2017年06月19日

6月第4週 クランヤシダ週報

先週、ようやくローガンを見てきました。

思えば、最初にヒュージャックマンがキャスティングされた時
俺はかなりガッカリしたもんです。フォッ糞のシリーズの
メーメンがっかり論に関してはいちいち書かないすが、まとめて言うと
チンガーコノヤロウ、に尽きます。イモチンガー。
このイモが足引っ張ったおかげで、とてもコミックファンには
納得が行かない部分が多かったわけですが、紆余曲折の果てに
ローガンは素晴らしく良く出来たコミック映画になってました。

どのへんがいいか書くとネタバレにしかならないんですが
(ネタバレを遠慮するとは俺も丸くなったもんすが)
とにかく、三省堂の洋書コーナーでジムリー表紙のアンキャニーを
初めてリーフで買った90年の衝撃以来、本物の戦いを見たかった夢に
ついに到達し、俺のハートは無事成仏出来たのです。
大泉の東映で見てきたんですが、帰り道、駅まで無言だったもんね。
いろいろ去来して。
不満は最後の曲、字幕つけるべきだった、というくらい。
If I could start again A million miles away
I would keep myself I would find a way
最後のフレーズ、救いだと思うんだけどな、とはあくまで日本版の話。
ってことはやっぱりよく出来てた、と。


で、話は変わりますが
久々に朝、築地にも行ってきまして。

海苔とかだと近所の市場でも買えるんですが、鰹節はなかなか
築地じゃないと買えないとかありますからね。

それにしても食い物関係抜きにして、行くたびに
どうしても欲しいものがある。
毎回買うか買うまいか迷って買わないまま、まだ気になってる。

今回も場内で一度はあきらめたんですが、場外で再び見かけたら
その品を扱ってる店で、なんとこんなポスターを配ってました。

176191.JPG

ずえー

そうだ日本の刃物業界がこの映画を面白がらなくてどうする。
こういう諧謔あってこそのニンジャの国だろ。

で、このポスターを分けていただいたついでに、気になってた品も
買っちゃったわけです。



176192.JPG

手鉤。

一番ちっちゃいの。

買っちゃダメだと言われてたのに、ツレアイが他の店で
買い物にしてる間に、チャチャっと買っちゃったんですが、
そしたらもう怒る怒る。

どうしてそんなもの買ったんだ!

「はぁ?ずっと欲しかったんですけど?」(ハナホジ)

危ないだろ!

「別に道具なんで使い方ちゃんとしてれば危なくないですけど?」

でもそんなもの必要ないだろ!

「えー、資料として必要なんですけど?」(どこ吹く風)

じゃ、結局武器じゃん!

「べ、別に武器じゃないですけど・・・」(動揺)

ならサンディエゴで買ったあの鞭どこやった!
16フィートの!

「・・・・・・・・・」(記憶なし)

店員にお前には長すぎるって言われたのに
いいからよこせって、買ったヤツ!

「・・・・・・・・・」(2.3回振り回した自分を思い出し中)

と、若干論破されたものの、とにかくもう買っちゃったもんね。


そもそも、

手鉤という道具は大きく言うと荷鉤という種類に分類され

漁業で使われる以外、砂糖鉤だ氷鉤だといろいろ
先端にバリエーションが存在するわけです。

176193.jpg

176194.jpg

同じ荷鉤でも林業や消防の場合は、鳶口(トビグチ)となり

176195.jpg

引っ掛け使用だけでなく、破壊具としても活用

176197.jpg

176196.jpg


忍術で使用される場合は、手甲鉤となり

176198.jpg

壁登りに使ったり

176199.jpg

人の顔面を狙ったり。



ちなみに

海外においては、この手鉤に近いものは林業だと
「Hookaroon」もしくは「Pickaroon」と呼ばれており

フィンランドの有名ブランド、フィスカーズ製の最新フッカルーンだと

1761910.jpg

アメリカでド有名ブランド、ログライト製のフッカルーンだと

1761911.jpg

味気ねーな、メリケンはよ。

面白いのは、漁業における手鉤はフッカルーンよりも
「Pike pole」と呼ばれてるのが多いそうで。

1761912.jpg

そして、あちらの消防も鳶口として使ってるツールの呼称はパイクポール。

1761913.jpg

まあ、効率を考えるとみんな考えることは同じなのかも。


ちなみに日本で鳶口の有名な使い方はこれですが

1761914.jpg

1761915.jpg

まさかと思って探してみたら

1761916.jpg

このへんはやっぱお国柄の違いですな。安全に対する心構えが違う。


で、信頼と結束を持って鳶口で支える出初め式画像を検索してみると

1761918.jpg

ずえー!多い!   バカ!

1761919.jpg

ずえー!コドモ!  干しガキ!

もう何考えてんの!っつー画像ばっか出てきて、メデテーったらねーす。


いずれにしても、俺の世界観には必須アイテムなわけで

1761917.jpg

今度どっかで鳶口売ってるのに出会ったら、必ず買うぞ!
オモチャや武器ではなく、もちろん資料としてだ!
posted by サンダーロードスタイル at 00:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

6月第3週 ハーフシェル週報

先週は材料探しついでに、手帳を探す。

若干仕事が落ち着きつつあり、いよいよ半年もお待たせしまくっている
トロフィー関係にも手が伸ばせそうという感じが来ましたよコノヤロウ。
加えて次のステップへの様々な構想を書き留めるべく、まず手帳が必要だ
ということで銀座は伊東屋に行ったはいいが…

どうなってんだ伊東屋!全ッ然ダメじゃねーか!イトゥーヤ、テメー。

なんつーかプロフェッショナルの文具屋ではなく、ファッション文具屋。
専門店かと思ってわざわざ足を運んだのにもー、ガックシ。
ブランド皮カバー並べて名入れサービスでご満悦の前に、まず中身充実させろ。
まさしくウワッツラだけ揃えれば満足という客層しか相手してなさすぎ。
結局ハンズで調達したんですが、よっぽどハンズの方が品揃え確か。

という怒りの日、ソフトクリームを3個食い

さらについでにこれも探して買う。

176121.jpg

数年前に  何度か   引き合いに出した

ヒキガエルの幼生問題の解答が入ってます。待ってたぜ。

176122.JPG
(偏ったお買い物)

買って完全にご機嫌で、ギヤ太もにーくーいー!と歌い続ける俺に
まだあきらめてないの?ソレ、などと外野の意見がありましたが
どこ吹く川辺にそよ風、ウィンドインザウィロウズ。
テメーネギと煮られてえのか、あきらめるわけねーですよ。

(ちなみにこれがそのソレ)
176123.jpg



キチガイカエル主演作としての最右翼

ウィンドインザウィロウズこと「たのしい川辺」は

176124.jpg

本国英国でTVムービー化された際にはこうで

176125.jpg

なんとテリージョーンズが実写化したこともあると今回判明(未見)

176126.jpg

176127.png

おおー、飛ばしてます。見たい。

で、言わずもがなの日本で処理されるとこれ

176128.jpg

カーキチ設定をここまで伸ばす国風文化が火を噴いてます。

と、俺の頭がそんな両生類でいっぱいだと思うでしょ。

バカヤロウなにが両生類だ。
乾けば死んじゃうヘナチョコに用なんかねえ。
ファックザアンフィビアン。


数週我慢してたけど、ついに先週よせばいいのにもうどうしても
我慢出来ず買ってしまったのは



これだ!




176129.JPG

ヘイルレプティリア。

いやー、今、CG版の新しいカメ流してんですけど
なかなかこう、なんというか、しっくりこない。

もう昔のテーマ曲と吹き替えアニメが見たくてしょうがなくなり
VHSを買ってしまったという次第。

1761210.JPG

緑ケースってのが、いい。もうインテリアにさえなる。


1761211.JPG

しかし1本2話収録。話数あたりの空間占拠率がひどい。


ところが

このVHSでカメをわざわざ見たことなかったんですが
東和ビデオのロゴが出てくる段階で、ロゴのSEとかが
まったく入ってない。

あれ?おっかしいな、最近Vのデッキあんまり使ってないから
ボリューム壊れたかな?とグングン音を大きくしたけど

なんも入ってない、

と思った瞬間、タイトルすら出てないこの段階なのに

1761212.JPG

いきなり大音量で「カワバンガ!」(+50)で叫ぶ亀たち。

吹き飛ぶ俺。


急な大声でTVが怒鳴ったのを聞いて、玄関にいたのに
「うるっさい!」と怒るツレアイ。

「音、でかい!」とカンカン。

いや、東和ロゴの段階で急にカメが叫ぶとは俺も思ってなくて、
ついデッキが壊れたのかな、とボリュームを・・・

「どんだけボク大好きな亀見てますアピールだ!子供か!」

違います、すいません・・・


で、萎縮しつつとにかくヘッドホンで見始めたはいいが・・・

ん?

俺の知ってる声と違う

調べたら

1761213.jpg

1761214.jpg

ナニー全然違うじゃねーか。ビデオ版コノヤロウ。
俺の記憶はなんだBSか?テレ東版か?

でも大塚芳忠レオは新鮮でこれはこれでいいので
まったく新しい気分で見られます、嬉しいぜコノヤロウ。

しばらく幸せ。

1761215.JPG
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

6月第2週 エクスタシーオブG週報

ここしばらくで圧倒的に俺の心を掴んで離さない作品
「ブックオブライフ」(以下マノロ)

17651.jpg

ギレルモデルトロがプロデュースして、日本公開するのかなと
思ってたらDVDスルーだったのでまったく気付かなかった作品。
ちなみにその時の情報は、メキシコが宇宙の中心って話って事。

17651b.png

で、これがプロデューサーと監督。

17652.jpg

違った、これは食い殺されそうになったヒロインの
ペットの子豚、チューイのキャラクターポスターだ。




じゃなくてこっち



17653.jpg

この2匹は食い殺されそうになってません。


ちょうど5月頭の追い込み時、見損ねてたCGアニメ作品を
まとめて流してたんですが、失望するばかりにディズニーや
各社テキトー仕事が乱立する中、圧倒的すぎたのがマノロ。

きちんと子供に向け、独自の視点を持ち、主張をしっかり備え
マンガらしい気楽さと、大人向けサブカル風味を上手に混ぜ込み、
それでいて過去に敬意を払った上で、今を生きる者が成すべき仕事
(現代にやる意味)をキッチリこなしたもので、
もう30回以上見てますがまだ流せる。全然まだ新鮮に胸に来て泣ける。
吹き替えもクソ芸人やクソタレント抜きのプロフェッショナルオンリー。
素晴らしすぎてます。聞きごたえあり。

17655.jpg

各シーンごとに、いちいちどこが素晴らしいか語りたいくらいですが
大きいポイントはというと「地元愛」です。メキシコ愛。
ナショナリズムとはちょっと違う。まさに地元愛。
子供たちにメキシコの善と美徳の本質を伝えようという愛。

17654.jpg

それが本流にも支流にも随所にあふれているわけですが
その中で、ちょっと理解出来なかった楽曲の使い方が。

劇中で、オリジナル曲は決め時に、ありもののヒットナンバーは
サクっと盛り上げる時に使ってますが、他の映画のサントラを
そのまま流用したシーンがある。

使用曲は「続・夕陽のガンマン」のエクスタシーオブゴールド。
エンニオモリコーネの曲です。

17656.jpg

ガキの頃、我が家ではマカロニウェスタンやヤクザ映画を
極端に嫌ってました。ほぼ禁止ってくらいに。
理由は卑怯だから、だそうですが、当然親にそう言われたら
反発するのが男の子ですから、何本か見てみたわけです。

そしたらなるほど。卑怯。カタルシスなし。克己心なしの
開拓精神なし。矜持もなければジェントルハートもなし。
これは俺の好きな西部劇ではないな、と。
クリントイーストウッドも、若い時分がひどいのはともかく
年とった作品見てもダメだなこの親父はチンチンついてねーな、
としか思えないし脚本見る目もないし、普通に生理的な嫌悪感しかない。

ので夕陽のガンマンもイーストウッドもサンダー男道にとっては
まったくの認識の外。

ゆえにマノロの製作者がメキシコ愛としてこの曲を持ち出す
理由がまったくわからなかったわけです。
曲はいい。素晴らしくいい。
でも曲がいいってだけで使用したのではなく、理由があるはず。
そもそもマカロニウェスタンはスペインとかで撮影されてるし
特にメキシコ人が主人公でもない。モリコーネはイタリア人だし
なんでかなーと。

でその続夕陽のガンマンを見てみたらこれが・・・長い!
3時間あるんだけど、内容があって長いんじゃなく、
たとえば3人のガンマンの睨み合いのカットバック連射に
10分かけちゃう、無駄な長さ。もう完全に悪ふざけ。

でもエクスタシーオブが流れるまで我慢しようと期待してたら
まさかの汚い親父が無言でただ墓地を走り回るシーン(3分!)に
流れる曲。

https://youtu.be/ubVc2MQwMkg?t=45s

シーンはほぼうんこでも音楽は凄い。モリコーネの仕事は
否定のしようがないほど素晴らしくキャッチーで骨太。
画面を音楽が支えている。これぞ映画。の1シーン。


その後、マカロニウェスタンにも造詣の深い、ビデオの師匠に
話を伺う機会があり、メキシコ人にとってマカロニがどういう
位置づけなのか尋ねてみたら、納得。心の故郷説。


ちなみに、その師匠が以前、その方面で指示して出来たのはこれ。

https://youtu.be/tm78ml-OkEg

わかってる人がわかってる人に発注したお見事な仕事です。

というのを全部含めた上で、ひたすらその曲だけを聞きまくってる
時に見てきたわけです、ミュシャ展。

17657.jpg


言わずもがなの画家ですが
商業にまみれきってパワーを発揮してた画家が、人生の後半
地元愛に目覚めて、別方向に舵を切った作品群がまとめて見られる。

イラストレーターを意識した時、初めて名前を憶えて
ささやかな画集を買ったのがミュシャでした。
高校くらいだったと思いますが、その後、もっとグっとくる
たくさんの絵描きを知ってからは、特にそんなに意識することも
なかったんですが、後年、スラブ叙事詩の話を知るわけです。

地元愛、民族愛に目覚めた彼が描いた絵だとは知ってましたが
細かい事情を知る頃には、俺も大人になってまして。
そうはいってもこれくらいの仕事、愛情だけで出来るわけもなく
聞けばちゃんとパトロンついてたから出来た、とか。

なんだ、じゃあ恵まれてたんじゃん、と思ってました。

でもそれだけの仕事、この目で見て体感できるのであれば
必ず、と思って見てきたわけですが

17658.jpg

こ、これは・・・想像以上にデカイ。

しかもコントロールされた見事な仕事。
まず俺が発注されたら、どうする?
少しでも気を抜いたら完成までモチベーションすら保てない。
まず単純に内容を考慮しないとしても、このサイズの攻略方法を
確実なものにするだけでも、相当賢くないと無理。

加えて、絵具もこの量、維持するのは大変。その後の取り扱いも
含めて先読みして持ち運び可能に作らないといけない。

精密な元絵を基準に弟子に指示したところで、手直し量も半端あるまい。
さてどうやって攻略したもんか。
とまず、物理的な壁を前に圧倒されるわけです。

とにかく情報は受け付けず、体感できる感覚をフルに発揮して
存分に受け止めようと、本気で見てきた後、情報を知ってさらに驚愕。

一人で描いてたし、最初の1年では3作納品した。
そもそものパトロンも自力で見つけてきてた。マジで?

17659.jpg
 「マジだ。ナメんなよ」


現在の自分にとってミュシャは優れたデザイナーとしては
脅威を感じますが、描きたい方向性は俺の目指す頂とはまったく違うので、
やろうとしている事への作家的アプローチに関しては、
ああミュシャだな、というくらい。ご婦人受けしそうだなと。

しかし、外部に働きかけようとする男の仕事としては
括目する部分が随所にある。なかなかどうして男だぜ、と。

たぶん、かなり孤独感、孤立感と戦う時期があったと思います。
途中でチェコが独立した後、この作品に関しては居心地悪かっただろうな、と。
それでも国に尽くそうとし、協力を惜しまなかった。
誰に伝えようとしたのか。何を残そうとしたのか。

圧倒的な力量や技量とは別にその意気地に、男だね!と思えるわけです。

意味がある仕事が出来るのか、という問題は
仕事に意味を持たせられるのか、だけでなく
意味がある人生を歩もうとしているかどうか、という事にも。

消費だけで十分満足できる豊かな世の中です。
追従だけで十分満足できる。

しかし、それでも満足できない人々がいる。
より良くしようと、人生に意味を持たせようと
世界を前に進めようと、誰かに何かを伝えようと
善を足掻く人々がいる。果敢に挑む人々がいる。
たぶん、地元愛の本質は、クソ以下の選民思想みたいなものではなく
美徳の継承だと思います。正しく優しいことは、主張も維持も
難しい。それでもどうにかつなぎとめる努力をしたい。
自分の代で途切れさせないよう、踏ん張りたい。
その気持ちよくわかる。

マノロは大手映画会社に持ち込み、全社断られたそうです。
それをデルトロはメキシコにとって重要な作品になると
即決で支援を決めたとか。

その断った全社の作品より、マノロの方が良かったってのは
どういうことだ。

足掻く人々はカッコいい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする