2015年10月26日

10月最終週 アリンス週報

先週、運悪くケチャップが出る場合に発せられる屁のような断続的破裂音を
的確に指し示す言葉「ケチャッペ」が我が家で開発されたのはどうでもいいとして、
それ以外はまたしてもマジメに彫り殺す1週間。

しかし1回だけレイトショーに出かけて


蟻男を見てくる。

1510261.jpg


日本にもアリはたくさんいて、まさかのタマゴ生まれでメス扱いのコレや

1510262.jpg

冒頭のタワゴトからも推察できるオッサン駄洒落悪ふざけの産物のコレ

1510263.jpg
(ま、アリガバリもアリキメデスも全部駄洒落か…)


みんな大好き、お尻フリフリが可愛いオレンジのやら

1510264.jpg

亀以来のバズーカ系の雄やら

1510265.jpg

アリモチーフは楽しそうでいいす。



個人的に思い入れアリなアリは、進化したアリのこれとか

1510266.jpg


ヒーローだったらまずコレが浮かびます。

1510267.jpg


そしてアリ人間と言えば、なんつっても




これ。

1510268.jpg


しかしいくら宇宙の犯罪者だっつっても日本に到着しなくてよかったな。
日本のご家庭に着陸したら、お前ら程度のアリなんかキンチョール一発で
目潰し食らわせて、「十能」バチンで全殺し。

取り回しの良さと適度な重量、ヘッドのバランス。そして十徳ナイフの遥か前から
十種の能力を有すると高らかに謳われた和道具である、十能の殺しやすさに
自称犯罪者の宇宙アリごとき、8匹を5秒で始末してやる。

1510269.jpg「十能」

屋外の這いずり系に対して神の鉄槌並みの威力を発揮し、しかも
潰した死体をすくって捨てられる便利さ。
志ん生のナメクジ艦隊に対抗したのも十能だった。
ちなみにコジュウノウというのもあり、掘りごたつには不可欠。
炭のコタツについて語りだすと俺はうるさいぜ。

じゃあなくって、映画のアントマンの話ですが

その前に殺せないほど可愛い怪力アントの貴重なキャラシートを

見せとくか。

15102610.jpg

魅力。
アリ最高。つーかハンナバーベラが最高。

じゃなくって、映画のアントマンの話なわけですが
劇中の「アリジニ」に対しての、まさかの心のダメージのでかさ。

映画見終えた後、最初に出た言葉は「アリ死にショック…」
映画の最中だって、マジで声が出たぜ、アントニー。

15102611.jpg

家帰ってからこのオモチャを発見したものの、売り切れ。痛恨の買いそびれ。

つーわけで、ウルトロンを見た時はもうMCU関係のアメコミ映画は
期待しなくていいなと諦めてましたが、単品はやっぱりクオリティが
高かったので、他のもまだ期待。

それにしても異常に扱いがよろしいこの機関車野郎。

15102612.jpg


マーベルでこの扱いの良さならば、DCでもこの扱い。

15102613.jpg

どんだけコミック系に愛されてんだ。

ちなみに俺のトーマス仕事はこれ。

15102614.jpg

えへ。

ただ、俺はこの身勝手で短慮極まりなく、出てくる言葉といえば
ネタミとソネミとヤッカミとジマンとゴーマンのクソ機関車どもが大嫌い。

全員、犬以下じゃねえか。もっと厳しく教育しろトップハムハットさんよう。
つべこべ抜かすヤツは転輪はずしちまえばいいんだよ、甘やかす神経がわかんねーぜ。


なので、俺が最高に愛するのは

15102615.jpg

孤高の無限軌道、テレンス。


完全にクルパー揃いの機関車どもと違い、まともな道徳観と行動力を有する
貴重かつ模範的な存在であり、人類の友であります。

富士急ハイランドのトーマスランドでは、周回ライドのついでに
発見される程度の扱いですが

15102616.jpg





本場英国ドレイトンのトーマスランドでは

15102617.jpg



15102618.jpg

おお

15102619.jpg

おおー

15102621.jpg

まるで死んだテレンスが天使となって飛び回っているか(死んでません)
間違って繁殖してしまったかのような光景。まさにパラダイス。
一応名目はテレンスのドライビングスクール。
大人も乗らして欲しいぜ。大雪の日に。

まあこんだけコスっといて、こういう擬人化した乗り物の中で
俺が一番好きなのはコレかコレなんですけどね。

15102622.jpg

15102623.jpg


じゃ全然ガンメンついてねーほうがいいんじゃねーか、と
意外な自分発見週報になったな。毎度不毛ですいません。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする