2017年07月31日

7月最終週 WF終了週報

無事WF終了。フィギュア王ブースにお越しの皆さま、ありがとうございました。

前日は仮眠とれたり、出発前にデパルマのキャリーの吹き替え版見てて
やっぱシシースペイセクの眼球演技、すげー!とか喜ぶ余裕あり。
デビュー作にしてこの骨太なホラー小説を書き上げたキングを熱狂的に好きだった
可愛い自分を思いだし、ああ俺も純粋にファン丸出しの行為にどっぷりの
時期もあったなー、なーんて思いだすこの余裕。個人不参加素晴らしい。
今のうちに言っておきますが、冬も出る気はねーんでございます。

とはいえかなり準備で追い込まれていたのも確かで、結局帰ったらもう気絶。
6時起きで事後処理しているという始末です。




まずは会場朝イチ到着で、アークライトモデルズ、プレゼンツ
クトゥルフ・エヴォリューションのウェイトリー兄弟を設置。

17311.JPG

底面からのライトがなかなかに透明パーツを生かしてていい感じでした。
きっちりと毛色の似ない方向性が出せたんではないでしょうか。

17312.JPG

17313.JPG

しかしまあ言うまでもないですが、他の皆さん、恐るべしです・・・。



そして、ほぼ並びにあって近くて得したフィギュア王ブースに到着。
すでに稲坂君がネジケン設置完了。俺も慌てて設置。
ネジケンとヒストリア、ようやくお目見えでした。

17314.JPG

17315.JPG

ネジケンに関しては、かなり出来た段階でのラフを3週ほど前に
見てたんですが、その段階での俺の感想は・・・鬼の作り直し。
手癖で作るな、と。まっすぐ進め、と。

稲坂造形のいいところがまったく出ておらず、奇をてらった方向に
走りかけてたので、容赦ない感想を伝えてたんですが
いい具合にまとめてきました。あそこからの作り直し、苦労が伺えましたが
いい方向に行って良かったんじゃないでしょうか。
特にケンダマンの右手なんかのまとめ方はなかなか感心しております。

マジメな話、冒険するというのは毛色の違う事をやるというだけではなく
己の特質を伸ばした先に挑むという、当たり前で地味だけど
客観視と明確な目標が必要な実は険しいパターンもあるわけです。

そういう意味で一歩進んだ感が出てて、案の定評判もいい感じでした。
人気で言えば絶望的に力のないキャラでしたがそれが今後どうなるのか、
展開が楽しみです。モノの良さで勝負することのいいモノサシになるはず。


で、俺の方のヒストリアに関して補足を少々。

今回のジオラマはあくまで市販のNゲージ用ストラクチャーを利用した
作例であり、家や地面は関係ありません。

17316.jpg

実に赤い部分すべてが、商品とまったく関係なし。

薄赤部分は台座として俺がスタイロフォームとプラ板に
市販の素材塗料を塗ってこしらえたもので
濃い赤部分は、Nゲージのストラクチャー、トミーテックのジオコレや
プラモ(小屋)やGK(タイヤや電柱)をそのまま未加工で置いただけのもの。
こう遊べるんだぜ、って見本。

商品として考えている基本は、巨大化スグル本体のみで
場合によってキン肉ハウスとテリーマンが付く感じです。
ただ、プレイセットとして台座や新規造形での同縮尺のビルも
特撮自慢のCCPに新作してもらって選択できるようにする予定です。

というのも、ヒストリアはよりディスプレイに特化させる方向で
行きたいので、巨大化スグル用なら地面、アメリカ遠征編なら砂浜
マシンガンズ用ならマット。それも横につなげてジェシーやカメハメも
並べられるようにするとか、背景も表紙に合わせたり吹きだしを入れたり
より原作のシーンを再現できる立体物にしたいと考えてます。
本当は理想としてCCPの塗り全開の一発ビネットなんかにして
そう、これ!という一撃商品が理想だったりします。が検討中。

もちろんそんな余計なもんは要らん!という人もいるので、オプションとしての
存在になりますが、ただフィギュアだけで完結、というだけではない
よりキン肉マン世界を味わえるような選択肢を用意したいと考えてます。

ちなみにフィギュアだけ見ても肉のカーテンスグルを比べていただければ
鍛える前のまだ緩いスグルボディが味わえると思います。
カーテンは筋肉に力入れてる感が盛り上がりからもよくわかり
巨大化スグルは筋肉あるけど牛丼食べ過ぎ感が出てますので、
せっかくの似たポーズ、いずれぜひ実物を手に取って比べていただきたいす。

17317.jpg

追ってそもそもの企画の経緯も書くかと思いますが、巨大化スグルやアメリカスグル、
丸っこいスグルや、現行のスグル。キン肉マンだけでもその当時のタッチを
そのまま活かして並べられるようにしたいんですよね。
なんとなくアイコンを模して作るだけなら、他がやりゃいいわけで
俺が関わる限りは愛情と憧憬と尊敬を形にしないわけにはいかねーわけです。
特にヒストリアに関してはある種、作品へのラブレターだと思って作ってます。

3人目のゆでたまごとして読者が存在するように、フィギュアを手にした人も
そのシーン作りに一役買えるような参加型の楽しい企画にすることが
またある種のキン肉マンワールドの構築だと思ってるのでご協力よろしく願いますぜ。

というわけで、本当はサンシャイン製作記を書こうと思ったんですが
長くなったのでヤメ。次にまわす。
posted by サンダーロードスタイル at 08:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする