2016年07月26日

WF雑感その2

今回用事ルート上にあるディーラーなら寄れるということで、
前回買い損ねたMUSHIBUCHIさんのスズメバチを購入。

167251.JPG

167252.jpg

おー、早く組みたい。

そして、なんと

またしても手に入れてしまいました、トノオカヘッド

167253.JPG

上手い。楽しそう。
すっかり俺のトノオカコレクションも充実です。

167254.JPG

早く完成させてほしいのはアントンシガーだなー。

167255.jpg


あ、ちがった、こっちの方がよく性格を表してる



167256.jpg


で、他にもヤタケさんとことか行ったのに
その場にいた原田プリノスケさんと話し込んでしまい
肝心な造形質問をヤタケさんにするのをすっかり忘れた。

手持ちのお小遣いが足りなかった為、新作バストは痛恨の
見送りだったものの、すいません、次回買わせていただきます。


あとは、造形王でおなじみのウロタ君のブースで話してた時、
打倒山口さんですね、という話になりまして。
「そうだぜ、帽子を後ろ向きにかぶるようなバカに負けるわけにはいかないぜ」と。

一瞬、山口さんとはデコマスラボの前でも会いまして
本人にも言ってますが、まあこれは「あんたずっと帽子後ろ向きに
かぶってたでしょうが!」という俺へのツッコミ待ちのお遊びで
元ネタはビッグバンセオリーのペニーの父親のセリフ。

というお約束だったんで、デカイ声でヘラヘラ笑いながら
帽子を後ろ向きにかぶってるバカが、と喋ってると

急にウロタ君の顔が

167257.jpg

そしてこう

167258.jpg

なんかヘフヘフと演技を始めてる。

あ、そうか、ここで後ろに山口さんが来たなら、完璧なタイミングだなと
俺もオイシイチャンスにヘラヘラ振り返ると、
全然違う、帽子を後ろ向きに被った一般客がすぐそばに!
す、すいやせん!

話聞いてたウロタ君たちは

167259.jpg



そんな感じで他の人と話した中、印象的だったのが
中澤さんの「WFってこんな感じだったっけ?」

ぐるっと回ってきたけど洋物とか映画とかそういうものに対する
アプローチする人がプロもアマチュアも減ったなーという意味で。

確かに版権許諾の問題も年々増え、実写系アプローチなどは
古いものでも難しくなってるのかもしれません。
現行商品のクオリティの上がり具合もあるでしょう。
GK離れもあるのかも。

そこで特に不満はないんですがWFってのは、
個人の偏愛を具現化する場所、であり
それを受け入れる度量をもった世界、というのが
おそらくたいていの人の認識だったんじゃないすかね。

えー?それ作る?おーそこのシーン作ったんだ!みたいな。

変な趣味を、変な個性を受け入れてくれる、発表出来る場。
情熱をぶつけたい人と、それを受け止める度量のある人が出会える場。

ところが、今はただのつまんない大量生産状態で、
刺激を受けるような「視点」や「アプローチ」が激減してます。
アイテムは別になんでもいい。視点やアプローチ、個性の問題。
なくなったわけじゃないけど、出会う確率が激減した感がある。
激減って感じるのは相対的にということで、実際数は増えてる傾向に
あったとしても、パーセンテージでは落ちてるという事すかね。


時代っちゃ時代だし、それもまたいいんじゃないか、とも思うけど
そういう大量生産人が多く集まる場は、俺にとっては場違いなところでも
あるわけで、今は博物フェスタの方がよっぽど魅力的に見える始末。

と感じつつあるところで、今回の腐れイモ圧力問題が発生したもんで
こりゃあ俺もWF卒業のシオドキかな、と考えてました。

ここ10年参加して、ずいぶん知り合いも増えた、仕事にもつながった。
恩恵としては十分くらいの結果は出せた。人気売れっ子原型師には
なってないすが、おっさんや筋肉ばっか作って食えてる
数少ない掛け値なしの男原型師に育ったと思います。
俺の判断を信用して背中を預けてくれるメーカーとも出会えた。
こんな幸福な状況はないわけです。

単純なメーカー仕事を引き受けてるだけだったら、無駄な修正ばっかの
お抱え原型師で終わってると思います。年齢が上がれば発注しづらくなり、
とたんにポイされ若手に代わられる使い捨ての名無し要員。

そうなるわけにはいかない。俺じゃなきゃ出来ない事を確立すべく
俺じゃなきゃダメなんだとセンスと審美眼と実行力を評価してもらうべく
オリジナル活動を続けてきました。そのメインの場こそWFだったわけです。

でも、そこにケチがつくわ、周りは美少女ばっかだわ、じゃ
確かに燃えねんだよなあ。女の子は好きですよ。おっぱい最高。
吸わせてくれるんだったら、まあなんでも吸いますよねおっぱい。
じゃなくて生産性も個性もない同じ顔の美少女群れと、
それを喜ぶ人種が受け入れられないってだけ。

んじゃもう、冷静に考えてもWF出てもメリットほぼないじゃん。
通販とWEB展開だけで十分だろう。

なんてぼんやり思ってたとこ、寸前でまた腐れイモ圧力問題が再浮上。

正直サンダーロードスタイルはWF永久追放でもいいかなと思ってたけど
因果なことにそういう障害が発生すると・・・


燃えちゃうタチなんですなー。


よーし上等だぜ、てなもんで、諦観モードは終了。戦闘モードに突入です。

おかげさまで、やる気をもって今回臨む事ができました。

そして会場に出てみれば、喜んでくれる人がいる。
応援してくれる人もいる。こういう人たちを俺は軽くムゲにしようと
してたのかと思ったら、ちょっと正座で反省もんですよ。


というわけで、たぶん、次回も同じようにどういう形でかわかりませんが

どこかに必ず俺はいますぜ。

サンダーロードスタイルの旗が必ず上がってますんで、期待していただきたい。

いい造形、味のある造形、意志ある造形のあるところ、サンダーありだと理想。


俺の造形に期待されるものとまったく同じ生き方で、進むんで
絶対に媚びず、なびかず、折れることはないす。あるのは忘れ物だけ。
そして、常に、ふざけてバカにして面白がってヘラヘラしておりますんで
ご安心を。

あと、頭のテッペンから毛がなくなり始めているので、髪型だけは
カッパリーゼントに折れるかもしれません。しょうがねえんだ。
減ってきちゃってんだもん、毛。


というわけで今回のWFも無事楽しく終了。
次回はもっと楽しいといいね、ハム太郎、ヘ毛。
posted by サンダーロードスタイル at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする