ってスゲー力入れて作ってたわけだし。

だいたいディスプレイの台座が8mmになりますが、という連絡を受けた時

信じられない単語を耳にした俺は聞き返しましたさ。

1115304b.jpg

ミリとな?




即座にケタ間違えてんじゃねーすか?とは言ったさ。もちろん。


「またまたぁ、ウソでしょ?」
1115304c.jpg


あるわけねーんだから。8mmなんて。小指の爪だってもうちょいあるぜ。

でも、間違いなくハチミリだと言う。あのイッセンチ以下のハチミリ。
本当に台座の高さは、8mmだけど、どうします?なんて話を進めてくる。



「ウソじゃなかったのかよ」
1115304d.jpg

だから俺は言いましたさ。じゃあもう地面に置いていいっす・・・。

一応、製品の経年劣化を検証するチームのご意見だと、こうじゃないと
ダメなんだそうで。あれ?他平気で浮いてるのなかったでしたっけ?
ロープが厄介?それとは完全に別問題のような…はあそうですかとにかく無理、と。

しかしその尻餅フィギュア確定の段階で、俺は考えてましたぜ。

吊るすんだから全然関係ねーぜ、わはははってな。


そもそもだ。

ロープキャラが決定した時点で、俺はこれを意識してました。

現状最強の吊るしフィギュアの雄、


1115305.JPG

オシシ仮面

その吊るしフィギュアの王座は職長がいただくという目論みの元、

こういう計算が為されていたのであります。


まず、ベルトにあるリングの中に穴を開けてテグスを通す。

1115306.JPG

ポーチの紐に隠れるようにある穴がそれで、

そこから直線で手元のロープの曲がった頂点を結ぶわけですが

1115307.JPG

それを見越して、ジャケットに少しだけ「跳ね」というか「めくれ」が
あるでしょ。ここが吊るし用の造型でした。
そのラインに従ってテグスを通すつもりだったわけです。


で、もっとも先にあるナイフと、先端の結び目の間を通せば

1115308.JPG

形状を維持しつつ意図通りの重心でポージングする、吊るし職長フィギュアの出来上がりだっつーの。

回せるっつーの。楽しいっつーの。

1115309b.JPG

くるくるくるーっとくらー。



物事は良い面も探さなければいけない。

大量生産は劣化だけではない。


商品化における太陽の当たる面、サニーサイドとは何か。

そりゃ素材が置き換わったことによる、圧倒的な丈夫さ。強化。


量産することにより付加された、強力なプラスアルファ、
ポリビニールナンタラカンタラをナメんじゃねえ。

つーわけで、ロープの右手の持ち方を変えて


伸ばーす!


11153010.JPG

伸びも伸びたり、この長さ。

なんと全長80センチのフィギュアの出来上がり。すげーな。

コップ1杯の熱湯でノビノビだぜ。がー、楽しい!

先日全長40センチのダブルチェーンソウをこしらえて、だいぶ
関係各所にご迷惑をおかけしたことが記憶に新しいすが、その前に
伸ばせば80センチのならんとするフィギュアをこしらえてたのであります。


さらにそれを

吊るーーす!

11153011.JPG


おおー、これぞロープ!

ここまで大胆に原作に近づくポテンシャルを秘めた人形があったか。

そもそもが、伸びてこそのロープ。オモチャ最高。製品最高。

どうよ、いちおうここまで考えて作ってたんだぜコノヤロー。

W7の空中感を表現できてんじゃねーか。

タンポ印刷のズレ?ちいせえ事を気にすんな。吊るそうぜ、職長をよう。



集めて並べたいっつー普通のワンピースフィギュアファンには
妙なポーズで迷惑造型だったかもしれないというのも承知してます。
並べやすさを期待していたコレクター希望の方々には、意にそぐわず申し訳ないと思うし
事故の少ない確実な原型を期待していたバンプレストさんにも面目ないと思うけど
やっぱりサンダーロードスタイルで問われる限りは、フィギュアすなわち
玩具の可能性にも挑まないわけにはいかねーぜ。

パウリーを好きな人だったら、やっぱり逆さ吊りにしたいだろうし、
その期待に応えられないようじゃ、男がすたる。

まあ空回りで終わった感もなかないし、自己満足だと言われればそれまでですが
誰よりもパウリーを考えた末に、納得行く道を選ばせていただきました。

そんで商品を手にとっての、この感覚。
悪くないぜ。想像してた楽しさがあるぜ。

大量生産の荒波に揉まれコテンパンにやられたものの、それでもなお残る
オリジナリティとリスペクト。いやーくだらなくてカッコいい。理想だぜ。

作品としても商品としても、俺が考える造形王はこれにて完結。

まったくいい挑戦だった!
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

11月第4週 ショクチョー週報

俺があの世に行ったら、まず殺さなきゃいけない神が何人かいるんですが
その筆頭が大豆の神。

豆腐が大好きで、自分で作るほど、3食1丁ずつ食うほど、豆腐に対し
ビュンビュンに尻尾振ってたのに、大豆の神は俺を大豆アレルギーにしやがりまして。
過ぎたるはなお及ばざるがゴトシじゃねーんだよコノヤロウ。
おかげでモヤシも食えねーじゃねーか。
俺はまだ普通の人の人生の3倍しか豆腐食ってねーんだぞ!テメー神!

つーわけでまさかの豆アレルギーという最弱キャラ的特徴が付加された俺。
気管が腫れる大豆関係にはかなり敏感になってるわけですが、最近は大豆タンパクを
こっそり肉に混ぜたりしてるのが多い。発酵した大豆タンパクなら平気なんすが
そうじゃない粒状大豆なんたらみたいなのは、もうなんのセンサーが働くのかわかんないけど
飲み込む前に口に含んだだけで???っと来る。
で、飲み込んじゃうと喉が腫れるのでよくわかる。

市販のハンバーグなど肉系にはこの大豆エキスがバシバシ入ってきてるんですが
おかげで食えなくなったもんが多い。すっかり外食は命がけだし、なにげに高級志向ですよ。それはそれでいいんすけど。
で、客層が下品で店が薄汚いという以前に、同じ症状でマックでノドが腫れるようになり、
行かなくなったわけです。まあなんか混ざったんだべな、と。
基本的に「In-N-Out」に代表されるショボバーガー大好きだし、ダンボール食ってるみたいで
これはこれで受け入れてたマックも、そうなったらもう無理。
でも行かなくても全然困らないのでいいかと思ってたら、まさかのハッピーミールで

ペパーミントパティ。

23a1.jpg

変な映画は見に行かないけど、原画展で一番感動したのがペパーミントパティ。

で、実物見て出来が悪かったらいらん、と思ったけど、けっこうな具合でいい出来じゃねえか。
プルバックというのも憎い。チャーックと突っ込んで行くのを見守るマーシーが見えるぜ。

ダンバリーのコレが欲しかったけど、

23a2.jpg

もうこれでだいぶ満足。



さて
現在、バンプレストフィギュアコロシアムも投票大詰めですが
前回の参加作品、パウリーも今週から稼動の予定です。



ので、パウリー製作記。


ご興味のある方はこちら
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

11月第3週 ゴネンゴシ週報

本日は海外マンガフェスタ。
朝4時まで仕事に追われ、タイトできつかったというのもあったんですが
それよりなにより、現場に着いたらブースの広さが

1511151.JPG

タイトすぎる。後ろにあるツイタテまでがブース。
椅子も引けなきゃ荷物も広げられない。

しかも表記にあった180×100という机の幅を信じて展示物を用意したのに
行ってみたら、180×50。もう全然置けねえじゃねえか!
どんだけ苦労して計算してモノを揃えて梱包したと思ってんだ。

それでもどうにか臨機応変に体裁を整え、展示。

1511152.JPG


で、背後までが狭ければ隣とも密着。
つまり、ブースに出入りするのは机の下をくぐって前に抜けるしかない。えー!?

その机もガタガタで人形は怖くて置けない。背中のパーテーションには椅子が乗っててガタガタ。
しかもそれは背面側の人のオプションパネルらしく、なんか貼られるたびに
ガッタガッタと、そこらじゅう昭和の線路脇の安普請アパートか。

つーわけで、俺の中では史上最低の展示会で、ついた早々やる気ゼロ。
マジでポッキリ心が折れる音がしました。
で、10分ごとに時間を確認するが、経たねーんだな、時間。

ただただ良い出会いがあれば、とだけ願ってましたが思いがけない出会いもあり。
俺の方から握手を求めるくらいの話で、その時だけはテンションアップ。
14時に撤収しちゃうぞと思ってたのを15時まで延ばそうと決意するほど。

そこで大会運営の責任者が来て、出展してどうですかなんつーんですが
どう、の段階でツバがピューと飛び俺のブースに!

バーツーが俺のスーブーに!!

と思ったけど、さきほどの出会いショックで上機嫌だったので、立体は場違いだったけど
ちょっと救われましたなんつって、笑顔で応対したものの、後で考えたら

このブースの酷さを猛抗議するのを忘れてた!コノヤロウ!机の下から出入りしてみろ!
責任者戻ってこーい!

っつー感じでした。

いやーつくづくWFって素晴らしい居場所だなと痛感。


というタワゴトはともかく

ここ一週間チマチマ書き溜めてた、ショウリンカウボーイ製作記。

またしてもバカみたいに長いので、ご興味のある方はどうぞ。
ショウリン・カウボーイ製作記はこちら
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

11月第2週 超人ホイホイ週報

Gecco製ガッツのレビューやら、もう売られているらしいショウリン話やら
いろいろ書きたい事はあるんですが、順番からして、牛話。

今回はバッファローマンの製作記です。
ここ数日チマチマと書き進めていたので長いうえに、さほど面白くはないですが。

それを書き終ってから、「GILLGILL」の塚田君のシレーヌ製作記を見つけ
読んだんですが、鮮烈な印象を受けて読後が気持ちよかったです。
青春か、っつー。 造型する人は読んでみるといいぜ。

それに引き換え、俺のはシレーヌの1/10くらいの作業量のくせに
文章量は20倍くらいあるような気が。軽く屁こいたらミ、くらいのがっくり感。
我ながらしょうがねえ野郎だな、という自覚はちゃんとあります。安心して下さい。

つーわけで毎度の事ながら、酔狂な方だけ続きを読んで下さい。


というわけでバッファローマン製作記はこちら
posted by サンダーロードスタイル at 00:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

11月第1週 キャオラリック週報

海外マンガフェスタの卓番号が決まりました。

C−06

正直予想していたイベントとちょっと違っており、どう対応したもんかなと迷い中。
あっちのイベントみたいに売り込み、青田買いの嵐みたいなのが吹き荒れるのかと
思ってたら、なんか同人誌即売会の端っこで海外雑貨部門があるみたいな感じらしく
他みるとゴリゴリのアメコミではなく、優しいイラスト同人誌とかポストカードとか
売ってるみたいで、そこにGK持ち込んだところでなあ。
つーわけで、ポストカードを刷ってみたりする。なんだそりゃ。デザインフェスタか。

1511020.jpg

早くも相当な場違い感を感じつつありますが、ま、とにかく様子見だな。
ウィルスポータシオのサインは欲しい。Xファクター発掘して持っていきたい。

とはいえ結局これキッカケで作るはずだった新作も進めておらず、そうこうしているうちに
お年賀造型の季節じゃねーか。こっち来んな正月。くそーここからさらに気合入れんのか。



あとはこちらが、予約開始しました

1511021.jpg
予約はこちらから



鬼のように種類が出てますが、売り方に関してはこちらも驚いてるくらいなんで
原型師側としてどれがオススメとかは特にないです。全部カッコいい肉ついてるぜ。
アーマーはすげー苦労しましたし、量感豊かでキマってますが、裸の筋肉ぶりも
味わって欲しいので、サイフと相談して選択してみてください。
今月いっぱい予約を受け付けているそうなので、熟考の余地あり。

バッファに関しては後ほどちゃんと製作日記を書こうと思ってますが、
先週納品がてらCCPにて打ち合わせに行ってきました。
今後まだまだサンダー肉関係は火を噴くことと思いますのでご期待の皆様、お楽しみに。



さて、

先日、CSでこれやってました。

1511022.jpg

漫道コバヤシ、板垣恵介Sp

漫勉とは別角度で、作者の人となりがよくわかる番組ですがいつもは若干鬱陶しい
脱線とチャチャが今回はビシっと合致し、過去一番面白かったわけです。


人間は出会った時、直感的に親和性を感じる人と感じない人がいます。
体内バクテリア説や、遺伝子判別説などいろいろありますが、
俺はどっちかつーと道徳基盤というか基本的な社会性を共有しているかどうかと
思っているわけですが、俺はこの第一印象の直感的な親和性にだいぶ重きをおいてます。

偏見のないフルスキャン状態の第一印象は、脳があらゆる印象と情報を瞬時に並列処理してるわけで
動物的本能ともいえる原始的な好き嫌いと、経験による知性の情報処理が行われてるわけです。

そこで得た膨大な情報を系統立てて整理したり、その意味を理解できるようになるまで
少し時間がかかりますが、概ね最初で、んー・・・?って人はどれほど付き合っても
その後その印象を変えることはほぼないと、経験から判断してます。


刃牙の監修で板垣先生の所には何度かお伺いしました。
が、この場合は少し特殊で、第一印象ウンヌンの前にまず、怖い。
粗相があっちゃまずいし、ビジネス相手としても下の下の立場で接するわけで
細心の注意を払って監修していただくわけですから、まー緊張する。

とはいえそうは言っても人間に会うわけですから同じフルスキャンが行われることになります。
板垣先生の場合、大先生でありながらかなり人懐こい印象がありまして
瞬間的に親和性を感じました。

俺の中では、漫画原作修行の時、あまりに漫画を分解して学ばされて一時期
漫画が大嫌いになった時がありました。もう何見ても計算づくのモノにしか見えず
姑息な商業主義にしか見えず、ほとほと漫画が嫌いになりまして。もうヤメちゃおう、と。

そんな時に読んで衝撃を受けたのが刃牙でした。いや、これはスゲーなと。
セオリーはともかく、男の子はこういうのを目指さなきゃいかん。
これをやってる人がいる限り、諦めるのは早すぎると思ったもんです。
主人公を女の子にしろと言われても、まだ逆らえる余地がある、いいや逆らえと。

そんなパワーをいただいた作品の作者ですから、個人的には別の意味で緊張したんですが

いやー、と始めた先生の話が、今、牛丼屋でメシを食ってきた、と。

ただ牛丼を食ってきたんじゃなく、1つ1つ注文したんだ、と。
フルコースの順番で、前菜、スープ、肉、野菜とかなんかそんな順番で酒含めて
ゆっくり料理を注文してみたんだ、と。

で、味わって食ってみたけど(たぶんモニュと)なかなか満足度高いぜ、という話。
1個1個はたいしたもんじゃないし、安物は承知なんだけど、店も面倒臭い客だと思ったろうけど
対費用効果の満足度はロブション(比較対象がそれ)よかいいぜ、と。
注文の紙がこんな束になったけど、面白かったなー、と。

楽しそうに話している姿からその食事の光景がありありと浮かんでくるわけです。

板垣グルメマンガそのまま。

普通せいぜいが盛ってもこの程度の話なところ

1511025.jpg


やっぱしマジでこのまんまだった。


1511023.jpg

その話す内容、話す所作、声のトーン、表情。
そりゃ一発でハートはワシ掴みにされますぜ。
作品と切り離したとしても、そんなクダラネーことを1人で嬉々としてやってくる男に
興味を抱かないわけがない。


で、番組に話が戻りますが、番組ではそんな板垣先生の人柄が炸裂しており
実に微笑ましく、また興味深く、そして胸打つ内容でした。
ああ、やっぱり親和性を感じた人物は、作品に対する真摯さも違うな、と。

自分の作品の重要シーンを思い出して感極まる作者の姿を見て、
やっぱ何かを感じるわけだわ、と再確認。
作品への本気はちゃんと作品から人に伝わるんだな、と。

モノを作ろうという人は、この回は見た方がいいと思います。
商売で作るにしても、矜持が必要。

ちなみにその後の監修でも、貴重な資料を貸していただいたり、懇切丁寧に
技の理由や理論を説明していただいたり、こちらの疑問に対してこれまた貴重な
品を直接見せて説明していただいたり、範馬刃牙の最終回の時なんか市場に出回る前に
作者直接の説明付きで読ませていただいたり、大変貴重な経験をさせていただきました。

しかしド徹夜明けでハブ酒を振舞われた時は、

1511024.jpg

一口ナメるのが精一杯。

でもそういえばその時、武蔵の首を酒につけて飲めば、みたいな話をしたんですよね。
軽く思い出すだけでポコポコ話が出てくるけど、つくづく作者直接監修は贅沢です。

つーわけで今回、モグとモニュの違いなどにも言及した漫道コバヤシ。
次回も必見だな。
posted by サンダーロードスタイル at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする