2017年08月07日

8月第2週 ダーヨシ週報

ちょっと出なければならない用事があったので
ならば、と吉田博展に行くか、吉田竜夫展に行くか迷って
いまいち原画があるかどうかわからないタツノコ展よりは
見たことない新版画の方に行ってみることに。

吉田博は浮世絵以降の木版画、いわゆる新版画と呼ばれる
ジャンルの人らしいんですが、俺はまったく知らず。

ただ会場が新宿のビルの42階にあって、ってことは
シニに行くぜという響きにもだいぶ引っ張られて結局そちらへ。

17870.jpg

版画だけでなく水彩、油絵がかなりあり一人の画家の人生として
見る分には非常に頑張った展覧会だったと思うんですが

もう・・・全ッッッッ然、ピンと来ない。

なんだろうな。なんでこんなにピンと来ないのかな。

まず水彩と油彩の段階で魅力が感じられない。
小さい頃からとても上手なんすが、ソツなくこなしているものの
何がやりたいのかわからないという感じ。モチーフへの観察眼も
ちぐはぐだし、対象が魅力あるから描いているのではなく
まず手段として絵画があるからモチーフを選んでいるって感じ。

で、紆余曲折の後、木版画に入っても、やっぱりピンと来ない。


川瀬巴水と比べちゃあれですが富士だと
こんな感じの違い。

17871.jpgハスイ

17872.jpgヒロシ


ただ、カラバリの時だけはスイッチが入った感じで
おおー!カラバリ!楽しそう!とは思いました。
たとえばこれが

17874.jpg

こんな感じ。

17875.jpg

あとこんな感じ。

17873.jpg

具体的な注文が来た時に、勘が働いたのかそれとも
すべきことを得た余裕なのか、これは繊細で楽しんでる感じが。


原型やっててもそうですが、上手いって領域には
ずいぶん簡単に入れるもんです。
真面目にちょっと努力すれば誰でも普通に上手くはなれる。
基本、上手いってのは「間違わなければいい」に尽きます。

でも、魅力あるモノになるかっつーと完全に別の話です。

間違ってても、いびつに歪んでいても魅力あるものは山ほどある。

例えば写真をトレスしてイラストにする。
あー、上手い!と言われます。絶対。
でも魅力ある絵かっつーとそうとも限らない。
写真と変わらねーじゃん、という領域から抜け出すには
トレス以外の情報が必要になってくる。

独自のパースが付いた絵なら、受け手に素養が必要になってきます。
特殊なパースを見たことない人からすれば、歪んで不自然な絵ですからね。
ただそういう工夫を知ってる人からすると、こう来たか!という発見を
伴う情報に変わってくるわけです。

加えて、作者の目的がパースを加えるという手法的な事ではなく
伝えたい何かがあって、それ故に歪めてでも描かねばとした場合
なかなかどうして忘れがたいものになったりする。
伝えるべきものである場合、その意に適うのは間違わないことよりも
伝えたい意志を優先する事の方がはるかに重要なわけです。


すぐ思い浮かぶ、間違いでありながら伝えてる表現がこちら。

17877.jpg

ほぼデビュー頃の自作の中で山田芳裕は主役にこう言わせてます。

17876.jpg

その後、こう表現する漫画家となるわけです。

17878.jpg


正しいとか正しくないとかではなく、己が為すべき事を
確信しているか否かというのが、創作におけるポイント。
伝えるべき何かを備えている作品こそ、意味を持つ。

画の鬼だったと書かれているには、あまりに表現や対象に
興味の薄そうな吉田画業を見ながら思ってたのは


ああ1枚でも吉田竜夫の絵があるならタツノコ展行けばよかった…
世界の子供たちに夢を、と願ってた人の絵1枚の方が
俺にとっては絶対に価値があった…という後悔でしかなかったので、

今日寝ないで仕事して時間稼いで、もう明日タツノコ行く。
アッタマきたぜコノヤロウ。自分に。

178710.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 02:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする