2016年10月04日

10月第2週 紐育漫画祭週報 

まず告知ですが

ゾンビプラモ第2弾
「地獄のゾンビ黙示録 - Day 1, 午後1時27分 ダイナー 」
の予約がまず、GeccoDirectより開始です。

1610031.jpg

今回のパッケージも素晴らしい。

1610032.jpg

安心のミヤジーワークス。

混乱のフリーウェイから脱出した彼女が、助けを求めて向かった先は
フリーウェイ沿いのダイナー。しかし当然そこで待っていたのも・・・
という第2弾ですが、発売は12月予定。
長いぜ。もうサンタさんに届けてもらうしかねーな。


ちなみにサンタの原型となったクランプスはこんな感じで

1610033.jpg

これほど届けてもらうにピッタリの人材もいまいという
そんなクランプスが活躍する去年公開されてクリーチャー山盛りの
映画クランプスもやっとこ本日発売だそうで。



1610034.jpg

遅いっつーの。もうバカ。ずっと待ってたんだぞ。


続きまして

ゾンビプラモ第3弾、
「地獄のゾンビ黙示録 - Day 1, 午後4時42分 ショッピングモール」

その原型をニューヨークコミコン2016(10月6〜9日)
ゲッコウブース#1768にて展示予定です。

1610035.jpg

詳しくはこちら。Facebook

第3弾ではパンデミックを甘く見たストリートギャングが自業自得のゾンビ化、
住民を避難誘導しようとしたマジメな警察官もゾンビ化。
阿鼻叫喚の地獄と化したモールにたどり着いたヒロイン。
生存者と接触し、事態が展開しますぜ。


第2弾がようやく予約開始で、それも出てないのに
もう第3弾かい、と思われましょうが、出来ておるのでありますし、
飾ってしまうのであります。

1610036.jpg

いやーそうなると都合9体の可愛いマイミニゾンビ達がNYCCご出席。
なんだかんだでいろいろ感慨深いです。
去年の今頃はなにやってんだろーなー、とか思ってましたが
いろいろまさかな状態になってるもんで、来年がどうなってるのか楽しみ。

というわけでまずはNYCCのレポートを楽しみに漁るとしましょう。




さて、
先週と打って変わって今週は一切外に出ず。

というわけでインプット不足の週でしたがその分

フラッシュにどっぷり。

ここから先は毎度不評のアメコミ話なので

・・・とフラッシュ論をだいぶ書いたんですが、カット。
いやいいんだ別に。

最近、こういう事を言ったり書いたりすることが
自分の整理のためには有効でも、他人に聞かす意味はあんまねーなと
思うようになってしまいまして。

俺が泣いたり怒ったり真剣に接する温度と、他人が大事にする
温度の差がありすぎて、なんかもうどうでもいいやと思っちゃうように
なってきております。
アルティメットルミナスとかもそうだけど、ダメなもんを
ベタボメするドテカボチャどもを見ると、こいつらうんこでも
宣伝してたら食うんじゃん、とか思っちゃうというか。

つまり個人の解釈を日記的な意味で他人に伝えるのはなー、と。
俺らは作品が言語ですかんね。そっちに重きを置きたい。

ただそれは俺の温度が冷めたのではなく、他人に説明するパワーを
こちらの作るパワーにしといた方がナンボか意味あるな、って
温存話でもなく(実際、ヒかれるくらい書き散らしましたし)
距離感ってことですかね。なんか変わりつつあるのかもしれないすが
まだよくわからんす。

というわけで、股来襲。
posted by サンダーロードスタイル at 17:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする