2016年09月26日

9月最終週 出たり見たり買ったり週報 

まず、One-Stepさんより、シガーマンの受付が始まりました。


169261.jpg

改めてご説明ですが、シガーマンはGeccoさんより発売されております
ゾンビプラモ「地獄のゾンビ黙示録」の第1弾3体と連動している、
組み合わせ可能な台座にして胸像のガレージキットです。

で、今回量産と販売をOne-Stepさんにお願いしております。

価格はWF販売時と同じ5000円。ご購入に関してはこちらへ




そもそも完全に好き放題やらせていただいてるゾンビプラモでありますが
こちらはGeccoさんのブラックラベルというカテゴリーで販売されているもの。

169262b.jpg

今後、ブラックラベルはGeccoプラモレーベルとして発展する予定ですが
元来ゾンビなんてもんは、集めてなんぼ、数あってナンボの世界なので
プラモもGKも垣根を越えて、この世界観でいろいろ出来るといいですね
なんてー話が持ち上がってました。

そこで、同じ世界観のガレージキットをわかりやすくする為に
提案したのが、これ、ブラッドラベル

169263.jpg

ブラックラベルの路線と組み合わせて遊べる、兄弟レーベルみたいなもんです。

たとえば、1/16スケール、もしくは同じ世界観のオリジナルゾンビや台座や
ストラクチャーなどを、皆さんもやってみませんか、という参加マーク程度の
意味合いで考えてます。

その第1弾ということで、ゾンビプラモ原型師である俺が提示したのは
素組プラモのままでも飾れるコンパクトな台座となるこの連動バスト
シガーマンだったというわけです。

今後、サンダーロードスタイルとしてもブラッドラベルとして
バストシリーズや同スケールのキャラをオリジナルGKとして出していきますが、
俺もやってみたいなんつー方がいましたらこのレーベルを使用していただいて
連動してもらったりすると面白いかも、という試みすね。

別にそんなマークなんてなくてもいいっちゃいいのかもですけど
あったら今後まとめやすいかもしれないので、一応設定してみましたという話。



さて、続きましてですが、

それらを売ったりする主戦場のひとつたる
WF2017Wへの参加も確定しました。

いろいろありましたが、全部リセット。元気に参加するぜ。

しかも今回は2カ所用意します。

ゾンビオンリーとなるであろうサンダーロードルイタス


169265.jpg

ではなくサンダーロードスタイル卓(2卓)




ゾンビ以外のオリジナルをやる場所としての、新たなる2卓

169266.jpg

での参加となります。

ついでに言うと、リアルフィギュア応援団にも参加するんで
テメーまた3卓掛け持ちで、ウロチョロすんのか!ということに
なってしまいそうですが、前回は不測の事態がいろいろあったが
今回は万全で仕掛けますんでダイジョウビ。


そしてランラーローロ卓は、
オリジナルクリーチャー系サークル『Sculborns』さんと共同出展となります。
後々ご説明はしますが、知る人ぞ知る腕利き造型集団。

奇しくも今回は、自分ももともとクリーチャーを1体作る予定だったので
若い衆に負けずにカッコいいの作るぜ。

ちなみになんでランラーローロかというと
こいつだったらそう呼ぶだろな、と思っただけで他意はなし。

169267.jpg

アメリカ名物にして地獄日報名物の、狂気の舞台化画像はこちら

169268.jpg

タイツが生々しい。



さて、

というわけでやっと先週の話。

このところ、仕事のスキみて展覧会に足を運んでますが
今週はこの4件。

169269.jpg

中でもアンビリーバボだったのが、ウサギ展。

俺のナショナルトラストへの信頼と、湖水地方への憧憬と
ポターのセンスに対する崇敬は、筆舌に尽くしがたい。

1692611.jpg

レイクディストリクト。ああ、アコガリの湖水地方。


俺のイギリスったら、愛憎渦巻き過ぎてよくわからんすが
女王陛下のユリシーズ号と衝角駆逐艦サンダーチャイルド
あとは切り裂きジャックとヘリオット先生でほぼ全部。

そこにドクターフーとのねずみチュウチュウ奥さんが入る。

本質的に英国人に根差す感謝のなさと横暴さにはうんざりですが
ヒルトップ農場からウィンダミア湖まで、美味いチーズと紅茶持って
のんびりピクニックなんかにトラヨン流しながら行けて
人生の今後とか一切考えずに鳥の声聴きながら、3日4日
ゆっくり読書できたりしたら、俺、全然英国に文句ないね。

1692612.jpg

行くの無理ならジオラマ作ったろかい。



そんな俺のあこがれを一気に引き受ける象徴がアニマルギジンカー、
ポター。天才おばさん。

原画もそうすが、ラフの絵とか悲鳴が出るくらいに感動的でしたぜ。
特に、自分が好きな動物への優しい目線は、素晴らしい。
観察ってのは愛情そのもので、たぶんこれ、造形も同じだと思う。
ウサギや池の生物に対する愛情と比べ、猫への興味なさも凄い。

いろいろグッズがある中、散財してきましたが立体物としては

これ購入。

1692610.jpg

2人いるのがいいすね。ボーイミーツガールの基本話です。



だいたい、本国にあるポター記念館のピグリン展示はこれで

1692613.jpg


お土産品がこの始末

1692614.jpg

ポター以外、可愛いっつー感覚が全員欠落してんのかエゲレス。



つくづく全部そろえといてよかったぜ、ダカラのピグリン。

1692615.jpg




オサムグッズは、特に思い入れはないんですが、そうは言いつつ
毎日使ってるミニマグはオサム柄。気にすることなく血肉に
なってるんでしょうね。この人の面白いのは、さほどデザインに
愛情が感じられない点。全部が全部借り物臭く、ニセ臭いけど
絶妙なところでファンシーグッズの王道で、オリジナル。
一人でコントロールしている分、根っこがなくても一本スジが
通っているって感じ。その可愛さの本質は、収斂進化の結果なのに
爆発的にツボを直撃してくることがあるんだよなー。不思議。
というわけで、そんな思い入れないとはいえ、たぶんオサム論を
かなりハイレベルで語れるくらいですが、全然、思い入れないぜ。

1692616.JPG

国芳ヒーローズは前期と後期でほぼ全点入れ替えってことなので
まず前期。水滸伝にもまったく興味がないので、純粋に浮世絵として
のみ楽しんできてますが、武者絵ほどスイッチは入ってないです。
仕事感がけっこうあって、まあしょうがねえのかな、と。
久々の太田記念美術館図録は、大変頑張ってますので水滸好きもしくは
国芳好きにはオススメです。


六大絵師の競演は、保栄堂版の初刷りを揃いで、しかも題字も含め
東海道五十三次を一気に正しく俯瞰できるチャンスであり・・・
ましたが、状態悪すぎ。というか、こないだのボストン美術館所蔵を
見てしまったらもう後に戻れない。あれが正しい発色かと思うと
もう、素直に絵を見るより古物としか見えないのが悲しいところ。
でもこないだの六本木の広重展よりは、よかったかな。
おかげで気が済むまで見られたような気がします。
本当は名所江戸百景を通しで見たいんだけどなあ。


そして、これを書いている日曜

10年ぶりくらいでスーフェスに行ってくる。
仕事がてらも含めつつ、実は駅数個しか離れてないと知った
緒方さんと一緒に行ってきたわけですが、こんなのを貰ってしまいました。

1692618.JPG

1692619.JPG

サンダー造形に興味を持っていただき、前回のゾンビプラモの塗りを
お願いさせていただいたんですが、まさかの塗りで返してきた
本業イラストレーターの方なんですが、またしても見事なこの塗り。

ビビッドな色の配置の妙が実に面白いんですが、正直この塗りを楽しむには
キャンバスが小さい。というわけでいろいろ相談した結果、次回WFでは
緒方塗りでもう少し大き目のものが見られると思います。


スーフェス会場では、スゲー気になってたけどなかなかお話する機会が
なかったアクロさんやスパイスシードさんと話してきましたぜ。
入ってすぐ、同じく前回ゾンビプラモの塗りをお願いした土門さんと
バッタリ会ったり、アクロさんブースではゾンビプラモパッケ塗りの
アンドウさんとバッタリ。知り合いにばったばったとまー、せわしなかったです。

CCPブースでもバッファやアシュラ、スグルやイワオ、キン骨マンなど展示してあり、
次回は腹くくってこのブースの中にいた方がいいんじゃねーかと
ダイナマイト延藤社長とも相談してきましたので、次回も顔出すかも。

で、戦利品はこちら。

1692617.JPG

アクロさんの高木ドラゴンとサンガッツさんのブヨブヨ。

今月は椅子だなんだと出費が重なって無駄遣いを一切できなかったので
もし普通の状態だったら5万くらい平気で散財できるっくらいに
欲しいものがあった。あれ、スーフェス、こんなに面白そうだったかな?
とにかく俺にソフビの可能性を見せないで欲しい。
どんどんそっちに惹かれて行くのが怖い。
posted by サンダーロードスタイル at 01:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする