2016年08月15日

8月第3週 浪花道中記

分けようかと思ったけど面倒なんで一撃で終わらせます。
ナゲーですぜ。


先週は4日に渡る大阪遠征。

まず初日、到着と同時に目指したのは仁徳天皇陵古墳。

1.jpg

世界一デケーって話である程度は想像して身構えていたものの

実際に見えた光景は

2.JPG

想像の4倍はデカかったです。山じゃねーか。

ただそこはほら感動というよりも、俺は古墳の時代をヒジョーに
バカにしているもんで、バカにしている度も4倍にハネ上がった感じで、
なんつーかすいません。わざわざ観光客に説明してくれるボランティアの方も
いたんですがこれしかないと韓国語のパンフを見せられ、いやもう
ショッパナから何がなんだか。悪気はないんだろうけどいろいろスゲーな、と。

どっちにしてもここに限って言えば周囲への顕示欲や支配欲みたいなもんしか
感じられず、構造や発想に知性のチの字もなく、適当に時代ごとに利用されている
アタマワリー感の割には無駄に超デケーな、どんだけ迷惑かけてこしらえたんだよ、
という意味で面白かったです。
昔も今もケチ臭い価値観を求める連中は総じてダッセーす。完全イモ造形。

堺市博物館もほとんど見どころはなく内容希薄。

3.JPG

わざわざ見させられた10分くらいの映像は、催眠映像かっつーくらい
ノー内容のアホ映像。発注したヤツと許可したヤツ、死んでよし。
現代においても知性のチの字もないっつーのはどういうことか。類友か。
堺界隈は群を抜いて賢いと思っていただけに残念。

しょうがねーなとマスコット土産購入。大阪戦利品第1号。可愛くなさ100点。

4.JPG


一番面白かったのは真緑の汚い池で浮かんでは沈むカメくらい。
展示よりもカメ見ている時間の方が長かったんではないか、と。
こいつスゲー池底で暴れる割に浮いてくると、成仏すんのかっつーくらい
完全脱力で立て浮きのまま横にスーっと流れて行ったりと、チョー面白いヤツでした。

5.JPG

その後、なんばに戻って新喜劇を見たのはいいんですが
新喜劇以外の演芸パートがこれまたひどすぎる。
もう2度と見たくないと思わされる芸人もあり、とにかくキツイ。
最初に若手の縄跳び見せられたり、もうとにかくひどくてキツイ。
打率で言えば出演者の8割がハズレ。ウソでしょ?そんなことある?
なのに5000円も取る。ぬうう。

睡眠不足も含め、どうにもこうだんだんと不機嫌になってきたぞ。


そんな中

この人がすごかった。

6.jpg

こんな賢くて洒落がきいていながら平たい無理のない、
しかし高い笑いのレベルとは全然知りませんでした。自分の立場を
認識しつつも、一番とがってる若手でもこの攻め方はないんじゃないかっつー
モンティパイソンと坂田利夫が混ざったかのような恐るべき面白さで、
もう絶句。バチーンと目が覚めた。もうハネ起きるくらいに。
子供も大人も心底笑って劇場が一瞬うねるくらい面白かったですぜ。
TVではバカにされてるみたいな扱いだけど、こういう凄い人が
いるんだから素晴らしい。マジで天才かと思いました。
このショージ村上から関西のターンが始まります。

で、上がったテンションで新喜劇でしたがこちらももうバッチリ。
劇場でなければ味わえない感じも素晴らしく、ほんと満足でした。
TVだとトリミングされている、すち子のアメちゃんの下りも
観客の繰り出す手が、ドーンオブ並みにブワっとシルエットで伸びて圧巻。
一瞬のゾンビ感がありましたぜ。
そして前半の芸人枠と違って、きっちりと笑わせようという努力が常に満ち溢れてる
新喜劇に改めて惚れ直す感じ。職人すよね。



そして翌日、2日目は朝一番で神戸へ。

というのもまたこれを見たかったわけです。

7.jpg

いやー、素晴らしいとしか言いようなし。
展示作品もけっこう東京と入れ替えがあり、見たことない絵も多くフルパワーで
楽しめました。東京ではなかった展示方法も頑張ってたと思います。やる気出る出る。
やっぱこういうの好き。見に行ってない人は不幸ですよ。
日本の大衆文化の奥深さと確かさを知るべきです。
まだ間に合うからとっとと行って来い!

そして毎度何食ってもうまい神戸でメシ食ったあと

開館前から期待してた念願も念願、大念願の竹中大工道具館へ。

8.jpg

いやもう素晴らしい。ここだけで1日使いたい。

昨日の古墳じゃないですが、特定の宗教や政治に利用されている背景は
大嫌いなんですが、技術そのものは好き。

前にも書いたと思いますが、法隆寺の建造物の技術は素晴らしい。素晴らしすぎる。
でもその修理材料の為に樹齢2000年の木を切り倒すくらいなら、坊主全員死ね!です。
だから日本の寺が台湾の山ごと買い付けてその木を材料にするというアホ計画が崩れたのは
拍手喝采でした。お前らごとき出入りすんのはコンクリとペンキで十分だっつの。寺コノヤロウ。
腐れ妄想コスプレハゲ頭どもと、自生し途方もない年月を生き抜いてきた立派な古木の
どっちに価値があると思ってんだバカ。弱者だまして小銭集めてる分際で
石でも銅でもたいして変わらねーで適当にホイホイ拝む程度のオツムのくせに、
山ごと金で買うだぁ!?利益重視の悪徳企業程度の判断力しかないなら
自然に手を出すなこのクソ野郎ども、というのがその件に対する自分の意見。

でもそういう力持ってる人のアホ発注を受けつつも、材料である木を大事にして木を理解し、
敬意をはらってきちんと残そうと必死の努力をした人も昔からいるわけです。
同じ材料でも加工次第で、数百年は素材としての寿命が延びる。
千年残る木造建築であればその千年の間に木もちゃんと育てられる。
元来、そういう思想でお寺も宮大工もやってきたはずであって、その努力を怠ったから
他人の土地を金で買うという本来あるべき信仰と外れたクソタレどもはともかくとして、
俺が敬意を払っているのはそういうきちんとした人々の姿勢や努力や発想や技術になわけです。

縄文から連綿と受け継がれる日本の木材加工の歴史。
その根底にあるものは資源豊富な土地ながら、モノを大切にし愛でるアニミズムであって
感謝と尊敬に裏打ちされた思想体系なわけです。


それが!

たっぷり詰まっているのが竹中大工道具館。大工ラブ!

9.jpg

歴史、加工技術の発達、道具の変遷と進化、海外との比較や素材に対する説明から、
果ては道具を作る鍛冶職人の悪ふざけ俳句まで実に楽しく、かつ勉強できます。もうパラダイス。

規矩術の体験とか、知らない人がやったら凄く驚くんじゃないすかね。
いやほんと大工さん、スゲーんだから。

中でも継手という木材を組む技術があるんですが、どうしても理解できなかったのが
この四方鎌継。

10.JPG

曲げても押しても捻っても、どうやっても外れない。4面この状態。

表面構造的には外れるはずがないものの、組めてるんだからその判断は
間違いなわけですが、どうやっても外れない。理解不能。

係員の方に正解を尋ねると

11.JPG

うおー!そう来るか!完全にパズル!っつーか遊んでたのか!

聞けば実戦用の技術ではなく、技量を教え指し示すものだそうで、
四十程度ある基本技術だけでなく、面白さで追及した組み方としては
二百以上あるそうです。こういうとこ、いちいちすげーな。
和算の算額とかもそうですが、遊びとして練磨向上するマニアックさは
現代でも同じすよね。高い技術の面白半分の無駄遣い。最高。

ガラッガラに空いてましたけど、モノを作ることに興味がある方は
行くべきですぜ。人類の努力と進化が一発で体感できます。

その後大阪に戻って、0時過ぎまでの1大イベントをもって2日目終了。
実はここがメインの肝となるものだったんですが、書くに書けないので割愛。

肝心な3日目を前にしてもう疲労の極致。

で、3日は朝イチで 中央区糸屋町 Craft spot One−Stepさんへ。

12.JPG

13.JPG

映り込む俺も微笑ましいウィンドウにがっちりゾンビプラモも展示していただき、
すっかり地獄のゾンビ黙示録祭り状態。直射日光でパッケが退色してくれれば
さらに味わい深いビンテージ感が出るはず。頑張れ日光!

で、おじさん同士の撮影会があったり、店内は完全な古ソーセージ祭り。

14a.jpg

店長の小川さんとパチリ。

正直なところ、原型師の立場としてはあんまり複製や販売はしたくないってのが
あります。作るの楽しいけど、量産して売るのはスーパーめんどくせーな、と。
なので、まだお互いお試し段階ではありますが、One−Stepさんに
サンダーロードスタイルのキット販売のご協力をお願い出来ればという
ご相談もあり伺ったわけですが、まずはシガーマンをお願いできそうです。

この辺は進行次第、こちらで報告出来ると思います。
イベント含め、いろいろ提携出来ると楽しそうすね。
他の地方の工房なんかとも連携して、One−Stepさんを軸に
簡単にモノが手に入り、楽しく作って楽しく遊べるシステムが
構築できればと思ってます。

現在、WFでも展示したゾンビプラモの作例や第2弾の彩色見本を展示して
ありますので、お近くの方はぜひどうぞ。

15a.jpg


そしていよいよ、南堀江にあるPLUSWIN STUDIOに移動し、収録の準備開始。

17.JPG

18.JPG

かなりオープンな収録現場で、出番は30分程度ということなので
のんびり構えてたんですが、いざ始まると割と緊張するもんでして。

東京に戻ってきてから放送を見ましたが、声ちいちぇーなこのクソ野郎。
やー、少し大きい声出してるつもりだったんだけどなー。

19.jpg

後は常々自分は話が下手だと思ってたんすが、やっぱ下手だなーと。
マジメにやろうとすればするほど無理みたいな感じで、
グイグイ行くのか待つべきか逡巡しているうちに終了。早いな30分。
役に立たなくて自分にがっかりです。完全に借りてきた猫状態。

20.jpg

21.jpg

でも現場はとても元気いっぱいで、仲谷さんやKEN2さんや
スタッフさんにもゾンビプラモ自体はかなりの評価をいただいており
それだけで満足感がありましたぜ。あんましホメてくれるのを他人事のように
後ろからボーっと見てましたが、やっぱ胸張れるいい商品だなーと思ってました。

関係者の皆さんありがとうございました。特殊メイク絡みでもぜひまた
何かできればと思っております。今度は実力発揮できそうな裏方で。


で、あんまし見てもらいたくないのが正直なとこですが
俺以外の部分を見ていただくっつーことで今回のリンクを貼っておきます。

「 ARTisTV 」役立たずサンダー借り猫回のご視聴はこちら

哀れなハゲかけ原型師を鼻で笑ってやってください。

かくして一応ミッション終了。3日目も終了。



そしていよいよ最終日。荷物も送って帰り支度を整え
若手のやってる新喜劇を見にまたNGKに。

今度は前から2列目で、余計な演芸もなく新喜劇オンリー。
価格も適正、時間も無駄なく、文句なしにビシっと楽しめました。

26.jpg

関東だと芝居なんつーと、ちょっとキモいというか貧乏な自己陶酔の
頭おかしい表現の逃げ場所みたいな印象がありますが、新喜劇は
素直に面白いんだよなー。普通に笑わせよう!というが安心するのかな。
もし中学くらいでこういうのを見てたら、人生の選択肢に新喜劇が
あったかもしれないくらいに、満足出来ましたぜ。

で、ウソみたいにクソ暑いのに、肉吸いを食って汗だくになり
あれほどクソ暑かった外が涼しく思えるくらい。

それから前日教えてもらった、ゾンビプラモを扱っていただいているという
アストロゾンビーズさんに。

22.jpg

許可を得て写真を撮らせていただきました。

23.JPG

24.JPG

なんだかんだで東京はこういうGKまで扱ってるショップ少ないですもんね。
うおー、それあるんか!?というものがポコポコ見受けられましたが


迷わず手に取ってレジに出したのがこちら。

25.JPG

蜘蛛の骨って、この発想はなかった。素晴らしい。

で、そろそろ時間になったということで中古DVDを漁りつつ空港へ。

基本的に飛行機は乗ったら寝るクセがついてて、ドアツードアじゃないですが
離陸前に寝て、着陸後に目覚める事も多いわけです。あれ発進してない?みたいな。
でも今回は最初から最後まで起きて、窓の外見てたんすが、飛行機オモシレー!

フラップ可変をじっくり見学できる位置で、

27.JPG

上空からの大阪城に始まり、この変化を30分くらいで堪能。空最高。

28.JPG

UFOでも飛んでこねーかなとけっこうマジで観察。

無事帰還することが出来ました。

今回書けなかった人的体験部分が実は一番ウェイトがでかかったんですが
それを差し引いても非常に実りの多い遠征でした。

というわけでこれにて今回の道中記

29.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする