2019年03月25日

3月最終週 アリガトサンデス週報

本日、ヤマシロヤマッスルショップ無事終了。


183251.jpg


いやー、ほんとありがとうございました。
催事の立ち上がりからいろんな苦労を横で見てたわけですが
バンバンビガロさん、そしてヤマシロヤさんの多大なる御協力に感謝してもしきれません。
って話をサイクロンともしたところで。


183252.jpg
(展示例:狂気のキンソフ壁)


外壁の広告を出すか出さないかから始まり、どうにかキン肉マン40周年に
ふさわしい催事にしたいと悶絶するサイクロンの奮闘ぶりは涙ぐましいほどで。

おかげさまで初めてのこうした催事が無事成功という結果で終われたのが
最高に素晴らしすぎます。しつこいすがありがとうございました。

催事は結果が伴わないと次が出来ないわけです。
どんな仕事もそうですが結果がわかってれば協力してくれる人もいます。
つーか普通そういう保証を求めるのがビジネスであって、気持ちだけで御協力なんて
ファンタジーは存在しないのが現実です。
だから成功が見えない段階でも信じて共に進んでくれる人がいるってのは
なかなかどうしてそれだけで得難いモノがあるわけです。
今回はそんな中、とても素晴らしい協力が多くて泣けるほどだったそうです。


183253.jpg
(展示例2・謎のストロングマン推し)


そして成功の素晴らしさってのは「次を切り開ける力になる」ってことですね。

成功の信頼を得たことで再びヤマシロヤさんでの催事はもちろん、
地方催事にもかなり光が見えたってことです。

もちろん販売に関して手際や割り振りなど今後の課題もありましたが
それでも入場無料で2週間、こうした催事でキン肉マンのフィギュアでアピールできたという
事実は文句のつけようがない。実際ここで初めて買うお客さんも多かったですし
初めてこうした催事に足を運ぶというお客さんも多かったそうです。
そういう「初めて」の機会を生めたのも素晴らしい。
まだまだ宣伝、アピールの余地が全っ然あるわけです。

会期後半でプラネットマンのデコマスが間に合ったのがまたよかったすね。


183254.jpg


イベントとして「初お目見え」を行える場所が、トイフェスやWFやスーフェス以外でも
存在する!というのは実に頼もしい。

特にプラネットマンだけでなく悪魔六騎士で見て欲しい!という今回、
実物ズラリ展示でだいぶ説得力があったんじゃないかと思います。
あれはテンション上がらざるを得んでしょ。
CCPとはもはや二味違うSTUDIO24の誠実さが伝わるいい仕掛けでした。
常にガチャガチャしてるCCPでは出来ないじっくりと売るやり方は
いい意味でCCPにも影響を与えてくれると思います。つーか与えてくれ。


俺個人としては、催事専用でのソフビも可能性あるんじゃないの?てことで
ヒストリア的なところにまた引き寄せられればいいなと思ってます。
カラバリも全然増やしてもらっていいですし、マイナーチェンジの
キンソフなんかも増やして欲しいすね。超マイナーをレジンでもいいすが。


そして後半での1/1ロビンマスクの登場も。


183255.jpg

IRON FACTORY×CCPで16万でご予約受けてたとか。


個人的にはですが、まず学研の図鑑が凄いんですよ。
700体全部色がつくということもそうですが、なんとなく
パラレルだったのかタイムラインとして別と考えるのか
どう判断していいかわからなかった2世ユニバースをまとめてくれた
ってのは今後の影響、大だと思ってます。

そして図鑑ゆえの実物大。考えるベースをくれる。

そこに実物ロビンマスク。

ちょっと搬入時に手伝って持たせてもらいましたが、まー凄い。
1/1の説得力が素晴らしい。

これから1/1路線は増えて欲しいなとスゲー思いました。
ベアクローや将軍マスクとかCCPもやってます。俺ももともとは
実物サイズの人間なんでなんかやってみてー、と。


そして当然現場はもう次に進んでいるわけで、俺にとっての大きな催事は
4月29日のキン肉マントイフェスになります。

そこ合わせで突っ走っておりますので、発表お楽しみに!

さあ、とっとと仕上げてシリコン流すぞ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

3月第4週 ニワサキャ週報

先週は確定申告のため、東村山に向かう。


193181.jpg


で、ついでに武蔵野うどん食ってさらについでに
駅から歩いてすぐの東村山ふるさと歴史館に行く。


193182.jpg


193183.jpg



実はこのあたり、縄文時代の漆器の発見が有名な
下宅部遺跡がありまして。


193184.jpg


現在、日本というか世界における最古の漆加工品の発見は
北海道で、9000年前とされてます。

しかし福井では12600年前に栽培されてたであろう
漆の「枝」が発見されており、それまではまたいつものバカみたいに
中国が最初で伝播したとか言われてましたが、
完全に日本固有種で、比べるべくもなく独自文化であったというのが
確定してます。なんで2万年もあるんだっつー適当分類、縄文期の
木材加工技術は丸木舟から樹脂加工、つまり接着や表面処理も確立して
相当なもんなわけです。

ちなみに加工された釣り針の最古のものは(これも世界最古ですが)
2万3千年前のが沖縄で。打製ではなく磨製石器の国内発見3万8千年前を
基準と考えればどんくらい前から加工技術が発達してたか想像を軽く超えます。

以前はこんなモデルが人類の伝播状況だと思われてましたが


193188のコピー.jpg


一変してるわけですね。完全に。もしくは2万年ズレてる。



4・3千年くらい前とするその東村山で出土したスプーンで


193189.jpg


この加工。というか意匠。生活や表現を謳歌してますな。
衣食足りて美や景を楽しむ精神が育つ余裕があった証拠。
宗教的意匠だとしてもこの立体感。やる気のある造型は一目でわかるもんです。


この辺りでは作りかけの船の材料とかも出土しており

1931810.JPG


さぞ交易や流通も盛んだったことでしょう。


俺が気になるのは弓矢の加工でして、いわゆる単一素材の丸木弓以外でも
獲物を解体している段階で発生する皮や腱、膠によってパーツを接着したりして
剛性を一気に向上させた弓による狩猟と攻撃方法が大変気になります。

しかもここ下宅部で出土したものは狩猟用だけでなく、折る為に作られた
(破壊する為に作られた土偶のように)儀礼用としての犠牲道具として
加工されてたということ。実に興味深い。
そう考えると漆の色や意味がもう1層ありそうです。


193186.JPG

(これは館内のサツマイモ栽培の断面図。芋が育つのは2層目)

193187.jpg

(こちらが漆加工弓の出土状況)

それに材料として漆の毒性をコントロールしてたということは他の毒性も然り。

例えばアイヌのトリカブトひとつとっても、強いトリカブトの株を貴重品として
選別栽培、さらにその濃縮技術情報も十分な交流の要素であり
その情報交換でかなり発展してたかと思うと、胸アツなのであります。
ウルシオールは耐性がつけられるものですから、間違いなく漆かきがいれば
それを塗って加工する人もいて何世代にも渡って技術が継承してたはず。
威力向上を目指す者、装飾加工に燃える者、飛び抜けた才能の毒や薬の専門家とか
出ないはずがない。
そうした歴史のカケラの実物見て、肌で感じられるとゾクゾクするのであります。


つーわけでこの施設に寄る前にうどん屋に寄ったけど、もうちょい歩くと
もう一軒有名らしいうどん屋があるそうで、ずいぶんアタマも使ったし
ここまで来たら食いたい!と思ったはいいが、ちょっと道を確認しておく必要がある。

施設の人に尋ねてみると地図を出してきてくれて懇切丁寧に教えてくれました。
職員の方、ありがとうございました。で、地図にボールペンで
地元の人が使う抜け道を教えていただいたわけですが

目的地はここ



1931812.jpg


に対して、まず最初の目印があるのがここ。


1931813.jpg


小さな橋があって渡ると人が一人分くらいの道があるっつーんですが行ってみて
書き込まれた曲がるべき方向を見ると


1931814.JPG


こんな感じですが、少しだけまっすぐ進めっぽく書いてある方向には
確かに人が一人分の道と、墓地がある。

微妙なクランクが書き込んであるからおそらく右が正解だろうけど
ここで墓地の入口っつーこの魅力。
誘惑インビテーション。同じ道間違えて迷い込むなら断然墓地。
水木しげるが迷い込んだ墓地で一晩さまよったなんて、ウラヤマエピソードです。
行かないにしても週報のネタになるかもしれないから写真撮っとこう。

昔は墓地で写真撮るったらちょっとは躊躇したもんだけど
今は映れるもんならマジでなんか映ってくれた方がアリガテーと思いつつ

よし、そのスマホを俺に貸してみろ、とツレアイのを奪って

霊でもなんでも映れー!と写真撮ってみたら

なんと!





1931815.JPG


指! おじさんの!
  
テメーこのクソ撮影者!おじさんどころかおじいちゃんか!
いまどきユビ?マジで?お前が墓場に行けバカ!

もうがっくりきましたが、結局墓地じゃなく右に進んでみると、どうやら正解ルート。
書き込みどおりのクランクがあってやっぱしさっきのはただの墓地の入口。



で、次のポイントはニンジン畑がここにあるという。


1931816.jpg


行ってみると、ああ!ニンジン!!ニンジンがある!

間違いなくここがニンジン畑だ!写真撮ろう!


貸せ!いいからスマホ貸せって!


それカシャ


1931817.JPG


ってまた指!
なんだこのクソズマホ!じゃなくて切られてーのかテメーユビ!
どこから生えてんだまったく、レンズの横に生えてんのか!


っつーわけでそこからは一本道なので、無事うどん食って帰ってきました。

さすがに食いすぎてゲボが出そうなくらいだったので途中にあった
「しょうちゃん池」にシンパシーを感じて腹ごなしがてら見に行ったら


1931818.JPG


だいぶキッタネーしょうちゃんだな。近づいたらよどんでプクプクしてるし。
捨て殺すペットはこの網に、とか軽く地獄。

でも見上げれば八国山の空がきれいで平和な一日でありました。


1931819.JPG


争い事が嫌いでジブリ好きな俺の心も、大満足なお散歩でございましたぜ。

ね、このへんに住んでるらしいトトロ

1931820.jpg

不良坊主に面白半分で除霊されないでね。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

3月第3週 肉祭り週報

えー、本日は
「CCP presents マッスルショップ上野 powered by KMA with CCPフェア」こと
上野ヤマシロヤさんキン肉マン祭り!(意訳)に行ってきました。


193111.JPG


しかし6Fに上がる前に前日のシャショットショックで
まずは4Fシンカリオンコーナーで謎のアジア人一家に
もみくちゃにされながらこれを買うか小一時間悩む。


193112.jpg


結局買わずに6Fに行くとありました、ストロングマン!


193113.JPG

いやー強力チーム素晴らしいですな!色って大事!


他に過去の商品から新商品、開発中の商品までいろいろ


193114.JPG

193115.JPG

193116.JPG

193117.JPG

193118.JPG

193119.JPG

1931110.JPG


どうでもいいすが、ダメなデジカメ持ってっちゃったのでどうにも
写真が撮れなくてすいません。SNSでいっぱい画像上がってるんで
きれいなそっちを見てください。


で、買ってきたのはこちら。


1931111.JPG


カードポスターセット&ネオプレーンポーチ&マグ

他にもマグとか買いましたがこのKINスグルの一連が、

いいね!

普段ツイッターとかのいいねは、何がいいねだコノヤロウ
全然よかねーや、とか思ってる無頼気取りの皆さんには
わからないかもしれませんが素直にいいね!と思うでしょが。


ネオプレーンポーチはサイズ感もピッタリ!

いいね!

1931112.JPG


というわけで、サイクロン悲願のというか苦心のイベントですが
ぐるっと見ただけでもミュージアム気分でじっくり学べるほど
充実してる会場内。いやー手間かかってます。

とにかくまず造形物見るだけで大満足。

だいたいここまで一貫したフィギュア群をまとめて俯瞰できる機会は
あんまりないでしょ。この俯瞰ってのが大事で、点ではなく面で見ることで
いろんな発見がある。ああなるほどここが転換期ね、とか見えてくる。
造型が気になる人は特にオススメです。
キン肉マンだけでなく特撮関係もたっぷりありますし。

そして商品も充実。当然ですが全部が全部キン肉マン。
さすがマッスルショップ。いまさらながら素晴らしい。

しかし本日最大のピークは突然にやって来たのであります。

ゆでたまご嶋田先生ご来店。

ご挨拶して一緒に写真撮っていただきグっときたわけであります。

なかなかの、どころか最高のタイミングでのショップ訪問でした。
いやー無理して行ってよかった。昼まで〇〇の頭と●●の頭を
作ってた2時間後にその原作者先生とバッタリって贅沢すぎる。

というわけで上野ヤマシロヤ6階イベントスペースにて
3月24日(日)まで開催しております。

土日祝日:12:00〜20:00
平日:13:00〜20:00

時間にご注意で足をお運びください。
posted by サンダーロードスタイル at 00:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

3月第2週 バグ&ダブ週報

先週、唯一の外出は納品の時。

で、注文してた豆魚雷にて品物を受け取ってオモチャ談義になるかと思いきや
男衆4人で若山富三郎ばりのスイーツ談義。
オモチャで遊びながら鍋でお汁粉作って食うしかない。

というのはさておき、受け取って来たのはアレ。

まず比較対象物から紹介しないとサイズ感をご理解いただけないと思うので

たいていの皆さんが持ってるサイズ感を想像しやすいモノ



19241.JPG


ケツアルコアトルスがブタ食ってるミニジオラマです。

これを基準とすると、それよりも少し大きいのが


アリンコ


19242.JPG


アントニー。

よりも少し大きいのがマイフェイバリットRCトイ


19243.JPG


築地のクソ銀蝿。


よりも大きい、






19244.JPG


リボサソリを受け取ってきたわけです。



なかなかどうして俺の自慢の巨大ゲンジボタルの幼虫より


19245.JPG


全然大きくてカッコよい存在感。


じゃ、ちょうどいいかなと刃牙カマキリと比べても


19246.JPG


こんな感じ。

で、サイズ、造型的には非常に満足なんですが
商品としてはツイッターでの俺のがっかりぶりの通り
肌が合わないとしか言いようがない圧倒的に残念な
ボーイズハートをくすぐってくれないものでガックシ。
まあもともと可動フィギュアには全然興味ねーしな。



でも実はその前にすげーガックシしてた商品が


これ。


19247.jpg


柔らかい恐竜の頭なんですが8種類もある。

もうパクパクさせちゃうぞ!と

2回回してこれ


19248.JPG

心折れました

ビニョーンって伸びるからなんでもかぶせられ
新種のメカザウスルみたいでこれはこれで収まってますが。



さあ来週は映画行ったり美術館行ったりするぞ!と思ってましたが
4月の末までケツにボーボーに火がついてるっぽいので微妙。
遊びいきてーなー
posted by サンダーロードスタイル at 00:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする