2016年06月06日

6月第2週 ノーチキン週報

これを書いている時点で、米国ケンタッキー州ルイビルにて
開催中の、世界一レベルが高いどーしょもないSFホラー模型の祭典
ワンダーフェストにGeccoさんが参戦中。

16661.jpg

赤尾慎也、ポールコモダの隣にゾンビプラモという
なんともこそばゆい状況ですが、健闘してくれ手原型達!

ちなみにポールコモダは悔しいかな、この原型スゲーな誰?
というと、またあんたか!という情報無用の凄腕。
最近、ダーコモ造形を1個手に入れました。

可愛いタコ助。

16662.JPG



違った、こっち。

16663.jpg

複製する人を人と思わない完全な人でなし造形で、抜ける抜けないの
シリコンへの考え方が変わっちゃいそうなテーパー地獄。
もう、スゲーんすよ。裏とか。
これみると、普段自分がいかに萎縮して作ってるのか思い知らされます。
いやー、上はキリねーな。


今回会場でも販売し、GeccoDIRECTでも取り扱っているのが、

これの親みたいなこちら

16664.jpg

GeccoDIRECTでは赤尾さんの(俺のイチオシ)カエルデーモンも扱っているので
買い逃した人はぜひ。


ワンダーフェストというとあまりご存じない方も多いと思いますが
俺の認識だと世界最大のGKやプロップのお祭りはこちらの方。
そのスジでは基本の基本。俺らがケンタッキーに行くと聞けば、鶏肉食いに行くんじゃなく
ホテルでやる世界一くだらないコンベンションに行くんだろうな、と思うわけです。

見よこの地獄というか天国というか、やっぱ地獄

16665.jpg

日本のWFは世界最大ではありますがまったく興味のでない
美少女をナシにすると9割は縮小しちゃうと思うので、
実質、小さいながらも純度100%でモンスターだエイリアンだ
クリーチャーだと騒ぎ続ける大人げない連中の濃度はこちらが上。
参加するデブったおっさんが全員キャラTに半ズボンという、やっぱし地獄。
よく考えればそのミニサイズが俺だしな。


そこのコンテストで1位を取るというのが世界一ですし
矢竹さんとか、バッチリ1位を取ってます。

16666.jpg

この不毛な熱気がたまらんわけです。ってどんな客層だよマジで。
心底大好きキャリア50年の猛者どもを相手にしなきゃいけない贅沢。



ちなみにその矢竹さんは、ひさしぶりに新作オリジナルGKを
発表されてますが、

16667.jpg

非常に気になる点がいくつもあるんですよね。
ペイント主眼で考える原型が、どう意図してそこをそう処理したのか
御本人にはぜひ伺いたいと思ってます。早く塗られたのを見てみてーな。

やっぱりそうしたきちんと「考えてる」原型は、商業、アマチュア関係なく
好奇心を刺激され実に興味深くていい。そういうのこそずっと見てられる。

造形ってのはそうでなくっちゃという路線を俺も行くのであります。
そしてそう考えたマイ造形が、現在戦闘中。結果はのちほどご報告です。



さて。



食えないと言ったら食えない。



どーしても食えないまま、半年近く放置している

星の王子さまチョコ。

16668.JPG

この物語を読んだ人間が、たとえ印刷された王子さまとはいえ
平気でこれをパクっと食えるとか思う神経がどうかしてる。

16669.JPG

ケース含め、俺が喜ぶだろうと思って買ってやったのに、
いい年こいて食える食えねーだとぐずぐず言いやがって
とっとと食えコノヤロウと言われてますが、全然無理だねバカヤロウ。

キャラ物への思い入れがその程度だったら、こんな人生送ってねーだろが。
なんならオールタイムベストワンの小説にしてやろうか。また読んで泣くぜ。

という俺の気持ちを救ってくれるオモチャを発見。

これ。

166610.JPG

なかなか深く考えさせられるアイテムを出してくるなメディコム。
思いついても実行しないぞこれ。

チョコ食って代わりにこれ入れとけば心の重荷は少ないような気がするが
王子さまを食うってのは普通の神経じゃ無理なので、やっぱし食うのは先です。



なんつータワゴトはともかく


先週CCPに原型チェックとラインナップの打ち合わせに。

そこで、そういえばいっこうに掲載されないアシュラ製作記。
社長に確認してみると知らないとおっしゃるじゃないですか。

いや、受注かける前に少しでも購入判断の要素になってもらえれば、と
俺が発信するより、CCPから発信した方が混乱なく、ファンに伝わりやすいと言うから
じゃあ早めに書いて送りますって、送っておいたでしょーが!
発信見たら5月12日。別件も含めてタイミング見て送ったので書いたのはもっと前。

を、知らないとキョトンの延藤社長。問いただすとエヘヘ、あれおかしいな?くらいの
感じなもんだから当然、俺は

166611.jpg

そしたら18000件のメールの中で埋もれちゃったかもしれないとか言うので
ユーザー対応のメールと俺らの仕事メール一緒にすんな!そりゃ埋もれるわ。
もはやあれからいろいろありすぎて微妙な製作記事になっちゃったっつの。

という話から、なんとなくソワソワし始める社長。
聞けば今日娘の誕生日なんですよね。というわけで帰る、と。

「おー!稲坂君聞いたか!君が遠路はるばる来て俺も同席の
貴重な機会が、娘の誕生日の前に吹き飛ばされる瞬間だぞ!」

とはいえ、娘ないがしろにするような人物だったらこの場で
お付き合いをやめなきゃいけない。ケガ人続出のバッファローマンのトゲの上に
正座&説教間違いなし。当然大事にしていただかないと俺らも悪者になる。
ま、いちおう打ち合わせも終わりが見えたことだし、しょうねえかとなるや、
じゃあ!とダッシュで帰る社長。

しかも自転車。

元格闘家の動きでスゲー勢いで俺らを追い抜いて角を曲がっていく姿は、
もはや漫画。つーか中学生。少しフォームもいいし。って立ち漕ぎ!

天然も天然のど天然で完全なるファイト一発系。
しかしあまりに気持ちいい元気なバカすぎて腹はまったく立たない。
なるほどね。いろんな対応は極端だけど、根がこんな感じなら
しょうがねえな。というかメソメソしてなくて上等。

娘の為に立ち漕ぎ自転車で走り去る後ろ姿を見て
こんないいオチつけられたら、俺らが知恵絞って頑張るしかねーな、と
顔を見合わせるサンダー稲坂タッグでした。



という話の翌日

今回せっかく稲坂君が上京しているのと、みんなが忙しくなる前に
ということで、再びデコマスラボ工房を借りて、夜通し粘土をいじって
技術交換する会を開催。

そう呼ぶと嫌がるけど、レジェンド原型師松浦さんにも参加いただき
一緒に粘土いじりながら、ツールを借りたり貸したりあーでもない
こーでもないという集い。結構発見が多いんですな。

飲みの席だとここまで素材に専念できないんで、非常に貴重な会合でありますが
言えない話も多いので、あんま詳しく書けない。ですが、本当、贅沢かつ勉強になります。


俺はスカルピー技術を中澤さんに教わったし、中澤さんは松浦さんに
便利テクを教わったりで、割とみんな技術を共有できるのは
向上できるいい機会だと思います。もっと頻繁に開催出来ればいいんですが
それぞれ展示会や締め切りに追われてタイミングが合わないので貴重。

途中一人死にかけたり、統率がとれず作ったものを最終的に拒否されたりと
なかなかこちらもいいオチがついて、朝8時で解散。

個人的に興味深かったのは椅子話。
いまやガムテープでひじ掛けに板をぐるぐる巻きにして背もたれ代わりにし
しょうがなく横向きで座ってる俺の壊れ椅子の後継する椅子はもう選んであります。

いろいろちゃんと座って試した結果、このメーカーのこれ、と決めたんですが
聞けばなんと松浦さんもそれ使っているという。
おおー、じゃ選択としては間違ってなさそうすね、とデコマスラボで椅子を見たら
それもその椅子。疲れやストレスはないですよと、いうことで


俺が今度買う椅子は、これだ!

166612.jpg

リクライニングして仮眠しまくってやるぜ。

じゃなくて、

これを壊すくらい、作り倒してやるぜ。

ちなみに初めて凄腕原型師の会に放り込まれた稲坂君は
刺激が多すぎて、こんなになってました。

166613.jpg

ダイジョブです、って言ってたけど全然そう見えなかったぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 03:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする