2017年05月22日

5月第4週 サイドショー週報

引き続きそこそこ命を削るだろうなと思ってた先週、
無事削り終わってまたしても死にかけ状態だったのに

翌日、

あろうことか朝6時半起きで出かけてきたのは

175221.jpg

国立歴史民俗博物館。

房州は佐倉まで片道2時間。遠い。ふざけんな。駅から15分歩くし。

でもなんで無理して行ったかというと、

175222.JPG

そして20日には特別上映があったからです。

175223.JPG

しかし結論から言いますと、大阪でやってた
みんぱくこと国立民族学博物館での展示がこれだったのに対し

175224.jpg

れきはくこと国立歴史民俗博物館の展示はなんとこの小さな1室のみ。

175225.jpg

見世物展示を期待して行った人がいれば、間違いなくインチキだ!と
なりかねない、ショボ展示。大阪に行きたかったなー。

しかも見世物文化というより完全に人間ポンプ安田里美を大フィーチャー。

里美の根性を主に見せられるというまさかの大カオス。

175226.jpg
(ブーーッ!じゃないっつーの)

どうやら人間ポンプは3人存在したそうで、その中でもっとも新しく
最後のポンプがこの安田里美氏だそうで。

小さな特集展示の部屋でまず里美VTR(ひさびさにガビガビのV)を
10分見られます。


内容は、
●コインを飲んでから紐を飲んでコインの穴に紐を通して吐き出す。
●生きた金魚を3匹飲んで出し、そのうち1匹は釣り針をつけた
糸を飲み込んでそれで釣って出す。
●鼻に鎖を入れて口から出す。
●碁石を飲み込んで指示された順番で出す。
●ガソリンを飲み込んで火を噴く。
●目に紐付きボタンを入れてバケツを吊り下げて本人が回転する。
などを見せられるわけです。


そもそもなんですが、俺が見たかったのは悲しい見世物の歴史。

親の因果が子に報い、奇怪な鱗が全身に・・・みたいな
緑の手書きの襦袢を着た娘を、カーテンシャっと開けて
シャっと閉めるみたいな、本当は見ちゃいけない
悲しいインチキを期待してたわけです。6尺の大イタチとかね。

ところがそんなのはタコ娘の「台」の展示くらいで

175227.JPG

とにかくなにがなんでもの、人間ポンプ推し。

そして目当ての13時半からの講演と上映
90年の「浅草木馬亭公演」の里美映像を講堂で流すわけですが
260名の定員に対し、ほぼ満席!どっから集まってきたんだ?

そして始まったのは、かなりきれいな映像になったものの
さらにお年を召した安田里美が登場し

いきなり
●鼻でハーモニカを吹く。
そして碁石や鎖を飲み込んだ一連の後
●カミソリの刃を飲み込む。
●鈴を飲み込んで体内で鳴らす。

さらに気合術なるパートに入ると
●紙でバケツを吊り上げる。
また目にボタンを入れバケツを吊り、さらに高速回転。
●腕に針を刺してバケツを吊り、さらに水を入れて回転。
●頭で瓦を割る。
●割ったビール瓶の上に寝て、腹の上の石にハンマー。
最後に、またガソリンで火を噴く。

など、実際は実に90分にもわたるワンマンショーだったらしい。

のを、見せられる俺。

途中、何度か気絶。

エレファントマンみたいなことになるのかと思ってたら
軽快な鼻ハーモニカから始まり、これほど多彩な芸を一人の人間に
詰め込むのかという、期待してた見世物ではなく
見事な芸人の生きざまを見せられた感じでフクザツ。
注文した料理と違うの出てきたけど、チョー美味ぇ!みたいな。

そもそもアルビノとして生まれて、4歳で興行に売られた彼は
最後ほとんど失明状態でありながら舞台で芸を披露し続けたわけです。
記録映像の段階で、ほぼ手探りでやってました。

一歩間違えば、というギリギリの芸は現在の我々が見ても
うおお!マジで?お爺ちゃんヤメてー!と思うようなものから
鼻ハーモニカの抜け具合かつ、軽妙な上手さとか、見せる為に
不快にならない明るさと工夫の素晴らしさに、安田里美最高!という感じに。


こっからマジメな話になりますが、

見世物の歴史は映画の歴史の前身でもあり、障害者の歴史でもあります。
俺はずっと障害者の中で生きてきましたから、光も闇も見てきて
とても他人事ではないという部分があるわけです。

根性の曲がった障害者もいれば、極めて知的な障害者もいる。
根性の曲がった健常者もいれば、極めて愚鈍な健常者もいる。
ここの線引きは、身体上の特徴でしかなく、笑われて平気な人と
そうじゃない人がいるくらいで、身障者も健常者も区別はないわけです。
笑わせたい人は笑ってやるべきだし、そうじゃない人は守られるべきというだけ。
そこを利用しようとするクソどもは断固憎まれてよし。

実際、ウチはバリバラ見て爆笑するけど、アメトークの3流やらせ芸とかは
吐き気がするくらいイヤなんで見ないようにしてます。
どっちが客をナメてるかは一目瞭然で、俺は単純にナメてる野郎は耐えられない。

ただどちらも歴史上は事実であり、どちらも同じ時間に放送されてる。
その内容を正しく記録し、提示することによって後世に判断を任せるのが
学問のとるべきスタンスであって、公平な立ち位置と言えます。

その点で、今回のれきはくの展示は通常展示と同様、実に腰砕けの
偏ったもので、がっかりでした。人の生み出した闇から目を背けてては
光の価値がわからないっつーの。だからこそ、今をより良くしようという
勉強のタネにならないっつーの。お前らがいる安全清潔な部屋から
気遣うケチな気遣いごときでは、全然救えないくらいのハードな傷を
バシバシ負ってそれでも毎日生きてるんだみんな。人間ナメんなよ、マジで。

そういう複雑さの他、テキヤの知識としての見世物興行の立ち位置とか
いろいろ興味深い点があったんですが、全部が全部食い足りなく、残念でした。


しかし!

安田里美は凄かった。正直、これを見世物というカテゴリーに入れるには
間違いなんじゃないかと思うくらい、芸。

上映の後の講演では専門家であり安田里美一代記本の著者でもあり
人間ポンプについて探偵ナイトスクープからの問い合わせも受けたという
本物中の本物の先生が説明してくれるわけですが結局
人間ポンプがどうやってるか、わからないという結論に!

マジデ!?わかんねーの!イマドキ??研究してたんじゃねーの???

碁石を分けて吐くのに那智黒石を水につけて温度差によって体内で識別して
吐き分けるとか、理解不能な話も出てたんですが、とにかく今もって謎。
そういう意味では神秘、そのまんま。

あんまり素晴らしかったので、

175228.JPG

記念にペナント買いました。


あとTシャツ。

175229.JPG

バカだから毎週Tシャツ買ってる気が。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

5月第3週 ガッキー週報

これは本格的に命を削ると思ってた先週、無事削り終わって
死にかけ状態でどうにか新宿で原型を手渡し、その足で
そうだ紀伊国屋の洋書と映画本コーナーに行って、
ササクレ立った心の表面に知的好奇心というニベアを
塗りこもうと思ったら・・・


175151.JPG

紀伊国屋・・・なくなってんじゃねえか!看板あんのに???

いくらなんでも、新宿でこのレベルの本屋までなくなっちゃうの!?
クソみたいに人がウロチョロしているのに!?
バスターミナルも出来て、ますます繁盛しそうなもんなのに!?

誰かが人生を賭けて書いた濃密な本や、成長を願って思いを込めた絵本や
その他いろいろ、何階にもわたってぎっしりと詰め込まれてた
膨大な人類の叡智が、ゴッソリなくなってるという衝撃。

そんで代わりに入ったのが、

175152.JPG

お値段以下、ニトリ!

このビルには俺が一生かけても読めない量の本が詰まってたんだぞ?
多様性を失った代わりが、粗悪品のクソ安家具?ご冗談でしょ?

マジであぶく吹いて失神するかと思った。完全に理解不能。

いくらなんでも駆け込みの本屋経営ならともかく、新宿で
紀伊国屋がそんな事になるなんて考えてもみなかったもんで
突きつけられた現実に30分くらい放心状態になる。
それにまつわるいろんなものも見えてきて、ますますショック。


その後、浅草で(わざわざ)ラーメン食って秋葉原でアメコミ買ったあたりで
完全に体力を消失。

しかし今日のメインは渋谷。まだ移動しなきゃいけない。

死んだ体はかろうじて俺の指令に応えているがもう

こんな感じ。

175153.jpg

今日を逃せばもうチャンスはない。
リザーブタンクにわずかに残った気力を消費しつつ向かったのは

175154.jpg

『ロッ研ギターショー at Amrita Custom Guitars』

最初に断っておきますと、音楽に関して俺は何もわかりません。
バンドやったこともないし、ライブにもほとんど行ったことがない。

しかし誰でもそうだと思いますが、人生において絶対に音楽は欠かせない。
スゲー好きな歌手もいますが、その一人が忌野清志郎。

そのギターが飾られてると知ってどうしても見に行きたかったわけです。

ちょい前、写真家埴沙萠氏の撮影道具を見た時は、その人と会話しているかと
思うくらい人となりが伝わってきました。傷の位置やナレ具合、道具から
人物そのものが浮かび上がるかのよう。

男が使った道具をこの目で見れば、必ず何か感じられるものがあるに違いない、と
完全な門外漢ながら自信をもって出張ってきたという次第。


先日、清志郎のギター本が出ましたが

175155.jpg

この展示会をやると聞いて先に読んで答え合わせをしたくなく、
見るまで買うのを我慢し、己の感性だけを頼りに見たいと願ってたわけです。


以前、清志郎人形を作った時、

175156.jpg

175157.JPG


ギターを何にするか悩んだ事がありまして。

エレキではなくアコギにしたかったのと最終的に中野六区からの出馬姿を
作りたかったので、いろいろ調べたあげくギブソンのJ200というのに
たどりつきまして。
(当然ギブソンも知らなければギターにそんなに種類があるとさえ
思ってないレベルが調べるわけですから、難航)


それを1/6で買えればラクでいいなと調べたら、エルビスの人形が
それを使ってる。夢助のレコーディングの時に現地で買ったのは
たしかこんな感じだったので、いいんじゃないの?
サンバーンは後で吹けば楽勝だろうし

と思って買ったら、全然小さい。

175158.jpg

ちなみに本物のサイズ感はこう。

175159.jpg

使おうと考えてるサイズと比較したらこう。

1751510.jpg

これはネックだけ流用して他は自作するしかないということで、
いずれマジメに作る前の仮モデルとして、これを製作。

1751511.JPG

1751512.JPG

結局、仮のまま、全然ほったらかしなんですが
そういうわけで、少しは作ろうと思って見た分、
何か実物を見ればビビっとくるものがあると信じてたわけで






全然来ない。

というか、ギター、全然わからない。やっぱしわからない。

抱えている姿の想像すらできない。傷を見ても人間が浮かんでこない。
絵や彫刻を見て感じられる怒涛の情報が、沸いてこない。

これほど音楽は、いや楽器とは俺から遠いもんなのか・・・

と改めて思い知らされた次第。

でも、そういうのとは別にペタペタ貼られたシールの
ミンキーモモからプリプリベイビーモモちゃんが貼ったのか、とか
会場におられた山本キヨシ氏のご説明で、グロールシュビールの
ストラップロックはこうだったとか、

1751513.jpg

お気に入りギターの裏面の写真を見せてもらえたりとか、
クロッパーのサインを見せてもらえたりとか、
アットホームな感じで少しだけロッ研の匂いは嗅げたような気がします。

ちなみに入場するとバッジを貰えて入場しなくてもTシャツが買えます。

1751514.JPG

展示部屋以外のスペースは写真撮影可能で、ギターケースなどが。

1751515.JPG

あの

1751516.JPG

SAKUマシン人形もあり。


なんにつけ、本物を見る機会は逃しちゃいけないと思います。


じゃ、スゲーバカみたいだけど原画あるならマーベル展も行くかなあ。
でもスパイダーマンのとこでマクファーレンの原画が見えたからなあ。
そのズレっぷりにまた行く気が失せるんだよなあ。

で、ヘロヘロの帰り、ソフトクリームが食いたくなりヒカリエの地下で
しょうがねえジェラート買って食ってると、荷物番してて後から買いに行った
ツレアイが通路の向こうで

1751517.jpg

????

そしたらこっちに向かって、すごい勢いで走ってくる。

バツのまんま! コエー!

これは


1751518.jpg

フライングクロスチョ・・・

「それ豆乳入りだって食べちゃダメー!」

と、ジェラートを取り上げられる俺(←男涙の大豆アレルギー)

いやこれ、マンゴーとオレンジのだから全然・・・

「全部豆乳入ってるって!」

入ってるわけねーって、だってジェラートってのは

「お姉さんが全部入ってます、って!」

バイトのねーちゃんのタワゴトなんかアテになんねーって。
だいたい一口食って俺のセンサーが反応しねーんだから
入ってねーよ。ヒャクパー気づくもん、含まれてたら

「全部入ってますって・・・言ってた!(怒)」

というわけで、反論むなしくやっぱりアイスを取り上げられる。

結局、結果豆乳反応はなし。微量だったのか入ってなかったのか
バイトのねーちゃん情報の真贋はともかく、
俺のペプチドセンサーなめんなよ。
こと大豆に関しては勘が超スルデーんだぜ?

そんな事より疲れた体でせっかく求めたアイスを奪われたショックで
この弱った俺が死ぬっつの。というわけで、その後お爺ちゃんは
16時間、昏々と眠りましたとさ。おしまい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

5月第2週 エビ汁週報

お前の落とした斧は金の斧かそれとも・・・

って、金なんか落とすわけねーだろテメー神様コノヤロウ

金で斧つくるバカがどこにいるんだ


俺の斧は、

17581.jpg

石だ!

つべこべ抜かしてると湖にションベンしちゃうぞ!

という感じでゴールデン無用な今週。

TVをほとんど流さず映画ばっか流してたので
チマタがゴールデンなのかどうかはほぼわからないまま。

余りに暑くなった作業場で氷を消費しまくってたら
ツレアイが出かけたついでにスタバのアイスコーヒーを買ってきてやるなどと
生意気を言いだす。

いろいろ飲み飽きてたので、仕事場に届くならなんでもいい。
じゃらじゃらと氷を鳴らしてたっぷりとベンティでも
届くのかと思ってたら

持って帰ってきたのが


17582.jpg

プロメテウスの黒汁程度じゃねーか。少ねーな!

どういうことだ!

17583.jpg

引っこ抜かれてーのか、首!
と無駄に噴き出す暴力衝動を飲み込みつつ話を聞いてみれば

持ってくる間に氷が溶けちゃうからアイスアメリカーノの
グランデを氷抜きで頼んだらアメリカーノはエスプレッソを
お湯で割ったもので、氷を抜きにするとアイスグランデアメリカーノは
結局ただのエスプレッソ3ショット分。

それをお持ち帰り用真空ボトルに入れてもらってきたら

17584.jpg

ま、プロメテウス汁よりは少し量が多いけど、そうは言ってもせいぜいが
ディストリクト9のエイリアン汁程度。

これ薄めて飲むのかよ。SFだな。

というのが今週最大の事件。

それ以外はずっと仕事。

もう今週は放っておいてください・・・。
posted by サンダーロードスタイル at 02:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

5月第1週 サンダリン週報

先日のキン肉マントイフェスティバルにてトークショーにお越しいただいた皆様
ありがとうございました。
だいぶ時間が押す中、強烈なライトの向こうを見る限り結構な人数に残って
いただきまして本当にありがとうございました2。

175011.JPG

左から天下一稲坂、サンダー俺、ダイナマイト延藤社長そろい踏み。

企画や調整を稲坂君がして、俺が作って魂宿し、延藤社長が生産管理した結果の
アシュラマン2.0。実は彩色した製品を見たのは、俺も稲坂君も昨日が初めてで
パッケージに入った状態を見たのは延藤社長も初めてと言ってました。
全員、初めて見て、おおー!と感動。原型段階で取りこぼした要素も
製品時にきっちりカバー(腕輪とか)2重3重の愛情体制。こうでなくっちゃ。
いやー、いい商品で一安心です。

さて

当日まで俺の方がどういう動きだったかと言いますと
トイフェスで6騎士サンシャインを展示したいという話が出てたので
それに合わせて超特急で作業してまして、当日展示したのがこちら

175012.JPG

175013.JPG

完成度80%。

サンシャイン話、いずれ書くかもしれませんが
今回のトイフェスを外したくなかったのは、アシュラ2.0を買った人も
サンシャインを欲しがってくれるように、というアピール場所として
理想的だろうな、という事から。

技発動前、キャラの内面、忠実な再現度など、2.0としていろいろ考えて向き合うと
6騎士サンシャインというのは、実は出番が少なく、絵も情報も安定もしてない。
でも、ものすごいインパクトがあったわけですから「何か」があるわけで
それを今回出さねばならない。2.0として。

その答えがこの砂地獄。

後の友情を思えばこそ、この2人は一緒に飾ってやりたい。
もちろん単体で立ちポーズにもなりますし、単体での砂地獄も
十分絵になるようにしてあります。

しかし、加えて、もしもアシュラと並べるなら
当時アシュラと一緒に戦線に出たとすれば原作にはないけど絶対に
サポートしたかったろうなとの判断での砂竜巻台座つき。
(ちなみに砂竜巻台座は数日前まで延藤社長も稲坂君も知らない
完全俺判断なので製品化するかどうかはまったくの未定。)

そう思って作って、まさしく作業場を砂地獄にしながら作ったわけです

が!

前日

明日についての連絡は一切来ない。仮にもイベントスケジュールに名前を載せてる
それなりにその場にいないといけない人物であるはずの俺に、明日の情報が全然来ない。

175014.jpg

しかし原型の進行具合がマジでそれどころではないので、マジメにサンシャインに
砂をまぶし、その後考えることにする。



当日

自己判断で現地集合という流れだな、と理解した大人の俺ですが
一応開場1時間前に行ってみればすでに稲坂君到着。

準備をする延藤社長率いるCCPスタッフと合流し、いざ開場。

となったのはいいんすが、俺、物販イベントは初めて。
売る気マンマンの場所にいたことがないんすが、開場してみて驚愕。
CCPくじの列がすごい。結論から言うとそれから数時間
くじの在庫がある中、まー、人が途切れない。最後まで途切れない。

俺が出るイベントは「作品を見てもらう」を前提のイベントがほとんどで
「買う」という気のある人よりも「見たい」人についてしか考えてません。
だから買う気がある人々がブースに押し寄せる状況に、繊細な原型を
並べるのはあまりに危なすぎる。くじが終わるまで展示を見送ることに。

俺は展示するために来てるわけですから、そうなるともうやることがない。
売り子の手伝いは出来ないし、椅子もないので会場をウロチョロするしかない。

おかげでスパイスシードの原型やってる松浦さんとも久々にゆっくり話せて
それなりにエンジョイできましたが。
ちなみに松浦さんは俺が尊敬する原型師の一人で、稲坂君の師匠筋にも
当たる言うまでもないレジェンド級の腕前。稲坂君にも言ってますが
軽く俺の6倍上手い。胸を借りる相手としては文句なしの大物凄腕原型師。
その原型師同士の間では、スパイスとCCPはまったく問題なく楽しい関係が
結べているので、交流戦みたいなこともしてみたいですね、なんつー
話をしたりします。人気超人だけでなくマイナーでも味のある超人を
補完するのであれば、どうしても独力では無理ですからね。
立場は違えど楽しくお互い切磋琢磨やりましょうという話でした。

で、ようやくくじが終わって、一般販売が余裕が出てきて2時過ぎになって
そろそろ原型出せますかね、なんて感じでやっと展示出来た次第。

ツイッターにいい写真が出たんでお借りしますが

こんなイメージで作ってました。
アシュラ側から見たらこんな感じ。

175015.jpg

しかし今回の主役はあくまでサンシャイン。アシュラさえもかばってやるくらいの
圧倒的包容力とパワー。彼が後ろにいるから、安心して前に出られる、みたいな
感じが出るよう、原作の砂地獄発動ポーズに準拠しつつ一工夫。

175016.JPG

ジェロニモ戦1試合のみの6騎士サンシャインに思いを馳せた結果
こういう判断になった次第であります。
後のパワーアップ進化や製品化時の成型も考え、体形にはかなり苦労しました。
でも、文句なく6騎士時代が出来たんじゃないすかね。
みんなが見た最初のサンシャインはこれだろうぜ!って感じで。
いずれタッグ編の2人が出たとしても、この時代の2人も愛情込めて
並べられるのは間違いなし。青春の1Pなわけです。

で、砂粒も本物選んで使用しているわけですが
砂っつってもいろいろありまして建築模型や情景模型用に各種サイズがある。
その中から0.2から0.7mmくらいまでのサイズで6種くらい厳選し
テストしつつ使用しております。

たとえば本体から崩れた段階と、広がるに従って粒子が細かくなっていくのを
表現したり。

175017.JPG



で、いよいよトークショーになりますが

この段階で進行が押しすぎてて、ちょっと裏側は焦ってます。
開始時間を過ぎてもまだチャリティ販売の発表が30人分残っており
会場の時間はケツが切られている。もう顔出して挨拶だけで終わっても
しょうがないんじゃないの?という状況でのスタート。

175018.JPG

このトークショーを行うにあたって、実は事前に俺は質問事項を
稲坂君の方から文書でいただいてます。

というのも

稲「あの原型のあの部分、どうやって作ったんですか?」

俺「ん?えー、どうだったかな。覚えてねえな」

稲「じゃああそこのテクスチャーはどうやって」

俺「ん?あー、それは君の気のせいじゃねーの?」

ということで記憶力が弱い分際で、さらに説明を面倒臭がる
アホ原型師にトークさせるという危険を察知した稲坂君が
こういう質問しますよ、ちゃんと読んでくださいね、と
送ってきたのであります。稲坂偉い。


メールを受け取った俺は「オホー、マジメ!」くらいの半笑いでしたが
トークショーはきっちりその内容に従って進行することに。

そして彼が朝からホワイトボードだ、マグネットだと騒いでいた理由が
開始早々明らかに。

175019.jpg

キャラクター造形とは何か?

と突如書きだす稲坂先生。

人が変わったかのような流暢な喋りから、ほらこの黒板見ろ!的な
豹変具合に、俺びっくり。

どーしたんすかあれ、と延藤社長に小声言うと、彼は教員免許を
持ってるんだとの事。

ええ?先生だったのか!


じゃあ・・・







敵じゃねえか!

1750111.jpg
(先生と呼ばれる存在に対しての基本的な俺の態度)

焼き入れられてえのか先生コノヤロー!
ちょっと早く生まれたくらいでエバってんじゃねーぞー!

という本性はおくびにも出さず、他人のつば臭いマイクに耐えつつ
それなりに答えましたぜ。大人になったな、俺も。

1750112.JPG

途中「マジメか!」とか「ホメすぎやめろ!」とか3回くらい
叫びそうになりましたが眩しいライト越しに会場をみる限り
「ふざけんな稲坂先生よぉー!」という仲間はいない感じだったので、
お行儀よくしてました。

なんか会場ならではの蔵出し画像みたいなのはないか、ということで
顔造形の変遷写真や、パーツ分割写真とかを出したのと
会場でのネジケンの発表とかがサプライズ。

どうにか無事、急ぎ足で終了。
たぶん予定してた内容の半分くらいになっちゃってたと思います。
細かい説明とか全然できなかったし。
わざわざこの為に足を運んでいただいた皆様もいたようで
ありがたい限りです。次回あれば、余裕をもって行けるよう
今回の反省を生かしたいと思います。

しかしそれにしても喋れる男稲坂には驚きました。
立て板に水だったじゃん!と褒めときました。

そして本日から俺は真の地獄に突入します。
まず、砂の片付けか・・・
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする