2016年08月22日

8月第4週 ネバー茶房週報

今週は相変わらず仕事に追い込まれつつも

甘酸っぱい尿が出てたら非常にまずい俺の股間が
セミに懐かれたり、

168221.jpg

ルノアールに頭悩ませたり

168222.jpg

キャスティングがまーひどい実写エイポを見たりしましたが、
映画そのものは、非常にいびつで破綻だらけながら
妙なところで爆発的にコミックファンの琴線に触れる
金バーグ脚本で、いろいろ相殺されて複雑な感じ。
コミック知ってる人は混乱しないけど、初見の人はどう?
てところがありすぎ。あとバトルの構成に興味なさすぎ。
ほぼバーナーの当て合いみたいなのを延々見せられるのは
まったくもって退屈でした。

でもカメラ目線のウェポンXで全部OKです。

168224.jpg

フルチン逃亡で全然よかったですけどね。

ちなみに理想のエイポ面はガマチン度の高いマーベルレジェンズ。

168223.jpg

これ出せっつーんだよ。あんな小さいヘビ人間みたいなのでOK出すんじゃねえ。


という先週でしたが、一番アタマの中をうろちょろしたのは実はルノアール。

1682213.jpg

これは造形におけるタッチ論とも共通すると思うんですが
俺は個人的に印象派が好きではありません。
ただ印象派が当時やろうとしてた事には好感もてます。

その中で、ルノアールが気付いた事はこれまた非常に共感できて
もうクッキーの缶のパッケ画家ルノアールではなく、
骨のある画家として認識するようになってます。

しかしこないだ横浜でルノ展やった時は、列がありすぎて断念。
今回は朝イチで行くしかねえ、と徹夜のままロッポンギへ。
そしたら30分前なのに、もう列。ぬうう。黙って列に並ぶ俺。ぬぐぐ。
こんなんで絵、見られんのかよ。

それから中でも並んで、どうにかギリギリ鑑賞できるくらいの
混雑で見られはしたんですが、感想は複雑。

と、

ここからスゲー絵画論を書き散らかしたんですが、

捨てました。

最近発生した原画トレス問題、魂問題ともからめていろいろ書いたんですが
結局このテの結論は俺らの場合、立体で出すしかねーですしね。
クチャクチャ小理屈コネてるヒマあったら粘土コネろい、です。

それにハッキシ言って俺の周囲にはルノアールうんたらの話よりも
ゴジラうんたらの話の方を聞きたがる人がほとんどであるのが現実で
俺も絵画方面は個人的に理解しさえすればいいと思うので
ゴジラについての話に切り替えますが、アニメやるらしいすね。

アニメのゴジラザシリーズ大好きの俺としては、だ

ついでの勢いで、このお蔵入りになったトレンドマスターのオモチャの復活を願う。

168225.jpg

168226.jpg

168227.jpg

イエティの試作だってあったんだからな。

168228.jpg

168229.jpg

1682210.jpg

メカっつーかサイボーグゴジラの試作もあったのに。

1682211.jpg

あーあ、このコモチガエルの沼怪獣、立体化してほしかったなー。

1682212.jpg

というわけで、ファインアートくそくらえ。

何がルノアールだぜ。

ちなみに初めて行った新国立美術館のミュージアムショップで買ったのは

1682214.JPG

どんぐり消しゴムだ。

楽しいぜミュージアムショップ。
posted by サンダーロードスタイル at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする